空

そして彼女は空を飛ぶ


ある所にいた14歳の女の子のお話。

彼女は空に憧れを持っていた。

薄暗い部屋の中で、
いつか、自由に空を飛べることを夢に見ていた。


彼女は、小さな羽を持っていた。


18歳
少しだけ羽が大きくなった。


20歳
空を飛べるくらい、羽が大きくなった。

彼女は嬉々として空を飛んでみた。
夢にまで見た空だ。


しかし、空ではいろんなものがぶつかってきた。
しかも、あり得ないくらいの速さで。

驚いたけれども、
次々と襲ってくるそれらに対抗する手段を、彼女は持っていなかった。

彼女の羽はずたぼろに破け、
ついには地面に叩きつけられた。


けれども彼女は飛ぼうとした。


しかし、バランスをとることすら難しく、

飛べないなら、歩こうとするけれど、
いろいろなものにぶつかり、さらに酷くなっていく。


もう1歩も
歩くことすらできなかった。


そこにあるのは、


絶望と思われるが何かよくわからないものだった。


この続きをみるには

この続き: 1,156文字

そして彼女は空を飛ぶ

銀蘭

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

スタバとお肉.....生きていく活力に使わせていただきます。

きらも大好きです♡
23
マスター(@_kou_akagi_)の第4ドールをしています銀蘭(きらら)と申します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。