【比較】「くろいヘドロ」と「たべのこし」の違い【ポケモン剣盾】

本記事では「くろいヘドロ」と
「たべのこし」の効果について解説する。

「くろいヘドロ」と
「たべのこし」の違いについて

「くろいヘドロ」と
「たべのこし」の違いの最重要事項は
持たせるポケモンの「タイプ」である。

なぜなら「くろいヘドロ」を持たせて
無意味に「体力」を減少させる
プレイヤーが強いと評された瞬間など
一度も無いからだ。

実際「タイプ」が「どく」の
ポケモンに「たべのこし」を持たせる
大会参加者は存在しない。

「くろいヘドロ」を使用する際は
持たせるポケモンの「タイプ」を
考えなければならない。

共通点

・毎回「体力」を回復する
・「体力」の回復量は全体の1/16
「ダイマックス」している場合の
回復量は元々の「体力」を参照する

「くろいヘドロ」と「たべのこし」は、
どちらも「体力」を
回復するための道具として
多くのプレイヤーに使用されている。

どちらも持久戦を得意とするポケモンと
相性が良く攻撃を無効化する技と
併用される場合が多い。

「ダイマックス」して
「体力」が増加しても、
これらの道具による
「体力」の回復量は全く変化しない。

相違点

「くろいヘドロ」

持っているポケモンの「タイプ」が
「どく」ではない場合
「体力」が回復せず減少する

「たべのこし」

・持っているポケモンの「タイプ」は
参照しない
・持っているポケモンの特性が
「じゅくせい」の場合、特性が発動する

「くろいヘドロ」は
道具を奪う敵の「体力」を
奪えるため「たべのこし」の
下位互換ではない。

しかし使い方を
間違えると不利な立場に追込まれるため
注意が必要だ。

「くろいヘドロ」を
持たせる場合の注意事項

「くろいヘドロ」は
「タイプ」が「どく」でないポケモンに
持たせてはならない

持っているポケモンの「タイプ」が
「どく」でない場合「体力」を
削がれる。

「タイプ」が「どく」でないポケモンには
「たべのこし」の方が合っている。

「たべのこし」を
持たせる場合の注意事項

「たべのこし」は「特性」が
「じゅくせい」のポケモンに持たせても

回復量は全く変化しない

実際に「じゅくせい」が
発動した際の判定は
表示されるものの意味は無い。

そのため特性が
「じゅくせい」のポケモンと
「たべのこし」の相性は悪い

読者への注意事項

※誹謗中傷や未知の言語以外は
何を書いても咎めない。
※noteでは質問には回答できない。
※これは2021年5月の情報だ。

逝慨

この続きをみるには

この続き: 271文字

【比較】「くろいヘドロ」と「たべのこし」の違い【ポケモン剣盾】

独唱弾Dokushodan

570円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
独唱弾Dokushodan

進化のために活動費に使用

礼を言う