朝ドラエールの見逃し配信動画を無料視聴する方法!

2020年春・102作目となるNHK連続テレビ小説「エール」が話題です、
主人公に窪田正孝さん、ヒロインに二階堂ふみさんがキャスティングされた今作は昭和を代表する作曲家古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに昭和という激動の時代に生きた夫婦の波瀾万丈な生涯を描いています。

2020年3月30日(月)から放送スタート

再放送は

久々の男性主人公という点でも注目があつまっていますよ。

過去の男性主人公の朝ドラは過去11作品

1961年 朝ドラ1作目「娘と私」:北沢彪(きたざわひょう)
1963年 3作目「あかつき」:佐分利信
1965年 5作目「たまゆら」:笠智衆
1967年 7作目「旅路:横内正
1970年 10作目「虹」:仲谷昇
1984年 32作目「ロマンス」:榎木孝明
1984年 33作目「心はいつもラムネ色」新藤栄作
1985年 35作目「いちばん太鼓」岡野進一郎
1990年 44作目「凜凜と」:田中実
2014年 91作目「マッサン」:玉山鉄二

そして11作品目として
2020年 102作目「エール」:窪田正孝

そんな朝ドラ「エール」の見逃し配信を無料視聴したいかたはコチラ↓↓

朝ドラエールの見逃し配信を無料視聴する方法を調査!

エールのあらすじ

明治42年、日本では急速に近代化が進み、生糸輸出量世界一となっていた。そんな中、福島の老舗呉服店に待望の男の子が生まれる。この子こそ、のちに多くの名曲を生み出す天才作曲家・古山裕一(窪田正孝)である。老舗呉服店の跡取りとして育てられた裕一。のんきで、間抜けで、なんだかパッとしない子どもだ。

しかし、音楽に出会い、喜びに目覚め、独学で作曲の勉強をはじめる。
時は経ち、青年になった裕一は、家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募する。結果はなんと、上位入賞。入賞をきっかけに、歌手志望の関内音(二階堂ふみ)から手紙が届く。

福島と豊橋という遠く離れた土地にいながら、文通で心を通わせ、音楽に導かれるように二人は結婚し、上京する。そこで二人を待っていたのは、個性豊かな人々との出会いだった。時代の流れのなかでさまざまな困難に遭遇しながら、数々のヒット曲を生み出していく二人。
しかし時代は戦争へと突入。裕一は、国からの要請で戦時歌謡を作曲することに。自分が作った歌を歌いながら戦死していく若者たち。

その姿に心を痛めた裕一は、戦後の混乱の中、自分たちに、音楽に、何かできないか考える。二人の音楽の力で傷ついた人々の心を勇気づけることはできるのか?新しい時代の音楽がここからはじまる。

キャスト
・古山裕一(こやま・ゆういち)/窪田正孝
・関内音 (せきうち・おと)/二階堂ふみ
・古山三郎(こやま さぶろう)/唐沢寿明
・古山まさ(こやま まさ)/菊池桃子
・双浦 環(ふたうらたまき)/柴咲コウ

朝ドラ「エール」の見逃し配信を無料視聴したいかたはコチラ↓↓

朝ドラエールの見逃し配信を無料視聴する方法を調査!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
ドラマに映画にアニメにバラエティー、暇があればテレビをみています。