「好き」「嫌い」「〇〇ない」

人は感情を持つ生き物
楽しい、嬉しい、悲しい、悔しい、怖い、、、
人間には感情があり、あらゆる事象に対して感情を持ちます。そして、同じ事象であっても人によって抱く感情が異なります。その感情は人に対しても向けられ、「好き」「嫌い」という分類をします。これは人間だから仕方のないことで、私のことが嫌いである人がいても全然不思議ではないですし、実際に嫌いな人もいると思います。嫌いなら嫌いで全然構いません。そこに関してはどうしようもないことです。ですが、だからといって、その人を誹謗中傷するというのはいかがなものでしょうか?誹謗中傷して何かメリットでもあるんですか?当然、受けてる側にはメリットはないですし、している側にも何も生まれません。嫌いな人を叩けるからスッキリする?それがメリットですか?せっかくの人生なんだから好きなことに時間を使いましょうよ。嫌いなことに対して時間を使ってるんですよ?無駄な時間だと思いません?私にもアンチが存在しますが、ほとんど相手にしません。攻撃している方は私から反応がないから勝ち誇った気でいるのでしょうか?それとも反応がないから寂しいのでしょうか?
この記事は、そういった方々へ思っていることも含め、人の好き嫌いについてです。

「好き」「嫌い」そして「〇〇なし」
私は人に対して「嫌い」という感情を持つことがあまりありません。昔は嫌いになることは普通にありました。「嫌い」という感情に向き合うこと。これほど時間を無駄にしている行為はありません。今はその人の良いところを見つけ、その人を好きになる、リスペクトの気持ちを持つようにしています。
人に対して抱く感情に「好き」と「嫌い」がありますが、私は基本「嫌い」と思うことはありません。ですが、ここにもう一つの分類が加わります。それが「興味なし/関心なし」です。私は会った人の良いところを見つけて、その人を「好き」になろうとします。なのにも関わらずいちいち突っかかってくる人や、そもそも関係性を築けていないのに攻撃してくる人がいますが、そのような人を相手にするのは時間の無駄なので、関わりません。これは現実の世界でもネットの世界でも同じです。この「興味ない」人は、「嫌い」な人よりランクは下ですからね。今のところ「嫌い」な人はいないですが(たぶん笑)、「嫌い」だとしてもその人の存在価値は認めています。「嫌い=興味はある」です。こんな何の実績のない私に対してもマウントを取りに来るアンチの方がいらっしゃいますが、ランクでいうと1番下に来ているんですよ?笑。そもそも相手にする価値がないからです。

マウンティングについて思うこと
主にTwitterでですが、マウンティングしてくる人がいます。マウンティングとは、上から目線で、自分の方が上だとアピールする言動です。これって、自分が優れているところと相手が苦手としているところを比較しているだけなんですよ。例えば、私の場合であれば、専門としているピッチングに関しては皆さんより優れている可能性がありますが、バッティング(他に置き換えても良い)に関しては皆さんの方が上である可能性があります。仮にそうだとしましょう。であれば、皆さんは私に対してバッティングに関してマウンティングすることが出来、逆に自分はピッチングに関して皆さんにマウンティングすることが出来るんです。だからこそ、マウンティングって無意味なんですよ。全ての面において、全ての人より優れている人なんていません。完璧な人間はいません。例えば、自分が仮にバッティングの動画をSNSに上げて、その動画でホームランを打って喜んでいたとしましょう。それに対して、「こんなんで喜んでるの?レベル低い。俺ならもっと飛ばせるし」「上半身だけで打ってるからダメだ。バッティングを舐めてる。もっとこうするべきだ。」というようなことを言われても、ノーダメージなんですよ。なぜなら、自分はピッチングで飯を食っていく人間であって、バッティングは別に下手でも関係ないからです。良くあるのは、ウエイトなどのトレーニングの数値でマウントをとってくる人。私が勝負しているのはピッチングで、ウエイトトレーニングの数値では勝負してませんからね笑。たしかにマウントを取られればイラッとするかもしれませんが、気にする必要はありません。なぜなら、自分の苦手なところで勝負できるわけがないからです。というより、わざわざ苦手なところや自分には関係のないところで勝負しません。
マウンティングって、自分への自信のなさの現れで、相手が自分より劣っているところを探して勝った気になりたいだけなんです。向こうはそこで勝負するつもりがないのに笑。だから、マウンティングしてる人を見かけたら、この人自信がないんだなぁと思ってあげてください。
そして私は相手にしません。時間の無駄なので。その人と議論しても何も生まれないでしょ?

誹謗中傷について思うこと
繰り返しになりますが、「嫌い」になることは悪いことではありません。みんな価値観が違うのは当然のことで、そこからそういった感情が生まれてしまうのはしょうがないことです。ですが、だからといって、誹謗中傷していいことになるのでしょうか?私みたいにあまり気にしない人であればまだいいですが、暴言によって自殺を考えたり、実際にそういう決断をしてしまった人も残念ながらいます。顔が見えないネットの世界だから良いんですか?どんだけ弱いんですか?しかも匿名で。それで、何か事が起きれば、投稿は削除、そしてアカウントも削除。ほんと弱すぎ。言うなら正々堂々、面と向かって言ったらどうでしょうか?それならそれで、法に裁かれるんでしょうけど。最近だと、ネットでの誹謗中傷でも証拠を集められれば訴えて、それが勝訴になっている事例もあります。訴えられようとそうでなかろうと、誹謗中傷している時間は本当に無駄です。それであなたの人生のプラスになるんですか?
そして私は相手にしません。時間の無駄なので。その人と議論しても何も生まれないでしょ?相手にされてると思ったら遊ばれてると思ってください。

批判されることが嫌なのではない
ここで勘違いして欲しくないのが、批判してきた人を相手にしないという訳ではないということです。建設的な議論であれば、そこには価値があります。攻撃したいだけのアンチとは違い、自分が間違っているかもしれないことを正してくれる可能性があるからです。こういった方々にはリスペクトの気持ちを持って接します。


相手にしないなら記事にする必要もないのでは?と思う方がいるかもしれませんが、こうやって文章にすることで自分の文章構成能力を高めることが出来ます。記事にもしましたが、これは私がSNSで発信している目的の1つでしたね。アンチの方がいらっしゃることで、こうやって文章力を高める機会ができました。ありがとうございます。


今後は野球とはあまり関係のない内容を積極的に発信していきます。1人の人間として思うこと。こればかりは価値観の話になるのであなたとは合わないこともあるかもしれません。それを差し置いても、さすがにこれはおかしいのではと思うことがあれば教えて下さい。野球選手としてだけでなく、人としても成長していきたいです。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
群馬ダイヤモンドペガサス#15/有料記事・投げ銭記事書いてます。支援して頂いたものは野球道具等に使わせていただきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。