見出し画像

Swiftで行こう!--SwiftUIで行こう!5

アップルのチュートリアルもやっていますが、別のサイトで紹介されているものもちょっとやってみます。

こちらのものはシンプルなものとなっています。配列をそのままテーブルビューに表示させるということですごくわかりやすい。今までのUITableViewのデリゲートメソッドを使う従来のものと比較も簡単、シンプル、コードがかなり減ってることが体感出来ます。

基本、struct ContentView : View {}に以下を書くだけ。

 let modelData: [Weather] = [Weather(image: "cloud.rain", temp: 21, city: "Amsterdam"),
                               Weather(image: "cloud.sun.rain", temp: 18, city: "London"),
                               Weather(image: "sun.max", temp: 25, city: "Paris"),
                               Weather(image: "cloud.sun", temp: 23, city: "Tokyo")]
   
   var body: some View {
       List(modelData) { weather in
           HStack {
               // 2.
               Image(systemName: weather.image)
                   .frame(width: 50, height: 10, alignment: .leading)
               Text("\(weather.temp)º")
                   .frame(width: 50, height: 10, alignment: .leading)
               VStack {
                   Text(weather.city)
               }
               }.font(.title)
       }
   }

簡単にテーブルが出来てしまいます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
1
プログラミング(Swiftなど)、写真、アップル関連、その他について書きます。 Swiftに関しては、公式のもの、いろんなサイトや本を参考にしながらコードの中身、仕組みを確認していこうと思っています。