思考を続けることの大切さ

ハンナ・アレントという哲学者をご存知だろうか?政治哲学の分野で有名な哲学者・思想家である。私は昔からアレントやフーコーと言った思想家に興味があり、ライフワークとして研究できたらいいなあと思う。

イェルサレムのアインヒマン

アレントは政治哲学者として絶好調だった時期に、ナチスの虐殺に関わったアインヒマンという人物の裁判を傍聴し、取材したことをもとに新聞社に寄稿。それを著作にまとめている。それが『イェルサレムのアインヒマン』である。邦訳もされている。

アレントはここでアインヒマンを「普通の人」、「ごくごく真面目な人」として報告している。ナチスの一員として、ユダヤ人の虐殺を指示していたとされているにも関わらず。ユダヤ人に憎悪を感じていたわけでもなく、悪人としてのパーソナリティがあったわけでもない。そこにあったのは、悪であるにも関わらず、普通な/汎庸な姿であった。

思考の欠如、想像力の欠如

今回、私が『イェルサレムのアインヒマン』を読んで印象に残っているのは、こうした悪の生まれる要因として思考しないこと、想像力が欠如していることであると、アレントが主張していたところだ。

他者を想定して、想像力を働かせて関係を結ぶこと。自己の中で(ある種孤独な中で)、対話を重ねる=思考すること。こうしたことが大切だというのだ。

諦めないために?

この部分を読んだとき、刺さった。先日来、自分の関わっている職場や組織の古い考え方や変えようとしない姿勢に辟易とし、諦めた自分がいた。でもそれは思考停止であったなあと振り返った。

でも、こうした思考を続けることや想像力をもつことを、私個人が続けても社会全体を変えることにつながるだろうか?私という1人の人間だけが続けても、大きなムーブメントにはならないだろう。むしろ、1人で空回りしてしまえば逆効果ですらある。

だとすれば、できることは何か?アレントの考えを広めること?思考を止めないようにしたい。非常に難しいことなんだけれども……

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お読みいただき、ありがとうございます!
公立小学校教員/感じたことを素直に/フォントと見やすさデザイン/ユニバーサルデザイン(UD)/アニメや漫画/考えたことを素直に/アウトプットの機会を確保する
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。