Discovery Tours ICELAND 坂本純子

Discovery Tours ICELAND代表。自撮のスナップ写真を通して、ひとの生き方をアイスランドから考えてみたい。時事、社会、教育、医療、アート、書評など、いろいろなトピックを網羅。月2度更新予定。https://linktr.ee/dis_iceland

Discovery Tours ICELAND 坂本純子

Discovery Tours ICELAND代表。自撮のスナップ写真を通して、ひとの生き方をアイスランドから考えてみたい。時事、社会、教育、医療、アート、書評など、いろいろなトピックを網羅。月2度更新予定。https://linktr.ee/dis_iceland

    マガジン

    • アイスランド編~”アイスランドから見る風景”より

      アイスランドでの日常についてのコラムをまとめました。

    アイスランド編~”アイスランドから見る風景”より

    アイスランドでの日常についてのコラムをまとめました。

    すべて見る

    アイスランドから見る風景: コラムを始めるにあたって

    いつだったか、すでに数年前のことだと思う。写真家、もしくはドキュメンタリー映画監督が、皇帝ペンギンの生きざまは凄まじい、繁殖生態の一部でも変えることができたら、どんなにか楽に生きられるだろうに、とコメントをした記事を読んだことがある。日頃から、動物に特別関心があったわけではない。それなのに、珍しく、その言葉がいつまでも頭に残った。”楽に生きられる”のに、それができないのが動物であるのに対し、それをしないのが人間だ、と思ったことも覚えている。 日本の大学を卒業した後、ドイツに

    スキ
    11

    アイスランドから見る風景:vol.1 いそぐ夏

    夏休み、と聞いて頭に浮かぶのは、八月葉月だ。早朝のラジオ体操を終え、スタンプをもらって家に帰る頃には、日差しは強まり始め、方々から蝉の声が聞こえてくる。舗装されたアスファルトの空気が、太陽の熱にゆらゆらと踊るように動く。庭に撒いた水が、辺りの温度を下げるのもつかの間、地面の染みが吸い込まれるように短時間で消えていった。手から振り払った黄色と黒の模様の蜘蛛、甘いものに群がる蟻の群れ、黒と白のやぶ蚊のお腹が血を吸って大きく膨らむ様子。わたしの記憶の日本の夏は、熱気と強い日差し、そ

    スキ
    10

    アイスランドから見る風景:vol.2 夏の嫌われもの

    アイスランドで庭を持つひとたちに、蛇蝎のごとく嫌われている植物が2種類ある。それはアイスランド語でルピナ (lúpina) と呼ばれるマメ科ルピナス属の多年草と、もう一つはスコウガールケルヴィトル (Skógarkerfill)・ セリ科シャク属の多年草だ。これらの野草が一本でも庭に生え次第、アイスランド人たちは、躊躇なく根こそぎ除去しようとするだろう。 わたしがアイスランドに移った1999年時には、外来種の両植物はすでにアイスランド全土にテリトリーを広げていた。シャクは1

    スキ
    13

    アイスランドから見る風景:vol.19-1 アイスランドで簿記を勉強する -前編-

    アイスランドでは、再就職やキャリアアップを念頭に、再度教育機関に足を向ける社会人が多い。高校・大学の卒業後に就職をしてはみたものの、仕事に慣れて業務がルーティン化するにつれて、この国の人たちはキャリア転換や転職を考えるようになる。アイスランドにおいては、育児休暇や職場での昇進・昇給の頭打ちが、キャリア転換の機会になる。アイスランド人は転職に対する抵抗感はまったくない。転職した、と報告すると「そりゃ、おめでとう」という返答が返ってくるお国柄だ。 社会人の再教育の目的は、高等専

    スキ
    7