ホームページの原稿量

ホームページの原稿量は現在のホームページ制作において非常に重要になってきます。

それは原稿量の多いページを検索エンジンが高く評価することが影響しており、できる限り原稿量の多いページを作成することで、検索結果ページの上位に表示されるようになってきます。

そのため、ホームページ作成時には、ホームページにあるそれぞれのページの原稿量を意識しなくてはならず、原稿量がある程度あれば、そのページのSEO効果が高いことはもちろん、そのページからのリンクも価値が高まっていきます。

そのため、ある程度の原稿量を意識してホームページを作成することが重要になります。

すべてのページで原稿が多ければいい?

では、SEOに強いのは原稿量の多いページであるため、すべてのページで原稿量が多いほうが良いのでしょうか。

結論から申し上げると、原稿量の多いページは確かに読みごたえはありますが、あまりに多い原稿のページでは、訪問者はそのページを閲覧することを辞めてしまうこともあるため、必ずしも原稿が多いほうが良いということはありません。

では、どのようにしていくかと言うと、ホームページの企画段階で作成したサイトマップから、どのページの原稿量を多くして訪問者を集客し、そのページから原稿量の少ないページへと誘導することが効果的です。

ホームページは単に1ページだけで集客と成約の両方を担うわけではなく、それぞれのページで役割を明確にして、その役割を実現していくことが重要となってきます。

そのため、ホームページの原稿を増やそうとお考えの方は、原稿量の多いスタッフブログなどのコンテンツを作成して原稿作成を実施し、そこから原稿の少ないビジュアルのページへと訪問者を誘導することで、より効果的なものとなってきます。

トップページの原稿量をどうするか

ホームページの原稿量で多くの方が悩むのがトップページの原稿量になってくると思います。

メインとなるキーワードで上位表示を狙うのはトップページになるため、トップページのSEO効果は少しでも高いほうが良いのですが、しかしそのために文字数を多くしてしまうのは、極端に言うと、1万文字や2万文字のホームページにするには、ちょっとデザイン性がなさ過ぎるなどの問題があります。

その場合に重要になってくるのが、ライバルサイトの文字数になっており、ライバルサイトの文字数をチェックして、それらのホームページの平均値を取って自分のホームページに当てはめて考えることで、効果的な文字数のページを作成することが可能です。

一般的にトップページのデザインであれば、5000文字以内であれば、最適なデザインでホームページを作成することができるため、5000文字以内のページっであればデザイン性の高いトップページが作成できるため問題はありません。

集客目的のページの原稿量

集客目的のページ、すなわちテキストの多いページについての文字数は、そのページの検索ワードで実際に検索を行ってみて、上位表示ができているホームページを参考にページ作成を実施していきます。

ホームページは、一般的には自社の特徴や魅力をしっかりと伝えることができれば、成果の出るものになるため、特にライバルを意識する必要はないのですが、SEOとなってくると、SEOの基準でライバルサイトと張り合わなくてはなりません。

そのため、後に制作する御社のホームページのほうが有利になり、すでに公開されているホームページの原稿量をチェックして、それらを解決できるホームページを作成することで、期待通りの上位表示ができるページ作成が可能になってきます。

スタッフブログなどはどうするか

ホームページ以外に、実際のホームページ内であるのは変わりませんが、自分のホームページ内のブログを作成することで、そこに記事を作成することができ、そのページでホームページだけでは集客できなかったニッチな検索ユーザの集客が可能になります。

一般的にこれらのコンテンツはワードプレスなどを利用して自社で更新を行うことが一般的になりますが、それぞれの記事ページは実際何ページが最適なのでしょうか。

こちらも同様に、作成するページのタイトルが決まったら、そのページタイトルでキーワードを抜き出して検索を実施し、上位表示しているホームページのチェックを行います。

そうすることで、上位表示しているホームページの原稿量の平均を大まかに見ることができるため、それらのホームページよりも文字数の多いページを作成することで、ホームページの成果を大きく向上させることが可能になります。

効果的なページ作成はライバルサイトの調査

上記のように、ホームページ制作はすべてのページでライバルサイトの調査を行い、それぞれのページで検索エンジンを意識して制作することが重要になってきます。

そのため、現在のホームページ制作は、とにかく記事を作成するのではなく、競合他社を調査して、その調査結果から作成するページの原稿を決めていかなくてはなりません。

もちろん、そこまで検索エンジンを意識しない場合は、ここまでの作業を行う必要はありませんが、現在のホームページの訪問者の大半が検索エンジン経由となっているため、訪問者が必要ならば必ず実施することをお薦めします。

ライバルを調査して原稿を作成

これからSEOやホームページ運営を行われる方は、必ずライバル調査を実施することが重要です。これらの作業は、非常に手間のかかる作業ですが、調査を行うことで必ず良い結果を得ることができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

大阪のホームページ制作会社で働くディレクターのブログ。こちらのブログでは、特に何を書くかなども決めずに、普段の業務内容や学んだことを記事に作成していく予定です。

2
ホームページ作成会社の新人ウェブディレクターのブログ。普段の業務を行い、ググったことをまとめて置き、後日確認用のブログになります。HTMLやCSSについての知識については、多くないため、比較的わかりやすい内容で更新していることが多いです。