dimple_yamagata

山形市の洋服屋

dimple_yamagata

山形市の洋服屋

    最近の記事

    RECONSTRUCTED

    USEDのLevi'sを解体して再構築したSEEALLのベルテッドデニムとワイドトラウザー。 古着の魅力である、使い込まれながら時を経た生地の風合いと雰囲気を活かしながら、複雑なパターンニングを施して全く新しいデザインとシルエットに生まれ変わらせています。 ウチの店に古着が並ぶのは本当に久しぶり。 (初期の頃は少しだけ古着も扱っていました) あらためてその魅力を感じています。 古着の持つ雰囲気に興味がありつつも、サイズやコンディションの難しさで手が出しづらいという方もいら

      • メンズなシャツを着たければ。

        Graphpaper で人気のゆったりとしたオーバーサイズのブロードシャツ。 メンズのフリーサイズですが稀に女性でも買われる方がいらっしゃいます。 女性にはかなり大きいのだけど、だからこそ生まれる豊かなドレープ感が素敵で、それはそれで成立していると思っていました。 こちらは昨シーズンから展開されているウィメンズ向けのオーバーサイズブロードシャツ。 女性が着やすい程よいオーバーサイズ、ゆったり感に調整されています。 胸ポケットを無くし、背面には大きなインバーデッドプリーツを

        • 最高のやわらかさを

          すこし服に興味と関心がある方なら、 「吊り編み」と聞けばスウェットの話だな、と分かるかと思います。 今ではそのくらいにメジャーな存在となっている吊り編み。 ウチの店で取り扱っているブランドでも、吊り編みのスウェットをリリースしているところはいくつもあります。 とはいっても、世の中に流通しているスウェット全体の中では、きっと砂場で砂金を探すくらいの割合なのですが。 このアンバランス感。 「良い服を着たい」「お洒落が趣味だ」というのがいかにニッチな事なのかがよく分かりますね..

          • 想像を越えてくるもの

            店に立っている時は、いつもお客さまの様子を観察しています。 そんなふうに言うと見張られているみたいで良く感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、お客さまが求める服に出会えるようにアテンドするには必要な事なのです。 ラックの端からつらつらと流すように見ていき、ふと手が止まる。 何かがお客さまの感性に引っ掛かった瞬間。 たぶん、色か生地か、どこかしらのディテールだろう。 2、3秒、思考した後で、ラックから抜いて全体像を眺める。 身体にあてる。 鏡の前に行き、合わせてみる。

            カシミヤを着ませんか

            着心地が良い。 上品に着るもの。 繊細。 高級素材。 カシミヤにそんなイメージを持っていませんか。 それ、当たっているところもあるけどちょっと違っているところもあります。 ここ数年で世間(特に服好きの間)でのカシミヤに対する評価、信頼が爆上がりしているような気がしています。 かくいう自分もそのひとり。 はじめてのカシミヤを手にしたのは割と最近で、多分3~4年前。 今思えば「遅すぎた」とまず後悔の念が浮かび、続いて「知れて良かった」と安堵する。 そんな気持ちです。 服を見