見出し画像

耐水の商品ラベルをつくるなら「合成紙-白PP-」がおすすめ

印刷通販デジタ

今回は印刷通販デジタのシール印刷・ラベル印刷で人気の用紙「合成紙-白PP-」の特徴や用途をご紹介します。

まず「PP」とはポリプロピレンの略でプラスチックフィルムの一種です。デジタのフィルム素材には他にPETや塩ビ(PVC)、合成紙-ユポ-があります。どれも耐水素材ですが、それぞれのフィルムによって性質や特徴が異なるため、目的に合った用紙を選ぶ事が大切です。

PPはフィルム素材の中でも柔らかく安い

PPとPET、白塩ビの素材比較

PPや塩ビはPETと比べ柔らかく曲面に貼り付けやすいです。逆にPETは素材が固く反発が強いため曲がり具合がキツい曲面に貼ると、端から剥がれる可能性があります。
また、合成紙-ユポ-はPPと素材自体は同じポリプロピレンで、株式会社ユポ・コーポレーションの製品で商標登録されています。デジタではユポより白PPの方が価格が安いです。PETや塩ビと比べてもPPがフィルム素材の中では一番安価でコストが抑えられます。

PPのデメリット

フィルム素材の中では一番安いPPですが、紙素材と比べると高くなってしまいます。水に濡れたり、破れても構わないような用途であれば紙素材が一番安く注文できます。
他にも、PPは直射日光や雨風には弱いため、屋外用途であればPETや塩ビがおすすめです。

おすすめの用途や注文方法

白PPでおすすめの商品ラベルシール

PPは柔らかい分、曲面への貼り付けに適しているので瓶やボトルに貼る商品ラベルや、品質表示ラベルに最適です。また、フィルムで破れにくいため、商品の包装やラッピングで使用する封印シールやロゴシールにも向いています。
デジタのラベル印刷では業務用に最適なロール状での納品もできます。ロール納品ならさらに単価が安くなり、台紙から剥がしやすく作業効率も上がります。ラベラーなどで貼り付けする際には注文時に「紙管サイズ」や「配置列数」「配置方向」をご指定ください。
さらに、ロール納品で黒1色のご注文の場合は価格はもっと安くご提供しています。ぜひご活用ください。

白PPは「のり」の種類も豊富

白PPシールに対応している接着のり

シールの粘着部分の「接着のり」には複数のラインナップがあります。白PPの場合は、普通のり・冷蔵用・再剥離・冷凍用の4種に対応しており様々なシーンで使いわけができます。特に「冷凍用」は人気で-20℃までの冷凍環境に対応できる特殊な糊を使用しています。凹凸面でも剥がれにくいのでハムなどの加工食品のパッケージに貼るシールとして多く利用されています。

「合成紙-白PP-」についてご紹介させていただきました。
初めてのご注文をお考えの方は、まずは無料サンプルをご請求いただき商品の品質を実際にご確認ください。もし、ご検討中の用途に合う場合にはぜひ印刷通販デジタをご活用ください。