見出し画像

2019年、 SSP たちはテック手数料の「透明化」に賭ける

アップネクサス(AppNexus)、ルビコン・プロジェクト(Rubicon Project)、インデックス・エクスチェンジ(Index Exchange)は、プログラマティックの予算の不透明な取引方法を敬遠し、バイヤーがそうしたオークションの謎を解くのを手助けできるベンダーとして、立場を強化しつつある。

この続きをみるには

この続き: 2,769文字

2019年、 SSP たちはテック手数料の「透明化」に賭ける

DIGIDAY [日本版]

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DIGIDAY [日本版]

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

DIGIDAYは今後も海外のマーケティングトレンドを発信していきます!
1
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/