アメリカのインストラレーション・アーティストのジェイソン・ロウズが死去した。

アメリカのインストラレーション・アーティストのジェイソン・ロウズが死去した。

画像1

ArtDailyは2021年08月01日に、危険に満喫されて、彼の死の時に賞賛するなら、広範囲に及んでいる公的にされたアメリカのインストラレーション・アーティスト(installation artist)であり、彼の世代で最も重要なアーティストのうちの1人として何人かの批評家により賞賛されたジェイソン・ロウズ(Jason Rhoades/1965 - 2006)が、41歳であった2006年08月01日火曜日にロサンゼルスの自宅で、心不全により突然死したと報告した。

画像2

Cedars-Sinai Medical Center.で死亡が確認されたとニューヨークの画像経営者デビッド・ツビルナー(David Zwirner)が伝えた。

https://time-az.com/main/detail/60822

彼の人生の最後の12年間がより良く、彼が規則的に展示し、女性の生殖器のため、アフリカ、カリブ、クリオール、およびヒップホップスラングによってすみれ色のネオンサインを特徴とする彼の組み合わせディナー・パーティ/展示会のためにロウズが有名であり、ヨーロッパでよく知られている。

画像3

Beginning 18 February 2017, Hauser & Wirth Los Angeles presents ‘Jason Rhoades. Installations, 1994 – 2006より。

画像8

「Swedish Erotica and Fiero Parts」(1994年)
彼のロサンゼルスでの初の個展「Swedish Erotica and Fiero Parts」は、ウェストハリウッドのロザムンド・フェルセン・ギャラリーで開催された。厚紙、廃材、リーガルパッド、発泡スチロールなどのありふれたものを組み合わせた黄色の世界を表現した作品で、ロサンゼルスの都市と文化の景観を具体的に表現した唯一の作品であり、地元のアートシーンに激震を与えた。
ロウズは、イケアと買うという行為に深く魅了され、観客がナビゲートできるようなモジュール式の「家具」のセットアップを作成した。インテリアとエクステリアを色でリンクさせ、フェラーリのラベルが貼られた黄色のフィエロをギャラリーの庭に駐車した。
これは彫刻であり、文字通り、そして比喩的な自由への乗り物として、アンジェレノス(Angelenos)のシンボルとなっている。

「My Brother / Brancuzi」(1995年)
1995年に開催されたホイットニー・ビエンナーレのために制作された作品で、「My Brother/Brancuzi」で、インスタレーションの探求を続けた。この美術館の環境と歴史に触発されて、ロウズはモダニズムの価値を探求した。
郊外にある兄の寝室と、コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brancusi)の有名なスタジオを並べて、伝統的な視点を転換させました。弟の寝室とブランクーシのスタジオの写真がこのインスタレーションの周囲に並び、内部にはリモコンで動くモンスタートラック、ブレーキのないミニバイク、ドーナツに囲まれた工業用フライヤーなど、ありふれた機械的なものが置かれている。積み上げられたドーナツの棒は、ブランクーシの「エンドレス・コラム」を暗示し、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)のレディメイド(readymades)へのオマージュでもある。デュシャンとブランクーシは、ロウズが唯一の真のモダニストと考えていた人物であった。

「The Creation Myth」(1998年)
創造主としての人間の神話を分析的に覆したもので、彼は、創造論と進化論を同時に探求することで、人間がなぜ、どのように、何を創造するのかを理解しようとした。人間の身体と脳の不遜な表現は、元型、現実、無意識、反逆といった人間の知覚のカテゴリーを示唆するレベルに構成されている。作品の副題にある6つの名詞(「心、体、精神、クソ、プリック、反抗的な部分」)はそれぞれ比喩的に描かれており、脳の機能自体はレディメイドとイメージの計算された組み合わせによって展開されている。
積み上げられたテーブルが「脳」を構成し、その中では蛇の頭と尻尾を搭載したおもちゃの列車である「思考の列車」が回っている。消化可能な「情報」は、ポルノグラフィーに包まれた木の丸太の形で「脳」に入り、創造の物理性を表している。
切り取られ、広められた「情報」は、カメラ、鏡、コンピュータによって絶え間なく処理され、再現される。
「ケツの穴」からは煙が出ているが、これは熱狂的な機械のつかの間の副産物であり、精神の擬人化であり、刹那的な瞬間の追求を暗示している。

「My Madinah. In pursuit of my ermitage...」(2004年)、
カリフォルニア州ロサンゼルスとメッカの間を車で移動中、ロウズは自分の庵(エルミタージュ)となる作品を考えた。
その結果、「My Madinah」は、モスクのようでもあり、寺院のようでもある作品となった。タオルのカーペットで覆われた宗教的な隠遁場所には、アーティストのスプカキ技法(Spukaki technique)が施され、クリスタル、お香、陶器のロバ、ラクダの鞍のフットスツールなどが配置されている。
その下には、「Fluttering Love Wallet」、「Cock Pocket」、「Breakfast of Champions」といった女性器の俗称である240個のネオンの「プッシー・ワード(pussy words)」が雲のように浮かび上がっている。鑑賞者は横になり、透過する光に身を委ねるように誘われる。ロウズは、現代のアメリカ都市部の視覚的言語と、中東の古代霊場を訪れた際に受けた影響を形の上で融合させ、9.11以降の反イスラム主義に独自の基準で挑んでいる。光るネオンは、タブーや偽善を文字通り照らし出しながら、ポリティカル・アンコレクトネス(政治的不正義)の網目模様の中に見る者を魅了します。

「The Black Pussy... and the Pagan Idol Workshop」(2005年)、
「Black Pussy」はもともと2部構成のプロジェクトとして構想された。
第1部は2005年にHauser & Wirth Londonで発表されたバザーのような公共の場での彫刻的なインスタレーション。第2部は2006年にロサンゼルスで開催された「Black Pussy Soiree Macramé Cabarets」という一連のハプニングで活性化された「招待制」のプライベートなパフォーマンスであった。
このプロジェクトは、商業と宗教の交わり、特にイスラム教以前の古代の物語である「カーバ(Kaaba)」からインスピレーションを得ている。
「Black Pussy」の2つのパートは、5つの核となる要素で構成されている。エジプト製のフッカーパイプ(hookah pipes)と押収された輸送用コンテナに入っていた道具類、eBayで購入したドリームキャッチャー、ビーバーのフェルトで作られたカウボーイハット、古代の公石のコレクション、そして紫外線で描かれたアソコのスラングの絵文字である。
『The Black Pussy...and the Pagan Idol Workshop』は、商業とスペクタクルの神々を崇拝する私たちに堂々と参加し、追放された360の偶像を喜んで転生させている。「『The Black Pussy』は、アフリカ、クレオール、ケイジャン、エボニックス、ヒップホップの方言から集めた私のプッシー語のコレクションだ。」と、2006年02月にロウズは語っている。究極のプッシー・ワード」を求めて、ロウズは7,000以上の言葉を集めた。その結果は、「女性器を表す究極の言葉は存在しない」ということである。

「Tijuanatanjierchandelier」(2006年)
展覧会の最後の作品は、類似した第三世界の国境の町での観光を探求することで、異質な文化や階級に関連した消費主義についての疑問を提起している。メキシコのティファナ(Tijuana)とモロッコのタンジール(Tangier)という、類似した第三世界の国境の町での観光を探求することで、異質な文化や階級に関連する消費主義に疑問を投げかけた。このインスタレーションでは、文化的に重要なオブジェクトは、近代化の同質性のために伝統的な機能が排除され、その結果、差異が隠蔽され、第一世界からの侵入者の恐怖を和らげる。6,000マイル離れたティファナとタンジールのほぼ同じ装身具が、176個のスペイン語と英語のネオン「プッシー・ワード」を組み込んだシャンデリアのネットワークの中に溶け込んでいる。この作品を制作するために、ロウズは「ブラックプッシーのオブジェ」を求めてショッピング旅行に出かけ、個人的な消費行為を世界貿易の冒険に変えた。偽物のデザイナーハンドバッグ、ソンブレロ、モロッコのつりランプ、マラカスなどが混ざり合い、観光業が助長する文化的な神話やステレオタイプを明らかにしたり、取り除いたりしている。

画像4

彼は、美的慣習と芸術界を支配する規則に絶え間ない攻撃を行い、それらを彼の実践に統合することによってそれらの条件をひどく破壊した。
彼は進行中のプロジェクトの一部として自分の作品を考案し、このプロジェクトには、オブジェクトが継続的に追加され、組み立てられ、さまざまな構成で再組み立てさられた。

画像5

ロウズは、彼の独特の視覚的美学と彼の作品の概念的な深さを通じて、神聖なものと俗悪なもの、物理的および非物質的なものの間の境界を複雑にし、社会的、政治的、言語的構造に挑戦し、グローバル化された相互接続された時代の複雑さと矛盾を明らかにした。

画像9

彼の死の時の作品は、彼が展覧会「Beg Borrow and Steal」の一部として、マイアミのルーベル・ファミリー・コレクション(Rubell Family Collection)であった。

画像6

今回公開された写真は、1999年ドイツのハンブルグで実施した「'Perfect World', Deichtorhallen」という:ジェイソン・ロウズのインストラレーションである。
The Estate of Jason Rhoades. Courtesy Hauser & Wirth and David Zwirner, New York. Photo: Jens Rathmann.

彼の作品を見た時、それは夏で、ネオンサインで部屋中が熱く。ネオンサインの音が煩かった!

シダーズ=シナイ・メディカル・センター(Cedars-Sinai Medical Center, Los Angeles)の緯度、経度。
8700 Beverly Blvd #2900A , Los Angeles, CA 90048
34°04'30.8"N 118°22'48.6"W
または、
34.075233, -118.380175

画像7

1965-07-08---アメリカのインスタレーション・アーティストジェイソン・ロウズが生まれた。

Biography
Print biography
Born
Newcastle CA, 1965
Education
California College of Arts and Crafts, Oakland CA, 1985
San Francisco Art Institute, San Francisco CA, BFA, 1986 – 1988
Skowhegan School of Painting and Sculpture, Skowhegan ME, 1988
University of California, Los Angeles CA, MFA, 1991 – 1993
Died
Los Angeles CA, 2006

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
잘 부탁합니다. 감사합니다.
ドイツの国立ヨハネス・グーテンベルグ大学大学院博士課程、既に何10年も休学中! 博士論文は完成しているが、未提出。 大阪芸術大学は卒業。 雑誌グラフィックデザイン編集部在籍経験者。 「デザイン」という言葉を日本に持ち込んだ勝見勝の唯一の師弟として公認された弟子。