テスト用紙を見直したい:学習のデザイン01
見出し画像

テスト用紙を見直したい:学習のデザイン01

こんにちは。昨年と比べて、noteのペースがすっかり落ちてしまいました。

今は、行動経済学とデザインの書籍化に向けて、コツコツと文章を書いているところです。定期的に進捗を更新しようと思っていましたが、出版の目処がたつまでは少し待とう、とアドバイスをいただきました。5月ごろを目処に更新できれば、と思います。

代わりに、というわけではないのですが、noteディレクターの平野さんと、clubhouseでお話しする機会がありました。行動経済学や読書のコツなど、僕のとりとめのない説明を、わかりやすくまとめていただきました。

というわけで、今回は、今年のもう1つのテーマ『勉強のデザイン』について、書いていこうと思います。

なぜ勉強にデザインが必要か?

学習、という大きなテーマを掲げていますが、ここで書く対象は、小学校から中学校にかけての、学校や塾で習う内容についてです。きっかけは、僕の娘が勉強しているのを見ていたときです。そこで、

デザインが勉強を阻害している」

と思いました。どういうことかというと、本人の努力や先生の教え方が、どんなに良かったとしても、勉強で扱うツールやコンテンツが悪ければ、学習理解のパフォーマンスはガクッと落ちてしまいます。

仕事のことで置き換えてみれば、よくわかるはずです。例えば、市役所に提出する書類。説明文章がまわりくどい表現だったり、記入方法がわかりにくいことが原因で、申請ミスがいっぱい出たとします。

この状況に対して「書き方や理解度が悪いから」と市民を責めたり、「ちゃんと書けた人はえらい」と人を評価することは、要因の分析が間違っていると、わかるはずです。

これはユーザーの問題ではなく、デザインの問題です。

勉強のデザインとは何か

では、「デザインでできることは何か?」を考えてみます。デザイナーは教育者ではないので、できる範囲は限られます。教師の教え方そのものに、口をはさむつもりはありません。例えば、このようなことです。

・黒板の書き方
・教科書の内容
・ノートの取り方のコツ
・複雑なことを整理する方法
・考えるクセが身につく伝え方

上3つは、視覚的な表現に関することですが、下2つは、見えることだけに限らない、構造化や体系化など、仕組みをデザインするようなアプローチです。このあたりは、今後も継続して考えてみたいと思います。

というわけで、今回はまず1つ、わかりやすい例から、デザインの必要性を取り上げてみたいと思います。

テストのデザイン

僕の娘はいま、塾に通っているのですが、テストの問題用紙と解答用紙をみて、これは直した方がいいと思うことが3つほどあります。

1. ページをまたがないで

テスト用紙のデザイン02

1つの内容を1ページに収めないレイアウトが散見されます。問題文がページをまたいだり、問題文と対応する図が別ページになっていたり。当然、子ども達は行ったり来たりするので、集中力が削がれてしまいます。

会社なら、こんなことないですよね。パワポの文章がページをまたいでるとか、質問内容と図が一緒になっていないメールとか。

テストの問題用紙が、何のソフトを使ってつくられているかわかりませんが、レイアウトはちゃんと考えるべきです。

2. 階層化しないで

テスト用紙のデザイン03

「四角1」の「あ」の「まる1」の「かっこ1」、のように、階層化した問題、よくありますよね。ここにはいくつかのツッコミポイントがあります。

・他と似ていて、解答欄がどこか見失いそう
・3つ以上の階層になると複雑に感じる
・どれが上位階層なのかわからない
・そもそも回答者に構造を理解させる必要性がない

これは、出題を出す人側の論理で、問題を解くユーザーの視点に立って、デザインされていません。会社のパワポでも、たまに見出しに長い通し番号が振られている資料がありますが、記憶に残っている人はいないでしょう。

3. ガイダンスと問題文は分けて

テスト用紙のデザイン04

ガイダンスと問題文が同じトーンで書かれていると、パッと見、違いに気づきにくいです。これに1のページをまたぐ、が組み合わせると、何の問題なのかが分からなくなってしまいそうです。

テキストの表現を変えるとか、問題文にはそれとわかるように、印をつけるとか、ちょっとした配慮で、迷うことを回避できるようになれるはずです。

TOEICのデザインから学べること

世の中を見渡してみると、よくデザインされたテスト用紙もあります。僕が思いついたのはTOEICです。何が良いのか、上にあげた3点に対応する内容で、紹介したいと思います。

まず、ページを絶対にまたぎません。少し空いていても埋めずに、次のページにしています。長文のPART7でも、見開き1ページに収まっています。

そして、階層にはなっていません。大きな分類はPART1-7の7項目。かっこや四角などの抽象表現ではなく、PARTという具体的な言葉を使っていることも、明確です。そして解答欄は1-200の通し番号で、PART1-7との階層構造にはなっていません。

最後に、ガイダンスは四角の枠で囲って、問題文と違う文章であることを明確に示していて、問題文は統一された書式で、読まなくてもパッと見で、どこが対象かがわかるようになっています。

テスト用紙のデザイン05

英語やマークシート形式なので、そのまま適応は難しい点もありますが、学べることは多くあるはずです。

デザインできることはたくさんある

いかがでしたでしょうか?僕も、TOEICのテストを受けた時は、気にしていませんでした。でも、こう考察してみると、問題を解くユーザーの能力を妨げないデザイン、であることに気づくはずです。

テストは本来、内容の理解度を測定するためのツールであって、それ以外のことは、回答者になるべく意識させないことが大事なはずです。

このようなカタチで、今後も思いついたことを、定期的(月1回くらい?)に書いていこうかなと思います。テーマは変わりましたが、引き続き興味を持っていただけると、うれしく思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ジマタロ

デザインとビジネスをつなぐストラテジーをお絵描きしながら楽しく勉強していきたいと思っています。興味もっていただいてとても嬉しく思っています。

読んでいただいてありがとうございます。
デザイン・ストラテジーについて日々かんがえています。本・イベント・体験したことなどから気づいたことをグラレコメモを交えて感想を書きます。2018年までのアーカイブはこちら( https://designstrategy-studyroom.blogspot.com/