新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Designship 2022 ハイブリッド開催への挑戦

Designship 運営事務局

こんにちは、デザインシップ代表の広野です。

毎年恒例のデザインカンファレンス「Designship」、2022年は11月12〜13日の2日間でおこないます。

昨年のDesignship 2021は、オンラインならではの体験を追求し、家でくつろぎながらセッションを聴けることや、海外に住んでいる方の登壇を聴けること、他の参加者のコメントやツイートを追いながら聴けるということに関して、大変ご好評をいただきました。

没入感あるライブ視聴サイトの作成だけでなく、視聴者同士のコラボレーションを生むオープン型グラフィックレコーディングなども、例年に引き続き行なうことができました。

視聴者参加型のグラフィックレコーディング
ご登壇いただいたマツダの前田育男さん
配信会場の様子


しかし、やはり「オフラインの熱気溢れるセッション」と「デザインに携わる者同士の偶然的な出会い」を熱く求める自分たちがいたことも否定できません。

去年までコロナ禍では叶わなかったオフラインでの開催ですが、
今回のDesignship 2022は諸々の調整を経て、
ついにオフライン+オンラインのハイブリッド開催にいたします!

とは言っても、まだまだ100%元通りとはいきません。
オフライン参加は100人前後に限定するような形です。

近いうちにいずれDesignship 2019のように
2000〜3000人規模のオフライン開催がまたできたらと夢見ています…!

ハイブリッド開催というのはスタッフからすれば、やることが2倍に増えたようなものなので私自身も汗が止まりませんが、だからこそ「今年も最高品質のカンファレンス体験にする」という想いで、私も、スタッフ一同も動き始めています。

これからスタッフによるnoteにてその活動の内容をご紹介しますので、お楽しみに!

Designship 2022 キックオフ


ちなみになんですが、毎年この「今年もデザインシップやります!」宣言のnoteでスポンサー募集もさせていただいてますが、今年はなんと現時点でスポンサー枠が完売しております…!!!

ご協賛いただいた皆様、誠にありがとうございます。

スポンサー枠は完売ですが、サポーター枠はまだまだ募集しております。
ご協賛をお待ちしております!

共に歴史に残す、日本の創造性に資するデザインカンファレンスをつくりあげていきましょう。


こちらの公式noteでは、引き続きイベント内容について詳しくお伝えしていきます。本番の2022年11月12日、13日をぜひお楽しみに!

↓ Designship 2022 公式サイト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!