見出し画像

演劇人のためのSNS攻略法

情報は届きにくい

はじめに前提知識として。
今の時代は“多くの情報は届きにくい”という点を理解する必要があります。

●Facebookの運用について

Facebookはその仕組み上、知り合いや友達登録しているユーザー宛てに利用することに向いています。
タイムライン(フィード)は基本的に時系列順表記ではないため、友達に向けて発信するとしても投稿数が少ないと投稿自体を目にしない可能性があります。

公演のイベントページが立ち上がったらアカウントをもつ関係者が積極的にシェアをしていかないと公演について知られないままとなる可能性があります。

●Twitterの運用について

情報は届きにくい時代だが、
家族や友人知人の言葉はユーザーにちゃんと届く
口コミの方が信頼できると多くの人が考えているため

そのためにはどんなTwitter運用が有用なのか、大きくは次のとおりです。

1.受け取った情報をさらに拡散したり拡散してもらう
●フォロワーを増やすには?
●シェアの循環を大きくする
●実際にどんな投稿をしたらいいの?

2.自分のフォロワーのタイムラインを占拠する
まずはつくり手側から発信しないと広まらない

3.写真の投稿は三枚が理想
スマホから見た時に「大」「小」「小」のレイアウトになる

4.一つのツイートで次のアクションが起こせる
ユーザーが迷子にならないような投稿を意識

5. “役者”から発信しないと観ない
●まずは役者から
●「投稿すること」に慣れる必要がある
●公演日から逆算して時間を考慮する

6.投稿しない方がいい話題、トピック
予期せぬトラブルに合わないために

詳しく見てみます。


1.受け取った情報をさらに拡散したり、拡散してもらう


ただフォロワーを増やすのではなく、手にした情報を受け取ったりシェアしてくれるフォロワーを増やす事を意識しておくのが重要です。

●フォロワーを増やすには?
フォロワーは頻繁な投稿、フォロワーの多いユーザーにリアクションしてもらうこと、フォローを増やすなど小さな積み重ねでしか増えないません。
小さな積み重ねでフォロワーは増える、とも言えます。

大切なのはフォロワー数という単純な数字だけではなく、フォロワーの中にシェアしてくれるユーザーが多い方が広まりやすく、口コミを発生させやすい環境になります。

ブログ記事やニュース記事にコメント添えて投稿する、というのもフォロワーやシェアを増やす一つの手段です。

ブログやニュース記事を書いた人・つくった人の多くは、自分の書いた記事についての反響を検索してます。
(記事のタイトルや記事のURL、自分のアカウントIDなどでTwitter内検索しています)


●シェアの循環を大きくする
たとえばこれはリアクションが多くなるだろうと見ての投稿です。
吉藤オリィさんというユーザーがどんな活動をしていて、どんなユーザーがフォロワーしているのかをある程度知った上で投稿しました。
(参考: 
https://twitter.com/shajime_/status/1176863889767616513?s=21


まず記事を書いた吉藤オリィさんがシェアして、それを見た他のユーザーがシェアやいいねをして、さらにそれを見た他のユーザーがシェアやいいねする、というシェアの循環を生み出すことが狙いです。
(シェア元の記事が@ユーザー名をつけて投稿するように設定されています)

さらにその先には、自分のプロフィールや固定ツイートを見てもらう、フォロワーしてもらう、という狙いがあります。

シェアの循環が広がると、自分のプロフィールや固定ツイートにも興味関心を持ってくれるユーザーも多くなる可能性があがり、シェアしてくれる、フォロワーが増える可能性があります。
そのフォロワーは次のアクションを起こしてくれる可能性が高いです。


●実際にどんな投稿をしたらいいの?
自分が得意で考えていて楽しいこと、自分が深く掘り下げてみたいことを演劇・お芝居を含めて5〜10決めてみましょう。
投稿内容の範囲を狭くすることでアカウントに個性が生まれてきます。
するとその個性を支援してくれる(=シェアやチケット購入をしてくれる)ユーザーが集まってきます。

Twitterは誰もがみられる、いわば公共の場で話すのと同じ感覚を持ちましょう。
自分が詳しい、好きなことであれば知見がたまっているので不用意な発信をすることもありません。
公共の場で話しているから多くの人、縁がなかった人に気付いてもらえます。

稽古の休憩中などのオフショット動画も興味をひく素材になります。
例えばこのユーザーの動画はちょっと面白い興味をひくような仕掛けがあります。
https://twitter.com/yukikimisawa


画像2

2.自分のフォロワーのタイムラインを占拠する

団体や公演関係者、公演に関するツイートを見つけたら積極的にRTやfavをする→フォロワーのタイムラインに流れる

これらを頻繁に行えば自分のフォロワーさんに情報が届きやすくなります。
リアクションをしないと発信者の投稿が多くの人に知られない、と言えます。

頻繁にタイムラインに流れてくれば、もともとフォロワーしている=興味関心があるので観に行こうかな、となりやすいのです。

まずはつくり手側から発信しないと広まらない
と考えてください。


100〜200フォローしていると関係投稿を見逃すことがあります。
そんな時はリストを作って公演関係者のTwitterアカウント投稿だけを見る、というのも一つの手段です。
(TwitterとTwitterの外部ツールを使うという手段もありますが「リスト」が手軽に出来る方法です)

画像3

3.写真の投稿は三枚が理想


スマホから見た時に「大」「小」「小」のレイアウトになることで2枚や4枚よりも目立ちやすい

改行や絵文字を使うことでタイムライン上の見た目が、カラフルに占有面積を広くなり目立ちやすいです。

具体的にはこのようなツイート投稿が理想です。

画像4

4.一つのツイートで次のアクションが起こせる


ユーザーがいつ、どのツイートを見るかはコントロールはできません。
ですから、どのツイートからでも次のリアクションを起こせるようにしておくのがベストです。
「ツイートを見て気になった私は次にどうしたらいいの?」と迷子にならないような投稿を意識しましょう。

・タイトル
・日付
・開場 / 開演時刻 / 上演時間(予定や目安)
・場所
・チケットの価格と入手最短ルート
(WEBチケットのURLや手売りか)

これら概要は一度に欲しい欲しい情報です。

ないと「時刻やチケットがどこで手に入るのかわからないから」とスルーされてしまいます。

文字数の都合で収まりきらない場合は画像化はしたり概要情報をツイート→さらにコメントや写真を添えて引用RTするなど一手間加えてみましょう。

画像5

5. “役者”から発信しないと観ない

●まずは役者から
お客様の多くが観劇中に目にするのは役者の演技です。
役者を見ています。
言い換えると、役者から積極的に情報発信をしていくことで、より多くのユーザーに広まる、と言えます。

画像1


●「投稿すること」に慣れる必要がある
場合によってはTwitterにログインすること、投稿することを普段あまりしていないかもしれません。慣れていない、馴染んでいない場合があります。
そういった場合にはまず「ログインして投稿する」ことに慣れていく、馴染んでいく必要があります。

この続きをみるには

この続き:1,462文字/画像1枚

演劇人のためのSNS攻略法

ショウ #演劇ビギナー ノート

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note有料記事の購入に使わせていただきます☆

ありがとうございます★
WEBサイトづくりやデザインやイベントの作り手にいること、演劇観たり作ったり、美術館にいるのが好き SNS各種リンク先→ https://linktr.ee/design_sho
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。