見出し画像

自己紹介 演劇編

自己紹介 演劇編

▼名前
タカバショウ
新幹線の座席は躊躇なく倒す派です。


▼普段やっていることとか
地元の劇団に制作として所属し公演のWebサイト、チラシや当日配布のパンフレット作ったり、広報作戦を練ったりしていましたが、今は劇団員としての活動はお休み中。

静岡県に住んでいます。SPACの静岡県。
(SPACのチラシはいろいろ参考になるのでパクるといいと思う、特に裏面テキストのレイアウト構成)

劇団員としての活動をしていない最近は、知り合いの劇団の当日運営の手伝いをしたり、SNSを使った広め方を試行錯誤中。


最近カンゲキlabというコミュニティへ所属。
http://kangekilab.themedia.jp/

なぜ演劇(カンゲキlab)に興味を持ったか?
もともと高校演劇部出身とか大学時代に演劇をやっていたタイプではないです。
数年前まで身近に演劇がない生活でした。

たまたま昔の知り合いに出演するからと誘われて観に行ったのが2012年頃。
初めて「自分でチケットを買って」観劇した。

劇を観た感想は「面白いことやってんなー!」。
芝居がどうとか演劇の詳しいことはわからないが、演劇って案外面白いんだなと2013年から作る側へ。

劇団員として公演づくりや劇団運営に関わっていく中で、別に劇団員じゃなくてもいいのでは?と2017年後半より劇団員としての活動はお休み中。

「あまり演劇を観たことがない人」がどうやったら劇場に来てくれるか?そのアプローチ方法を探していたときにツイッターで見かけたのがカンゲキlab(の構想段階?)
面白そうな事が起きる感じがしたのでグループに参加。

首都圏エリア以外(自分の住む地域や近隣エリア中部地方とか)で「劇団」としてではない、新しいアプローチとしてこのlabから何かしら掴めるかもしれない。

「劇団」から「観客」という旧来の一方通行のシステムから新しいコミュニティの一つとしてカンゲキlabのような形が新しい客層へアプローチができるんじゃないかなと。

#自己紹介 #演劇

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note有料記事の購入に使わせていただきます☆

嬉しいです!
6
WEBサイトづくりやデザインやイベントの作り手にいること、演劇観たり作ったり、美術館にいるのが好き SNS各種リンク先→ https://linktr.ee/design_sho

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。