見出し画像

「演劇」というコミュニティをどう知ってもらうか

演劇や団体というコミュニティに対してどうやったら上手く過不足なく案内が出来るか、どうやったら観たいと思ってもらえるか、ということについて今回は書いていきます。

こんなツイートをしました。

最所さんのノートを読んで今ある思考を深めて行こうと書いておくことにしました。
ノートの記事はこちら


どうやったら演劇を観たいと思ってもらえるか。
どうやったら演劇作品づくりに関わりたい(≒団体に入りたい)と思ってもらい、更に次のアクションに移してもらえるか。

団体にメンバーが増えてほしい、メンバーを増やしたいのならオーディエンスを増やしていかなければプレーヤーは増えないのではないだろうか?
そんな疑問や思考に解を出すためのヒントになるのではないだろうか。

SNSは『拡声器』から『コミュニティへの入り口』になっていく

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よかったらその他の記事も御覧ください。

ご意見ご感想コメント欄にてお待ちしています。

Twitterでも発信していますので、ぜひフォローしてください!

関連記事

・団体のメンバーが積極的にリアクションをする

・「劇団」をとおして「コミュニティ」について考える
https://note.mu/design_sho/n/ne9f6dcb434ff



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note有料記事の購入に使わせていただきます☆

大吉
1
WEBサイトづくりやデザインやイベントの作り手にいること、演劇観たり作ったり、美術館にいるのが好き SNS各種リンク先→ https://linktr.ee/design_sho
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。