アサクラ トモコ

フリー13年目の広告制作デザイナー(Graphic・WEB・動画制作)です。 22年5月、海・山見える小田原市から転居し、鳥の声が聞こえる千葉の森で暮らしてます。40代・夫と二人暮らし。 https://hanahachi.jp/  instagram:uta_hanahachi

アサクラ トモコ

フリー13年目の広告制作デザイナー(Graphic・WEB・動画制作)です。 22年5月、海・山見える小田原市から転居し、鳥の声が聞こえる千葉の森で暮らしてます。40代・夫と二人暮らし。 https://hanahachi.jp/  instagram:uta_hanahachi

    マガジン

    • フリーランスの知恵袋

      フリーランスの仕事術や知恵などの働き方、デザインディレクションのお役立ちコンテンツを集めています。フリーランスデザイナー歴11年のキャリアの中で得たノウハウや考え方までご紹介。

    • フリーランスな日々

      フリーランスデザイナーの日常と雑記。

    • 物語・創作・シナリオ

      ことばと表現と映像の原点など。

    • 映画観賞記録

      大好きな映画の観賞記録。

    • デザイン関連

    最近の記事

    毎日新聞の記者さんに取材していただきました。

    先月、メディアの方に取材をしていただくというたいへん貴重な機会がありまして、その記事が昨日公開になりました。 昨年私が書いたnoteの記事を、毎日新聞記者の安藤龍朗さんが見つけてくださり、取材のオファーをいただいたのです。 以前の記事はこちら▼ 初めてメールでご連絡いただいた時はただただ驚きという感じだったのですが、わたしも2016年に(株)宣伝会議の編集・ライター養成講座に通った経験があり、取材や記事執筆のノウハウを学びましたので、恐縮しつつも貴重な経験だな…ということ

    スキ
    29
      • 鳥の声の聞こえる新居にて

        とっても久しぶりの記事投稿になってしまいました…。 わたしは5月中旬に無事に引っ越しを終え、その後の怒涛の片付け、各種手続きなどを済ませ、今、新居で美味しいコーヒーを飲みながら書いています。 自然の多い土地で田んぼが広がる景色に囲まれ、部屋には鳥の鳴き声が聞こえます。 思えば、結婚前、品川区在住の都心生活から考えるとどんどん田舎に移動してきています(笑) ここへきてようやく生活の落ち着きを取り戻してきました。 また、ここへ来て生活ががらっと変わりました。 今まで過去10

        スキ
        13
        • 移転(引っ越し)します

          日頃、公私共にお世話になっているみなさん、 noteで繋がってくださっているみなさん、 いつもありがとうございます。 ご連絡が急になってしまいましたが、 実は今月(5月)、千葉の方へ移転(引っ越し)することになりました。 2020年の夏、病気が進んだ主人の母を受けて、少しでも近くにということで、主人と二人、千葉から小田原へ引っ越ししてまいりました。 人生で初めて窓から山が見える土地に住みました。 これも、主人が完全リモートワークになったことで実現できたと思います。 小田

          スキ
          68
          • 「自分を知っている」という感覚についての続き

            前回の記事の「自分を知っている」ということについて、もう少し掘り下げて続きを書いてみようと思います。 何か漠然とモヤモヤとする…とか、 何かが違うんだけど、それが何かわからないとか、 なんとなく体調がすぐれないとか、 イライラするとか、 疲れているとか、 どうにも思うようにいかないことが続くとか…。 そんな時オススメの、お金をかけずにすぐにできることがある。 ・夜になったらスマホの電源を切る。(朝まで見ない) ・できればテレビもみない。 ・情報を遮断する。 ・よく寝る。

            スキ
            59

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • フリーランスの知恵袋
            アサクラ トモコ
          • フリーランスな日々
            アサクラ トモコ
          • 物語・創作・シナリオ
            アサクラ トモコ
          • 映画観賞記録
            アサクラ トモコ
          • デザイン関連
            アサクラ トモコ
          • 読書記録
            アサクラ トモコ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「自分を知っている」という感覚について思うこと

            「自分のことをよく知っていますか?」と言う問いに、どのくらいの人が自信をもってうなずくんだろう? わたしはここ数年、「自分を掘り下げる」という作業を具体的に、日常的に行なっている。(と思う。) 本格的に始めたのは、フリーランス10年目を迎えた2019年頃。 個人事業主としてデザインの仕事を請け負って気がつけば10年経っていた。 様々な業種の広告宣伝ツールを制作する慌ただしい日々の中、 "自分"を置き去りにしてているのではないか?というモヤモヤとした感覚がまとわりついた。

            スキ
            83

            この道

            先週、夫の母が80歳で亡くなりました。 20年前にお義父さんを亡くし、それからは70歳まで現役で働くほど元気だった義母ですが、3年前に癌が見つかりました。 すぐに入院、手術となりましたが、2年前に再発。 その時にはすでに転移がありました。 それから今までできていたことができなくなったり、直近のことを忘れっぽくなったりと心配になる出来事が重なりました。 そして2020年の夏のはじめ、夫が完全リモートワークになったのをきっかけに、私たちは当時住んでいた千葉から、小田原への移

            スキ
            64

            わたしにとって文章を書くということ

            久しぶりに文章や言葉と向き合ってみようと思った。 とにかく書かねば何もはじまらないと思って、まずは短編を書いてみた。 昨年の秋に何代目かの新しいカメラを手に入れて少しづつ撮影しているうちに、創作をまたはじめようと思ったのだ。 正直言うとそう思いはじめたのはフリーランス10年目を迎えた2019年頃からで、今思えば、noteを登録したことが最初のきっかけなのかもしれない。 普段は広告制作を主にしていて、コンテンツマーケティングにどっぷり浸るような日々の中、noteの記事はライ

            スキ
            143

            【短編】知らない街の春の詩(うた)

            目を開けた瞬間、夢を見ていたことに気がついた。 それはみつきがまだ小さい頃、夏休みに父の故郷を訪れた時だった。 祖母の家の裏にある、冬にはスキー場になる山の高原を家族で散策している時の夢。 父と母と、兄と従兄弟達がいる。 みつきがまだ4歳頃の記憶だ。 母に手をひかれてよちよちと歩くみつきの前に、高原の緑と眩いほどの青空が広がり、絵の具で描いたような入道雲がぽっかりと浮かんでいた。 肌をかすめる夏の爽やかな風が心地良かった。 午後の昼寝の時間が近いこともあって、手を繋ぐ母が

            スキ
            27

            スプートニクの恋人

            90年代末頃、わたしが大学に入学して始めた人生初のアルバイトは、新宿にある大型書店だった。 入学してすぐの4月、アルバイト情報誌で広告を見て電話したらすぐ面接になりその日のうちに採用になった。 わたしはただお金が入ればよかっただけで、時給とか、バイトの内容とかはほとんど何も考えてなかった。 でも結果的に学生時代の本屋でのバイト経験は、その後の自分の人生に大きな意味をもたらすことになった。 (その後わたしは、20代のうちに合計3つの書店でバイトすることになる。) わたしは当

            スキ
            98

            【映画鑑賞記録】ドライブ・マイ・カー

            村上春樹の小説に夢中になっていた学生時代、 大学の通学鞄にはいつも彼の小説が入っていて、時間があると開いて読んだ。 最初の出会いは、実家の本棚。 兄の本棚に「ノルウェイの森」を見つけて、こっそり拝借して読んだ。 当時まだ10代だったわたしには、作品の世界観は刺激が強かったのだけど、 登場人物たちの心情になぜかとても惹かれたのだ。 それを皮切りに、村上作品を次から次へと読んだ。 少し前、「寝ても覚めても」を観た時、濱口監督が映像の中で描こうとしている空気はわたしの感覚に寄り

            スキ
            47

            誰かのためならできる。デザイン仕事の最中に思うこと。

            新年から、いや、もっというと昨年の師走の中頃あたりから怒涛の期間でした…! 案件の締切が数本重なり、冬至の前日に実家の父が骨折し、新年明けて早々に毎年1月開催の千葉の授業がスポットで3日間あり、今回は日程が連続でなかったため、小田原→千葉の行き来、実家で仕事をしたりとてんやわんや!そんな中でも、1つ、2つと片付き、少し落ち着きを取り戻した週末です。 それにしても、在宅ワークだと普段電車にあまり乗らないのですが、たまに県またぎの移動すると時間がたっぷりあって読書ができるのが

            スキ
            46

            3人の子供のママで主婦だった親友が、40代でゼロから開業したお店のこと。

            新年がはじまり、慌ただしく1日が過ぎていく年明けの日々です。 先日関東は大雪になり、私も翌日から毎年お世話になっている職業訓練校での授業があったので、小田原から千葉へ移動中でしたがなんとか無事にたどりつきました💦 昨年はとても忙しい一年となり、常に関わってくださるお客様や友人、仲間、そして家族に感謝・感謝の日々です。 また、私にとっては今までご縁のなかった分野での新しいことがはじまり、その中で大切な仲間にも出会えました。 新しい出会いもある中、昨年は中学時代からの親友とまた

            スキ
            69

            父のお使い

            冬至の前日に、84歳の父が骨折したと母から電話があった。 母:「お父さんが足を怪我して帰ってきたのよっ!!!!(ぎゃー)」 父は84歳になる今も月に1〜2回、一人で電車とバスを乗り継いでゴルフ場へ行き、1ランドで2万歩近く歩くほどの「ザ!スーパー80代」のひとり。 10年ほど前、脳梗塞になったコトをきっかけに、健康維持と体力づくりに目覚め、毎朝の筋トレと有酸素運動をかかさない。 病気で倒れたことをきっかけに、「自分自身の健康は自分で管理する」ことに目覚めた。 その後、自

            スキ
            32

            新年あけましておめでとうございます

            昨年お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします^^🌸 hanahachi アサクラです。 昨年は、新しいことがどんどんはじまる1年となりました。。! 今年は、すでに昨年以上に新しいことがはじまる予感、、! しかしながら、昨年も今年も、変わらぬものも。 相変わらず、日々淡々と、デザインをし、お客様のコンテンツに向き合い、 そして日々自分と向き合い、デザイナーとして一歩一歩前進する日々です。 特に昨年は新しいコトにチャレンジ

            スキ
            13

            【映画鑑賞記録】アイルランド制作のアニメーション 「ブレッドウィナー」

            2017年、ノラ・トゥーミー監督とカナダの作家・平和活動家のデボラ・エリス原作のアニメーション映画です。 Netfrixで先日観ました。 ここ最近鑑賞した作品の中でもかなり良くて何度も観たので、記録します。 ストーリーは、タリバンの支配下に置かれたある家族を描いたもの。 アフガニスタンの戦争で荒廃したカブールに暮らす11歳の少女パヴァーナ。 父は元教師、母は物書き、姉と弟の5人家族。 ある日、父親が不当な理由でタリバンに逮捕される。 男性を伴わずに女性が外出することを禁じら

            スキ
            16

            デザイナーの私が考える情報の取捨選択について。ネットやスマホは便利だからこそ使われるのではなく、自分で使う立場でありたい。

            あっという間に夏が過ぎ、9月も半ばです。 小田原に移転して2年目の夏でしたが、夏らしいことをしたのは7月から考えて2日くらいだったような気がします。 いつだったかどこかの週末に海へ行って真夏の潮風を感じ、でもすぐ帰り💦 小田原城の前の道でものすごい音の蝉の鳴き声を聞いたくらい。。 あとは本当に思い出せない(笑) と、言うのも緊急事態宣言だったり、家で仕事やその他の勉強をしていたりで、静かな夏を過ごしておりました。 あとはひたすら片付けをしていましたね。 8月のお盆休みに3泊

            スキ
            27