見出し画像

2019.11.08

大学2年が始まる前、2018年3月頃僕は一人暮らしを始めました。


なぜ、2年が始まる時期?1年からじゃなくて? 自分でもそう思います。

本当のことを言えば電車でも充分通えます。僕の実家より遠いところから何時間もかけて通学している人もいます。

一人暮らしを始めたかった理由は、今まで親に甘えまくってたからと、満員電車が嫌だったことと、考える時間が欲しかったからです。



はっきり言えばまた甘えです。一人暮らしをすることすら甘えです。僕はなんと、家賃を親に払ってもらっているのです。鬼甘です。結局一人暮らしをしてまで親にそうやって助けてもらい、生活しているのです。

こんな我儘なガキを支えてくれて本当に感謝しかないです。

ただ、成長するにはこうするしかないと思って始めました。


実家で料理以外の家事はある程度自分でやるルールがあったので一人暮らしは始めて1週間で慣れました。1か月で生活リズムが作れました。料理はクックパッドやネットで調べればそれなりにできました。

ただ寂しさはあったのかもしれません。友達には余裕余裕と言っても、住む地域に友人は居るわけもなく、すぐ会える人もなかなかいません。泣きはしませんでしたが心にどこか空白ができたような気がしました。最初の方は授業がない時間でも大学に早めに行ったりもしましたね。

バイト先も新たに始めた、例のバイト先で、通勤に一時間以上かかり、バイト先の友人に会うのも一苦労です。


アパートで隣人も居ますが、会う機会も交流ももちろん無いので、まさに一人の日々が続きます。今まで体験したことのない日々です。こんなにも人に会わない日々があるのかと。


その分考える時間も増えました。色々考えました。考えに考えました。悩みました。妄想もしました。ただ行動はしませんでした、、、、、


つづく



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキじゃない。隙でもない。そう。好きなんだ。あなたが。
7
何か始めるには残りの大学生活を考えると出遅れたのでは、と思いながらもnoteを更新していきます。文章構成能力や、世でいう常識はだいぶ抜けてます。あしからず。Uber Eatsやってます。Twitterもフォローお願いします。

この記事が入っているマガジン