「MIZUTAMA」第2号発刊のご挨拶
ふちどりMIZUTAMA4チョコミント

「MIZUTAMA」第2号発刊のご挨拶

※この記事は投げ銭方式です。購入せずとも最後まで読むことができます。

いよいよ「MIZUTAMA」2号の発刊です。

今回はドキュメンタリー映画について特集します。

最近は日本の各地でドキュメンタリー映画際が
盛んにひらかれるようになりましたが、

実は、私達「MIZUTAMA」編集部のすぐそばにも
ドキュメンタリー映画の監督である
能勢広氏と村上浩康氏がおられます。

今回はおふたりが主催する
「さがみ人間未来フェスティバル」を取材させていただき
「広島原爆・魂の撮影メモ カメラマン鈴木喜代治の記した広島」
の監督能勢広監督と田下啓子の対談と

キネマ旬報4位の映画「流・ながれ」の監督である
村上浩康監督へのインタヴューを
掲載いたします。

さらに村上浩康監督の
書きおろし映画論評も掲載いたします。

そして今回から
いよいよ漫画家の海山かのんさんの作品
仮題「宮澤賢治って、どんな人?」が掲載されます。

今まで封印されていた
宮澤賢治に関する新しい事実が描かれています。

読めば読むほど深く面白い記事を

たくさんお贈りしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

「MIZUTAMA」公式サイト




この続きをみるには

この続き: 0文字

「MIZUTAMA」第2号発刊のご挨拶

田下啓子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!