男子学生の流行は男色! 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』の時代

BL好きの腐女子の間では、寄宿学校や男子校、男子寮などは男色の巣窟とされてきた。しかし、それが腐女子の単なる妄想ではなく、事実だった時代が日本にもあった、と言うのは驚きの事実であろう。
明治時代、文明開化が行き渡り、エリート階級としての「学生」が発生した頃の話である。その頃、まだ女子の通える学校は存在せず、全ての学生は男子であった。
「あしたのジョー」「巨人の星」原作・梶原一騎先生の実弟であり、自らもマンガ原作者である故・真樹日佐夫先生も、少年院生活を振り返って、こうおっしゃっておられる。
「女がいりゃあ女とヤるけど、いないもんはしょうがねえだろ」
そう。男子だけの生活において、男色の発生は、必然なのである。


明治初期の学生生活を描いた、坪内逍遙の小説『当世書生気質』の登場人物はこう主張する。
「女色に溺れるくらいなら、男色に溺れるほうがまだ良いわい。第一、男どうしなら、お互いに智力を交換することもできるしなあ」
「しかし男色は、アンチ・ナチュラル(反自然的)ではないか?」
との反論に対しては、
「ただただ理論上に行うんだから、少しも破廉恥の理由などないわい」
ウム、わからん。
とにかくこの本は飛ぶように売れて、一世を風靡したのである。

この続きをみるには

この続き:1,095文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史上のセックスにまつわるエピソードを紹介する連載「レキシは夜つくられる」のお得な全話セットです。以前女性向けアダルトサイト(現在は閉...

または、記事単体で購入する

男子学生の流行は男色! 森鴎外『ヰタ・セクスアリス』の時代

DENNY喜多川

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ポリアモリストのアダルト歴史作家。別名義で著書四十冊以上。発達障害(ADHDおよび自閉症スペクトラム)アリ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。