日本神話も負けてないぞ! エロエロ古事記・日本書紀

これまで獣姦や乱交を含む、世界各国のエロティックでエネルギッシュな神話を見てきた。しかし神話のエロさで言えば、我が日本も負けてはいない。そもそも国の始まりがセックスである。
天つ神から「国づくり」という重大な使命を帯びて、まだ形を為していない日本列島に降り立った、男神イザナギと女神イザナミの二神。この二人がまずしたことが、セックスである。イザナギがイザナミに
「お前の体はどうなっているか」
と問うとイザナミは、
「私の体には一箇所、穴の空いたところがあります」
するとイザナギは、
「私の体には一箇所、突き出したところがある。どうだろう、この突き出したところを、お前の穴に入れてみては」
なんともストレートな口説き方である。この口説き方で落ちる女性がいたら教えて欲しいが、イザナミはこれで落ちた。
さて、セックスをすることにした二人だが、やり方がわからない。すると近くでセキレイ(鳥)が交尾をしていたので、その真似をすることにした。だから日本初のセックスは、後背位(立ちバック)である。

この続きをみるには

この続き:1,068文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史上のセックスにまつわるエピソードを紹介する連載「レキシは夜つくられる」のお得な全話セットです。以前女性向けアダルトサイト(現在は閉...

または、記事単体で購入する

日本神話も負けてないぞ! エロエロ古事記・日本書紀

DENNY喜多川

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ポリアモリストのアダルト歴史作家。別名義で著書四十冊以上。発達障害(ADHDおよび自閉症スペクトラム)アリ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。