商談における会話のマナーとは? どうやって使いこなすか!

画像1

話すことはビジネス交渉の中心的な活動です。 会話を成功させるためには、会話のエチケットを守ることが非常に重要な役割を果たします。business etiquette training実務的な観点から言えば、交渉とは人と人との一般的な会話ではなく、しっかりとした準備とガイド設定、明確な目標、野心、スキル、戦略をもって行うものです。

交渉は、理屈や利害、技術や戦略が絡むものですが、だからといって人の考えや感情を完全に排除するものではありません。 交渉にはエチケットがつきものです。 その根本的な理由は、交渉において礼儀正しく接することは、自分の教養や資質を反映するだけでなく、相手の考えや感情にも一定の影響を与えるからである。

1、お互いを尊重し、理解する:交渉活動では、お互いを尊重し、理解することで、お互いの感情的な親密さを獲得し、お互いの尊敬と信頼を得ることができます。 したがって、会話の前に交渉者は、相手の心理状態を調査し、相手に受け入れられやすい方法や態度を検討・選択し、相手の話し方の癖や教育、人生経験など、交渉に影響を与える可能性のある要素を理解し、両手で準備をした上でゴールを設定します。 話すときには、話すことと聞くことはお互いに対等であることを認識する必要があります。 話をするときは、双方が時間を有効に使うべきで、一方が優位に立ってはいけない。

2、他の側にタイムリーな肯定:交渉プロセスの開発では、ビューの両側にいくつかの類似または基本的な情報の一貫性のある状況が表示されることがありますときに、交渉者は、より迅速に無料の言葉を使用する機会をつかむ必要があります、私たちの共通の基盤の適切な肯定。 会話の中で、同意や肯定の言葉の効果は、非常にポジティブなものが多い。

3.マナー:自然に、自信を持って話す。 フレンドリーであること、そして機転を利かせて話すこと。 ジェスチャーを多用せず、適度な距離を保ち、嫌なことに巻き込まれないように一般的に会うこと。 宗教、病気、死、卑猥な話は避けましょう。

会話のスピード、トーン、ボリュームに注意する:会話のスピード、トーン、ボリュームは、会話の意味の表現に大きな影響を与えます。 会話では、自分の言いたいことをできるだけスムーズに、そして適度に伝えるようにします。 状況によっては、話すスピードを変えることで、相手の注意を引き、表現の効果を高めることができます。 一般的な質問に対しては、普通の声のトーンで説明し、音量は、相手がはっきりと聞き取れて気分を害さない程度の適度な大きさにします。

注目の記事:

電話応対研修はビジネスマナーに必須!? どのようにしているのですか?!

ビジネスマナーの中心的な役割は、人と人との間で相互に敬意を示すことです!

四點建議改善慢阻肺患者生活環境質量!

慢阻肺很難痊愈?醫生直言:做到5點會有一些幫助!

3ステップの治療は、遅い肺を効果的にコントロールします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!