見出し画像

偽りない想い

売ることは、伝えて届けること。

10年前、モノを売る仕事についたときから心に刻んでいます。
delightful toolとしてオーダーシューズを手がけるようになった今も、この考えは変わりません。

靴の作りを伝える。素材を伝える。機能を伝える。履き方を伝える。

伝えなければいけないこと、伝えたいと思うことは次から次に出てきます。ただ、正しく伝えることは難しい。

そんな考えを巡らせ続けながら、読み返している本があります。

山田ズーニーさんの『伝わる・揺さぶる!文章を書く』です。

小論文指導に携わってきた著者が、日常で機能する文章を書くための方法を記した本です。

・その文章が目指すゴールは?
・あなたの意見は?
・あなたが望む結果は?
・あなたの本当の想いは?

読者への問いかけ、実例を交えた構成。読みやすい実用書のように見えますが、その実は著者の文章に対する熱い想いがストレートに、ガツンと伝わってくる一冊です。

最初に読み切ったとき「伝えること、書くことにきちんと向き合ってみたい」と熱いものが込み上げてきたことを、はっきり覚えています。


文章で大切なのは、自分の根っこにある気持ちや生き方にうそをつかないことだ。

2章の最後に記された、根本思想という考え方についての一文です。

どんなに取り繕っても、自分の想いに嘘をついた文章では伝わらない。根本思想と一致した意見こそ、伝える力を持つ。

根本思想の考え方は、伝えること、書くことに対して僕が向き合う力の源になっています。


革靴の経験と知識を通して、人の役に立ちたい。

この本に触れるたび、自分の根本思想を見つめ直すことができます。この想いに偽りなく、正直に人とつながっているだろうかと。

僕にとって、この先何年も繰り返し読んでいく一冊。読んで、文章を書いて、また読んで、書いて。

delightful toolの革靴のことを正しく伝える力を養っていきたいです。それと同時にdelightful toolの革靴そのものの力も養いながら。

それが誰かの役に立つことだと信じています。

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
セミオーダーの革靴屋delightful toolとして活動しています。信頼できる作り手の靴を、一人一人の日常と足に馴染むように届けることが僕の仕事です。拠点は神奈川県大和市。出身は新潟県。TOKYO FMと写真好き。デジタルカメラもフィルムカメラも使います。