新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本一のヨガYoutuber直伝!おうちでできるマタニティヨガ 5つのメリット

自粛生活が日常になって早1年。体調の変わりやすい妊婦さんにとっては、緊張感の抜けない日々かもしれません。散歩や買い物で体を動かしたいけどなかなか出かけられない…そんな方におすすめなのが、マタニティヨガです。

この度、日本一のヨガYoutuber・B-lifeマリコさんの出産を機に、マタニティヨガとセルフケアをまとめた書籍『産前産後の不調がみるみる整う 魔法のマタニティヨガ』が発売しました。本書の中から、マタニティヨガの5つのメリットについてご紹介します。

画像4

メリット① 不調の緩和と予防

 妊娠中は、体の急激な変化に筋肉や骨格が対応しきれず、さまざまなコリや痛みが生じます。 もともと肩コリや腰痛、むくみが慢性化している人は悪化し、背中が張ったり足が攣ったりしてしまいます。また、ホルモン分泌の変化によって体調が崩れやすく、疲れやすさや便秘などにも悩まされます。マタニティヨガはそうした不調を緩和しながら、新たな不調の出現と不調の悪化を予防します。

画像1

メリット② 運動不足解消、体力・柔軟性アップ

 妊娠は病気ではありません。絶対安静を余儀なくされた場合を除き、通常の妊娠状態であれば、適度な運動はむしろ効果的。ただでさえ行動が制限されて運動不足になりやすいため、血流やリンパの流れが滞って、コリやむくみなどの不調が悪化してしまうことも。体力も筋力も落ちる一方で、出産を乗り切る体力が不足しかねません。
 だから安定期といわれる妊娠中期(妊娠5カ月/16週)以降は、できる範囲で体を動かしたほうがいいと指導されます( ※医師に相談の上、自分の体調に合わせて行いましょう)。

妊婦さんにとっての体づくりのポイントは2つ。
 ① 運動不足の解消
 ② 筋肉と関節の柔軟性をつける

 体の柔軟性が下がると、お腹の重みで腰や背中を痛めやすくなります。また、お産時は開脚の状態が長時間続きます。子宮口が全開になって赤ちゃんが下りてくるまで、初産婦の場合、平均2時間~3時間、経産婦でも平均1時間~1時間半かかると言われます。
 この数時間の開脚状態を少しでも楽でいるためにも、股関節の柔軟性が必要です。マタニティヨガでは、ほどよい負荷で筋力をつけながら、柔軟性も同時にアップします。さらに、筋肉や関節が柔軟になれば、その中を走る血流やリンパの流れもよくなり、代謝アップにもつながります。

メリット③ 呼吸が上手になる

 妊娠により体調が不安定になると、ストレスや不安を感じやすくなり、精神の不安定さから呼吸も浅くなってしまいます。重いつわりも、呼吸が浅くなる原因となります。妊娠後期の大きなお腹は、横隔膜や肺を圧迫し、息苦しさを覚えるほど呼吸が浅くなります。
 解消法は深い呼吸をすることですが、意識しないとできないものです。だからこそ、ヨガを習慣に取り入れ、深い呼吸を身につけるのがおすすめです。深い呼吸のメリットはたくさんあります。


・自律神経が整いリラックスできる/脳に酸素がいきわたって自律神経の「副交感神経」が優位になり、心身をリラックスした状態に導きます。
・ おなかの赤ちゃんに栄養が届きやすくなる/酸素には、体内で栄養を運搬する役割があるため、深い呼吸でお腹の赤ちゃんに栄養が届きやすくなります。
・ 自然分娩時の呼吸がスムーズになる/医師や助産師さんの「今吸って」「ゆっくり吐いて」という指示にも従いやすくなります。


 私自身の2回のお産で実感したのが、まさにこの出産時の呼吸でのメリットです。陣痛は痛かったのですが、ヨガを通じて深い呼吸が身についているおかげで、医師の呼吸の指示を難なく実践できました。一人目のときには、担当医の先生から「あまりに呼吸が上手で、5人ぐらい産んだベテラン妊婦かと思いました」と褒められたほどでした(笑)。
 特に重要なのは「吐く」ほうです。 痛みや不安を感じていると「吸う」ばかりになって、吐く呼吸が短くなってしまいます。
 しっかり吐くことで深い呼吸が促される→副交感神経が優位になり、リラックスできる→陣痛が促進されてお産が進みやすくなる、といい流れを作ることができます。
 逆に、呼吸が浅いと交感神経が優位で興奮状態が続き、陣痛が促進されないそうです。初産婦はもちろん、経産婦でも陣痛が始まると痛みからパニック状態に陥りやすく、「この痛みから早く解放されたい!」と願うもの。早く解放されるためには、「しっかり吐く」を忘れないことが重要です。

メリット④ 安産に欠かせない骨盤力がアップ

 妊娠・出産で、体の中でもっとも大きく変化するのが骨盤です。妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤の関節やじん帯、骨盤底筋が緩み、産道が「開いた状態」になっていきます。実際に、予定日が近づくにつれて、骨盤がジワジワと広がるのがわかり、女体の神秘性を痛感します。しかしそのダメージは想像以上に大きいため、妊娠中からの骨盤ケアが欠かせません。産前は骨盤が開き、産後は元の「閉じた状態」に。
その開閉をスムーズにするために大切なのが、「骨盤まわりの筋力をつけて柔軟に保つ」ことです。
 「出産に向けて緩むなら、鍛えるのは産後からがいいのでは?」と考えられそうですが、それは間違いです。「緩めたいときには緩める、締めたいときには締める」 には、筋力が欠かせません。骨盤力をつけるとは、その筋力を鍛えることです。具体的に鍛えたいのが、骨盤底筋群です。
 骨盤底筋群は骨盤の底にある筋肉の総称で、下腹部の下の恥骨から、肛門の後ろにある尾骨までをハンモック状に覆っています。目で見て確認することができないため、どうやって力を入れればいいのか感覚を掴みにくく、鍛えづらい筋肉でもあります。ただ、呼吸と連動して動く特性があるので、呼吸に合わせて動くヨガだと、自然に鍛えることができるのです。

画像3

メリット⑤ 安らぎタイムでメンタルが安定

 ヨガをしながら自分と向き合う時間は、気持ちが落ち着き、心の安定につながります。マタニティヨガの講座で「ママの感情はお腹の中の赤ちゃんに伝わる」と教わりました。自分が穏やかで健やかな状態でいると、赤ちゃんも同じ状態でお腹の中で過ごせる、ということ。
 コロナ禍の今は、親や友達と会うことさえままならず、お見舞いや出産時の付き添い禁止など、心細い局面が増えると、ストレスにつながってしまいます。
 わけもなく気持ちが落ち着かないときには、ぜひヨガをしてみてください。目を閉じて呼吸に意識を向けるだけで、全身が安らぎに包まれるはずです。

画像2

【本書の特徴】
・1ポーズ数分から! すき間時間でOK
・産前から産後のお悩みを解消する効果抜群の36ポーズ
・QRコードですべてYouTube動画と連動
・産前・産後別の2週間プログラムつき!カレンダーPDFデータ特典あり
・大人気インストラクターのマタニティライフや子育て習慣も大公開!

紹介動画はこちら!


全国の書店、ネット書店で大好評発売中!

『産前産後の不調がみるみる整う 魔法のマタニティヨガ』(B-life著)

書影_魔法のマタニティヨガ0409

(文・茅島奈緒深、写真・千々岩友美、記事作成・杉山亜沙美)

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

雨の日をたのしく

ありがとうございます!嬉しいです!
9
世界文化社の公式noteです。書籍や児童書、絵本のご紹介や製作裏話、noteオリジナル連載などを随時掲載していきます。 https://www.sekaibunka.com