新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナウイルスに関する特別貸付に申し込んだ話

こんにちは、でぐのぶ(@Degunobu)です。

新型コロナウイルスが蔓延していますね。

緊急事態宣言が出て、この状況がいつまで続くかは誰にもわかりません。
私も店舗を維持するキャッシュがなくなってしまい、せっかくオープンしたLEBOがなくなってしまうと、「ぴえん」です。

そこで、念のために社会福祉協議会の緊急小口資金金融公庫の特別融資に申し込んだので、その実際の流れを説明します。
きっと同じように資金繰りに悩む個人のパーソナルトレーナーの方もいらっしゃると思いますので、借入の検討に生かしてもらえれば幸いです。

社会福祉協議会 緊急小口資金(特例貸付)

下にも申し込みから振込までの時系列書いていますが、申し込みから振込まで6日間と一連の流れがかなり早いです。なので、限度額は少ないとは言え、緊急という方はとりあえず、こちらに相談をするのが良いかと思います


これは都道府県の福祉協議会が、コロナウイルスの影響で収入が減少している世帯に対して、生活費の貸付を行ってるものです。

この貸付は、事業用の資金ではなく、あくまで生活費のための貸付になるのがポイントです。

そのため貸付限度額の基本は10万円、特例に当てはまる人は最大20万円となります。
この貸付額がどのように決まるのかを、僕の例を紹介しながら説明します。

前提として、僕は3月の収入が減っているので申し込みました。

申込額は「これまでの収入から、今の収入の減った分のみ」申請できます。
つまり昨年12月、1月、2月の平均収入から、3月の収入を引いた額を申請できます。

12月、1月、2月の収入の平均が30万、3月の収入が20万ということなら、その差額の10万を申し込めるということです。

僕は

世帯員の中に個人事業主等がいること等のため、収入減少により生活に要する費用が不足するとき

に該当するので、上記の計算を行った結果、10万円以上の借入申し込みが可能になりました。

肝心の返済に関してです。ここ重要です。
1年間は返済猶予期間として、返済は始まりません
借りた1年後から2年間(24回払い)で返済するという形です。

申し込みの流れ

・制度の説明&面談(4/1)
・書類提出(4/3)
・可否の連絡&振込(4/9)

僕の地域では最低2回は事務所に行かないといけません。

これは地区によって対応が違うみたいです⇓

まず自分の住んでいる都市の社会福祉協議会に連絡しましょう。
上のサイトで各都市の連絡先も紹介しています。

僕の都市の福祉協議会は、問い合わせが多く混んでるらしくて、完全予約制になっていました。
多くの都市が同じ状況だとおもうので、まず問い合わせを行うことをお勧めします。

この申し込みには、収入を証明できる書類が必要です。

個人事業主の方は明確なものが無いと思うんです。
僕はお店の経費帳を印刷して持っていきました。

最終的に12月~3月までの経費帳の月毎の平均をまとめた書類を作って、提出しました。
個人の人は無いのしょうがないから、これで大丈夫と言われましたので、皆さんもご心配なく!

その他の必要書類には、身分証、保険証、印鑑証明世帯全員分の住民票口座がわかるものなどが必要です。↑のサイトに詳しく書いているので、見てください。


日本政策公庫 特別融資

4/1に申し込み書を渋谷区の政策金融公庫に郵送しました。

4/14に電話をもらいました
この時点で一番早い空のある24日に面談決定。

24日に面談に行ってきました
僕は政策金融公庫の利用が初めてなので一度面談が必要とのことです。過去に取引したことがある方は電話だけでよかったみたいです。

面談では、
・事業内容の確認
・家賃の支払いの確認(通帳のコピーを持参)
・売り上げの確認(確定申告書を持参)
・借入のシステムと注意の説明(どのくらいの期間で返すかとか)

などをされました。

これから借入が可能か審査が始まります。
担当の方の話では1~2週間くらいのはずで、なるべく連休に突入する前には結果をお伝えしたいと思いますとおっしゃってくれました。

最後にけっこう人多いですか?って聞いたら、
『まだ8000人待ってる、毎日700通くらいの書類が届く』
とのことです。。。

都内(渋谷区だから?)は混雑しているようですが、大阪の友人はすぐに申し込めたらしいです。

24日の面談の際には、↑のように言っていましたが、3日後の27日に審査通過の連絡が来ました。

この後は郵送で書類の手続きらしいです。こちらは5月3日くらいに届くらしく、実際の着金は6月中旬になる予定らしいです。

種類が届きました。

必要なものは、
・必要書類
・印鑑証明書
・銀行で確認印をもらう書類
・収入印紙
が必要なので、印鑑証明など貰っておくとスムーズかもしれません。
収入印紙は郵便局がGW中休みだったので7日に購入し、そのまま郵送しました。

あとは着金を待つだけですね。6月になるようなので、先は長いです。

5/7に追記

持続化給付金

法人は最大200万、個人事業主は最大100万円の給付金です。

売上減少分の計算方法は
前年の総売り上げ(事業収入)ー(前年同月比50%ダウンの月の売り上げ×12か月)
なので、前年の同月比で50%以上減少していることが条件になります。

補正予算成立の翌日から申し込み開始なので、おそらく5/1から申し込み始まります。

・昨年の確定申告書
・売り上げ減少となった月の売り上げ台帳の写し
・通帳の写し
・身分証明書
が必要のようなので、準備しておきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは別のnote購入に充てたいと思います! またSNSなどで感想をシェアしてくださるととても嬉しいです!

みんなにスキって言ってるんでしょ
19
アメリカのアスレティックトレーナーです。LEBO Conditioning Salonで、クライアントに合った運動プログラムの作成、指導をしています。現在痛みのある方や、スポーツや生活で困っていることがある人を応援しています。ATやトレーニング関連の記事を書いています。

この記事が入っているマガジン

ナバターのとりあえず読んだnote、気になったnote
ナバターのとりあえず読んだnote、気になったnote
  • 186本

とりあえず読んだnoteなどをどんどん登録していく。後で読むnoteも登録しておくかもしれません。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。