見出し画像

【尼崎市】アマが誇る特殊色街!平成日本の世に残る奇跡のちょんの間地帯「かんなみ新地」を見る

我が国日本は昭和の時代に苦い敗戦を経験しGHQの占領下に置かれた間、脈々と受け継がれてきた日本の生活文化もまたその転換を余儀なくされてきた。その結果、日本国からは昭和33(1958)年をもって「売春防止法」が施行された事で、売春は全て違法行為という決まりとなり、公許の「遊郭」というものは表社会から姿を消した事になっている。

それは現在、全国的には姿形を変えて特殊浴場(ソープランド)なりになっているものだが、なぜか大阪などの関西地方には、かつての「遊郭」そのまんまの姿で現役で商売を続けている「新地」という場所が存在し続けており、その姿が長らくタブー視されていたものの、ここ数年は大阪市西成区の「飛田新地」についてテレビ放送されメディア露出される機会も増え始めた。

それで今回お伝えするのは、兵庫県尼崎市にある「かんなみ新地」という場所である。

この続きをみるには

この続き:3,582文字/画像16枚

【尼崎市】アマが誇る特殊色街!平成日本の世に残る奇跡のちょんの間地帯「かんなみ新地」を見る

逢阪

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
DEEP案内編集部のnoteです。サイトで書くのを憚られる内容の濃い目のネタを有料配信中。興味ある方のみお読み下さい(内容によっては高額です。購入前にご確認を。後で文句言われても対応できません)。【重要】ここで得た情報の内容は、決してツイッター等のSNSで口外のないよう。