新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

「愛とか恋とかうるせえわ」


はろー三島。
風邪やらインフルやらコロナウイルスやら花粉やら…。

ただでさえ人込みは好きじゃないのに、より人込みを避けたくなるね。
むしろ外出たくないよね。毎日通勤お疲れ様です……。


ところで、今年のバレンタインはどれほど稼げました?
君はたしか妹さんも居たし、職場にも女性いたよね?たしか。

私は、恋ができないゆえに一人の友人と縁を切りそうになっています。


その友人は男性でまあなんだかんだと大学時代から縁がある人です。
多分三島も知ってるかも。…いや知らないかも。
とにかく、それだけ付き合いが長いかったんだけど、ある時急に告白されて。その人にとっては急じゃなかったのかもしれないけど、私にとっては急だった。

本当はその人からの好意を感じていたけど、言わないでほしかった。
私には恋も愛もわからないから。人を好きになったことがないから。

彼はそれでいいって言った。私は彼の言う「それでいい」がどの状態かわからなかった。好きの感情がわからないまま、無職鬱クソ女にお金出してくれているなんて、都合がよすぎるもの。

求められても返せない。求められてはいないのかもしれない。
けど貰ったら返したいものでしょう?友人だと思う程度には情があるんだから。
何かを返したいと思って、『恋人』になってみたけど相手からの想いに一層プレッシャーを感じるだけだった。

悩んで悩んでめっちゃ悩んで、バレンタインデーの前に言ったんだ。

「好きとか分からない。ただ与えられることが辛かった。でも縁を切りたいわけではない。」

私にとって精一杯の誠意を込めて言ったつもりなんだけど、どうなんだろう。彼に伝える前に三島に相談すればよかった…。
相談しようにも、私の「恋情がわかない」ってことを理解してくれないから「そのうち好きになる」としか言ってくれなくて…。

鬱の時に決断するもんじゃないって分かってる。でも、想いのプレッシャーって結構辛いんだよ。言い訳にしかならないんだけど。

その後、彼からは

「無理な付き合いをさせてごめんなさい。友人としてまた付き合いたいです。考える時間をください。」

と返ってきました。
これが最善なのか今でもわかりません。
でもいいきっかけだと思う。
「私の恋はまだ…」って思って周りの恋愛見て焦ったり、トキメキを感じない自分に失望したり。
もう疲れたから、この機会に自分は「アセクシャル」って認めてあげることにした。後に本気で好きな人が出てくれば、その時撤回すればいいかなって。

なーんてこと思いながら彼のために買ったチョコをバリバリ食べて過ごしたバレンタインでした。
今日も絶賛ぐちりでごめんね。

三島も大学生以来浮いた話は聞かないね。
恋愛話は好きだから教えてね。

それじゃあバイバイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
無職の鬱病女が日々のあれそれを仮想友人三島に語りかける日記。プロ画は「Gentlespider」様より