新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍で住まいを失う人が相談できる窓口紹介(東京)随時更新中

緊急事態宣言 が解除されましたが、営業を取り止めているネットカフェ等があります。それに伴い、東京で「住まい」を失ってしまうおそれのある方がどこに相談に行けばよいのかをまとめます。公的窓口と拡散OKの民間支援団体の相談窓口をまとめます。手続きがスムーズにいかない場合もあるかもしれませんが、それはあなたが悪いわけではありません。そのときはどうか諦めず、民間支援団体なども頼りながら、今日泊まれる場所を確保しましょう。(随時更新。2020年5月29日10時更新)

*ネットカフェ・漫画喫茶,個室ビデオ店,  サウナ等で生活している方(住まい、お金がなくなりそうな方)へ

1. 公的な支援

まず公的な支援について。

◆TOKYO チャレンジネット  

「就労を継続して自立した生活を目指しており、東京都内での生活実態のある方」を対象としています。(左記以外、例えば今現在働くことが難しい状況にある方は次の項目をご覧ください)。

既存のチャレンジネットの事業に乗ることができる(3ヶ月以内に就労のめどが立つ)方が対象となるようです。一時的に無料でビジネスホテルに入り(5/31まで)、その後一時住宅に住まいながら就労支援を受けます。ホテルを紹介されたら「利用票」を受け取ってください。ホテルでは食事(お弁当3食)提供されるようです。

混雑すると感染リスクが高まるので、直接窓口に行く前に、以下から予約してください。予約が取れたら窓口に行き、「ネットカフェ等で暮らしていたが泊まれなくなったので一時住宅(ホテル)の提供を受けたい」と伝えてください。

相談受付窓口;月・水・・土曜 午前10時〜午後5時/火・木曜 午前10時〜午後8時  

場所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 東京都健康プラザハイジア3F(西武新宿駅徒歩2分またはJR新宿駅徒歩7分)

フリーダイヤル 0120-874-225   女性専用フリーダイヤル;0120-874-505パソコンからの予約はこちら 携帯からの予約はこちら

◆各区の福祉事務所または自立相談支援機関

上記以外の方はこちらに。一般的に生活保護申請などを受け付ける窓口である各区の「福祉事務所」や、生活困窮者自立支援制度の「自立相談支援機関」からも上記のようなホテルを利用することが可能です。ただし、現金がほとんど無く、継続しての就労が難しい方は福祉事務所で(一時的にであれ)生活保護を利用するのが現実的です。生活困窮者自立相談支援機関から利用の場合、現金給付はないので、今の時点で貯金がないと困る可能性があります。

これまで過ごしていたネットカフェ等と同じ区内にある福祉事務所または自室相談支援機関に問い合わせてみてください。その際には「ネットカフェ等で暮らしていたが泊まれなくなったので一時住宅(ホテル)の提供を受けたい」と言ってください。こちらは、相部屋の施設を紹介されることもありますが、感染リスクを下げるために個室を確保したい場合は、「相部屋は無理なので、都の用意したホテルを紹介してください。4月17日付の事務連絡を確認してください」と言ってください。ホテルを紹介されたら「利用票」を貰ってください。ただし、区によって食事が提供されない場合もあるようです。

緊急的な対応のためスムーズにいかない場合もあるかもしれません。でも、それはあなたが悪いわけではありませんので、どうか気を落とさないでください。その場合は、次の項目で紹介するの民間支援団体に相談してください。

都内の福祉事務所はこちら;福祉事務所一覧 

☆4月17日付事務連絡 (個室利用できる旨の通知です。印籠がわりに)

都内の自立相談支援機関はこちら(PDF):自立相談支援機関一覧


2. 民間支援団体への相談 

次に、民間支援団体への相談窓口です。

◆つくろい東京ファンド

●主な対象の方:
緊急事態宣言が出された地域において、普段ネットカフェ等に住まわれ、今回の宣言を受け休店により行き場をなくされた方および、なくしそうな方
●出来ること:
ご状況をうかがい、使える制度のご紹介。必要に応じて連携ソーシャルワーカーによる直接相談と当面の緊急宿泊費(ビジネスホテル代分)の提供など。

相談フォーム緊急事態宣言の影響でネットカフェ等に泊まれなくなり、お困りの方からの相談受付フォーム

◆ホームレス総合相談ネットワーク

法律家のグループによる相談窓口です。無料で電話で相談可能

電話相談窓口;平日午前11時から午後5時 フリーダイヤル  0120-843-530 

お知らせ動画;コロナ感染症の影響で生活が困窮した方へ~8~緊急事態宣言発令中はフリーダイヤルによる電話相談を拡大対応しています!ほかにも生活保護申請の方法についての動画をUPしています。

◆自立生活サポートセンター・もやい

ネットカフェ等にいられなくなってしまった方,新型コロナ の影響で収入が減ってしまった方など、ご相談を伺います。相談会では、必要に応じて、宿泊場所の紹介や宿泊費の支援、生活費の支援、生活物資の提供、公的支援利用のためのサポート等をおこないます。

相談会:火曜11時~17時 (もやい事務所:新宿区山吹町362番地みどりビル2階) 
土曜14時~15時 (都庁前:都営地下鉄「都庁前」駅E1出口)※土曜は臨時相談。

電話相談:火曜日12時〜18時, 金曜日11時〜17時 03-6265-0137

メール:info@npomoyai.or.jp (随時)

また、相談会では、必要に応じて、宿泊場所の紹介や宿泊費の支援、生活費の支援、生活物資の提供、公的支援利用のためのサポート等をおこないます。

※以下は、その他の曜日に相談ができます。

◆認定NPO法人ビッグイシュ-基金

路上生活をされている方、ネットカフェ等にいられなくなった方に向けて支援を行っています。現在、事務所にて支援情報や、寄付でいただいた保存食、食券、衣類をお渡ししています

日時:毎週火・木曜日 いずれも午前11時〜12時

場所:新宿区水道町4-28 JC江戸川橋ビル2階(メトロ有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩5分、メトロ東西線「神楽坂」駅 徒歩7分、各線「飯田橋」駅 徒歩13分)※お訪ねの際はインタ-ホンを押してください

連絡先:電話:03-6380-5088

※この食料品配布は、東京都に非常事態宣言が発出されている間の緊急支援です

※緊急事態宣言などの動向によって、予告なく中止となる可能性があります 



◆特定非営利活動法人TENOHASI

池袋で活動する支援団体です。炊き出し・夜回りの時に相談を受け付けています。

夜回り 
毎週水曜日 21:30~ パン・チラシ・マスクなどを配りながら生活相談を行います。
場所 池袋駅前公園 (池袋駅東口から徒歩5分。通称うなぎ公園、ビックカメラ本店裏の一番奥にある水天宮裏)

炊き出し
毎月第2第4土曜日(5/23に実施します)
16:30衣料配布、17:00医療相談・生活相談18:00弁当配布
場所 東池袋中央公園 (池袋駅から徒歩10分 サンシャイン60のとなり)

問い合わせ 090-1611-1970 (事務局長 せいの)

以上

*随時更新いたします。掲載OKの支援団体さま、ご連絡くださいますと幸いです。北畠(sharinnouta.cafe@gmail.com)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします!現在フリーランスの研究者の卵ですので、いただいたご支援は調査研究活動に使わせていただきます。

123
フリーランス/デモクラティック・デザイナー/東京工業大学 後期博士課程(休学中)/社会への多様なコミットメントのあり方をデザイン/市民によるホームレス問題の調査や参加型まちづくりのプロジェクトを実施してきた。https://www.sharin.work/about

この記事が入っているマガジン

困った時に
困った時に
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。