見出し画像

コロナ禍で住まいを失う人が相談できる窓口紹介(東京)随時更新中

これまでネットカフェで生活していたり、不安定な就労状態にあった方など、コロナ禍の影響で貯金や手持ちの現金がない・泊まるところがない/なくなりそうという方も大勢いることと思います。このページでは、東京で「住まい」を失ってしまった方がどこに相談に行けばよいのかをまとめます。

公的窓口と拡散OKの民間支援団体の相談窓口をまとめます。手続きがスムーズにいかない場合もあるかもしれませんが、それはあなたが悪いわけではありません。そのときはどうか諦めず、民間支援団体なども頼りながら、今日泊まれる場所を確保しましょう。仕事を見つけるのも大変な世の中です。一時的に福祉的な制度を利用することをぜひ選択肢に入れてみてください。(随時更新。2021年4月13日11時更新)

東京以外の方や、より一般的な支援についてお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。相談支援や生活保護などの生活支援のご案内(厚労省)

1. 公的な支援

まず公的な支援について。

◆TOKYO チャレンジネット 

現在東京におり、主に就労を継続して自立した生活を目指している住まいの無い方が利用対象です。女性専用のフリーダイヤルもあります。

ある程度所持金があり、継続して就労を目指す方は、一定期間無料でビジネスホテルに滞在することができます。※まん延防止重点期間中(4/12~5/11)にホテルが確保されています。詳細はこちらから

相談受付窓口;月・水・金・土曜 10:00~17:00 /火・木曜 10:00~20:00  

場所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 東京都健康プラザハイジア3F(西武新宿駅徒歩2分またはJR新宿駅徒歩7分)

フリーダイヤル 0120-874-225   女性専用フリーダイヤル;0120-874-505 パソコンからの予約はこちら 携帯からの予約はこちら

上記のビジネスホテル提供は各区市の自立相談支援機関でも受けることができる場合があります(ただし、開始時期は自治体によって異なります)。

ホテル滞在後には、継続した就労を希望する方はその後最大4ヶ月滞在できる「一時住宅」に住みながら求職活動を行うことになります。住所が設定できると公的な貸付などを利用できます。

※ただし、上記の支援は現金給付や食事提供はありません。今現在ほとんど現金がない方や、体調などによりすぐに就労するのが難しい場合は、一時的にであれ生活保護を利用するのが現実的だと思われます。次の項目を参照してください。

◆各区市の福祉事務所

上記以外の方:現金がほとんど無い方や、継続しての就労が難しい方は福祉事務所で(一時的にであれ)生活保護を申請し利用するのが現実的です。

生活保護は誰でも(例えば若くても)受けることができる福祉制度なので、生活が立ち行かなくなりそうな場合は早めに積極的に利用してください。

生活保護を利用した場合も、現在は上記とは別ですが一時的にビジネスホテルを利用できる場合があります。あるいは、日割りの宿泊費をもらい、ひとまずの宿泊場所を確保できます。その間に、生活保護費で借りられるアパートを探すことになります。

区市によっては集団生活の施設を斡旋されるかもしれませんが、新規の利用者は原則個室での対応というルールなので、相部屋が嫌であればその旨を伝えましょう。厚生労働省の通知 (個室利用を原則とする通知。p7参照。)

きちんと対応してくださる区市もありますが、逆にスムーズにいかない場合もあるかもしれません。でも、それはあなたが悪いわけではありませんので、どうか気を落とさず、諦めないでください。その場合は、次の項目で紹介するの民間支援団体に相談してください。

都内の福祉事務所はこちら;福祉事務所一覧 

※生活保護申請の仕方がわからない・不安がある方は、以下を参照してください。わかりやすく解説されています。

生活保護を申請したいとき:東京の生活保護の申請窓口:ビッグイシュー基金がまとめている東京での生活保護申請の仕方。
路上からもできるわたしの生活保護申請ガイド:法律家によるわかりやすいガイドブックが無料でダウンロードできます。

※新宿でホテル利用し、期限延長知らされず退去した方は支援団体に相談を→新宿区からも案内が出ています


2. 民間支援団体への相談 

次に、民間支援団体への相談窓口です。

◆新型コロナ災害緊急アクション

新型コロナ災害が拡大する中で、仕事を失う、住宅を失う、大学に通えない方が増える状況を踏まえ、貧困問題を解決するために活動する団体により結成されています。
都内で住まいを失った方への支援を行う一般社団法人つくろい東京ファンドなどのスタッフが相談に対応しています。ご相談は下記リンクより。

【相談フォーム】新型コロナの影響で、お困りの方からのご相談を受け付けています


◆ホームレス総合相談ネットワーク

弁護士や司法書士など法律家のグループによる相談窓口です。無料で電話で相談可能

電話相談窓口;平日午前11時から午後5時 フリーダイヤル  0120-843-530 

お知らせ動画;コロナ感染症の影響で生活困窮した方へ。生活保護のすすめ!ほかにも生活保護申請の方法についての動画をUPしています。


◆自立生活サポートセンター・もやい

ネットカフェ等にいられなくなってしまった方,新型コロナ の影響で収入が減ってしまった方など、ご相談を伺います。相談会では、必要に応じて、宿泊場所の紹介や宿泊費の支援、生活費の支援、生活物資の提供、公的支援利用のためのサポート等をおこないます。

●相談会:
火曜11時~18時 (もやい事務所:新宿区山吹町362番地みどりビル2階) 
土曜14時~15時 (都庁前:都営地下鉄「都庁前」駅E1出口すぐ、もしくはJR新宿駅西口から中央公園に向けて歩く)※土曜は臨時相談。新宿ごはんプラスと共同開催 
●電話相談:火曜日12時〜18時, 金曜日11時〜17時 03-6265-0137
●メール:info@npomoyai.or.jp (随時)
●住まい探しの相談フォームはこちら (随時)

相談会では、必要に応じて、宿泊場所の紹介や宿泊費の支援、生活費の支援、生活物資の提供、公的支援利用のためのサポート等をおこないます。


◆特定非営利活動法人TENOHASI

池袋で活動する支援団体です。炊き出し・夜回りの時に相談を受け付けています。

●夜回り 
毎週水曜日 21:30~ パン・チラシ・マスクなどを配りながら生活相談を行います。
場所 池袋駅前公園 (池袋駅東口から徒歩5分。通称うなぎ公園、ビックカメラ本店裏の一番奥にある水天宮裏)

●炊き出し
毎月第2・第4土曜日
16:30衣料配布、17:00医療相談・生活相談18:00弁当配布
場所 東池袋中央公園 (池袋駅から徒歩10分 サンシャイン60のとなり)

問い合わせ 090-1611-1970 (事務局長 せいの)


一般社団法人Colabo 女子高生サポートセンター

虐待や性暴力被害にあうなどした10代女性を支える活動を行っています。

緊急事態宣言期間中、20代の女性にも相談・宿泊支援を行います。
緊急宿泊相談フォームはこちら  

コラボ画像

●10代女性無料のバスカフェ『Tsubomi Cafe』
水曜日18時~22時 新宿区役所前 または 渋谷・神宮通公園
開催日・場所はこちらをご確認ください。 

●その他のご相談は
HP:https://colabo-official.net
LINE(10代女性限定): @stw3060m 『Colabo』で検索すると公式アカウントが見つかります。

画像3


以上

*随時更新いたします。掲載OKの支援団体さま、ご連絡くださいますと幸いです。北畠(sharinnouta.cafe@gmail.com)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
北畠拓也

よろしければサポートお願いします!現在フリーランスの研究者の卵ですので、いただいたご支援は調査研究活動に使わせていただきます。

285
フリーランス/デモクラティック・デザイナー/東京工業大学 後期博士課程(休学中)/社会への多様なコミットメントのあり方をデザイン/市民によるホームレス問題の調査や参加型まちづくりのプロジェクトを実施してきた。https://www.sharin.work/about