スクリーンショット_2020-01-04_18

勉強法の本を100冊読んで、1000人の生徒に教えてわかった📚脳科学の基づいた成果が出る正しい勉強法【追記型】

みなさんこんにちは。テソル先生こと、フタガミダイキです。

突然ですが、勉強は好きですか?僕は、嫌いです。

正確には「結果が出ない勉強」は嫌いです。ですから、どうやったら結果を出せるかを常に意識していました。結果、海外の学校を首席で卒業するなど実績も出すことが出来ました。勉強でも運動でも、音楽でも、なんでもそうですが、やっぱりやったのに結果がでないから嫌いになることが多くあるように思えます。

ということは、勉強が嫌いな人も、やった分だけちゃんと力になっているのを実感できたら、面白くなると思いませんか? このnoteでは、みなさんがそれぞれの特性にあって勉強を出来ているかをチェックし、【結果が出る】すなわち【正しい勉強法】を身につけるための方法をご紹介します。

【追記型】の記事なので、随時更新していきます。リクエストも受け付けています^^


目次

1,勉強の「質」を高めるために必要なことはズバリ■■である!
・勉強の本質は暗記である
・定着度をはかる効果測定とは
・閃き力はどこからくるのか
2,記憶のタンスから「必要な知識」を「必要な時」に取り出す①~記憶しやすい情報とそうではないものの違いはなんと■■だった~
・脳の構造を理解する、ワーキングメモリと海馬
・記憶しやすい情報とは
・単純接触効果、テスト効果、分散学習
3,記憶のタンスから「必要な知識」を「必要な時」に取り出す②~わかるとできるは違う、実践編~
・単純接触効果の実践
・テスト効果の実践
・分散学習の実践
・エビングハウスの忘却曲線
・復習をするベストなタイミングとは
4,学習管理とは「やるべき時に、やるべき事を、やるべき場所でやる」そして、■■を前提に計画することである
・倒れない計画術
・悪循環を防ぐための事前準備
・未来に期待する人の性質とは
・極秘!スケジュールの立て方レクチャー
・門外不出のデータプレゼント
4,学習者タイプ診断【仮】
~coming soon~
5,1人でできるは最強!レベルに合った参考書の選び方【仮】
~coming soon~


さあ、ここまでしっかり目次を読みましたでしょうか?先を急ぐ気持ちはわかります。しかし、これからみなさんが正しい勉強法を身につけるために、これから書かれる内容の全体像を把握する必要があります。

ハッとした人はもう一度目次に目を通してみてください。そうして、「ここだけ読めばいいかな」という部分だけでも構いませんので、興味をもったところから読み始めてください。

それでは、はじめましょう。



勉強の「質」を高めるために必要なことはズバリ■■である!

画像1

勉強というと机に向かってカリカリ問題を解くことを思い浮かべるかもしれませんが、そうではありません。勉強とは暗記です。知識を頭に入れることが勉強です。そして、そこまで勉強してきたことがどれくらい暗記できているか効果を測定するのがテストです。ですから、机に向かおうが、ベッドの上だろうが、スマホを使おうが、友だちと一緒だろうが、頭に入りさえすればいいのです。

もちろん数学のような「閃き」が大事な科目もあります。しかし、この閃きも0から1のアイディアが生まれることはなく、過去に学んできた知識の蓄積があって、その小さな1つひとつが結びつくことで閃くのです。

知識の蓄積という意味では英語も同じですね。

in(im)-やex-と言った接頭辞は「中に」「外に」という意味があることがわかっていれば、importはport(港の) im(中に)なので、「輸入する」という意味、exportはport(港から) ex(外に)なので、「輸出する」という意味とわかります。

つまり、暗記してきた「量」が増えれば増えるほどいいのです。量をこなせばこなすだけ勉強の「質」は上がります。よく、質の高い勉強や、効率の良い勉強法について、小手先のテクニックだけを語る本や情報商材もありますが、本質は「量」です。

「そんなこと言ったら、結局は根性論なの!?💦」

と思うかもしれませんが安心してください。このnoteでは脳の構造から人が暗記するプロセスを学ぶことで、「定着度」を高める方法を紹介します。ですから、1個人の経験をもとにした勉強法ではなく、誰がやっても効果が期待できる汎用性が極めて高い内容です。

例えば、英単語100個を10分間かけて覚えようとする2人がいるとします。

Aくん:10個だけしか定着しない

Bくん:100個全て定着した

彼らの違いは何でしょうか?それはもちろん「やり方」の違いです。詳しく説明していきます。



記憶のタンスから「必要な知識」を「必要な時」に取り出す①~記憶しやすい情報とそうではないものの違いはなんと■■だった~

この続きをみるには

この続き: 4,947文字 / 画像16枚

勉強法の本を100冊読んで、1000人の生徒に教えてわかった📚脳科学の基づいた成果が出る正しい勉強法【追記型】

テソル先生@二神 大輝

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
1
EIMEI予備校塾長   ■英語を話せるようになりたい人 ■留学、海外旅行をしてみたい人 ■高校・大学受験に向けて頑張っている人   に向けて記事を書きます。毎日更新のブログはコチラから⇩ https://www.tesol-teacher.work/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。