見出し画像

はなとすむ vol.7 あじさい

(2019年6月7日作成)

梅雨入りしましたね。この季節、誰もが思い浮かべるのは「アジサイ」。アジサイは実はとってもフラワーベースにいけやすい花材です。たった1本で形が決まり、存在感を出してくれる花材なので、ぜひトライしてみてください。

アジサイをいける際には、茎の断面をしっかり出し、中のワタと呼ばれている白い部分をこそいでとりのぞくことで、水の吸い上げがよくなります。

今回、真っ白いアジサイに合わせたのは水色が爽やかなこのフラワーベース。

雨粒をイメージして選びました。葉っぱもすこしだけ残したほうが、色がひきたつようですね。

ただこのアジサイ、ちょっとご注意!ペットの犬や猫もちろん人も、うっかり口にしないように。アジサイには、毒のある種類もあるのだとか。もちろん、飾るだけなら大丈夫です。この毒があるために、鉢植えなどのアジサイは虫がつきにくく、育てやすいのだそうですよ。

和菓子村上のわり氷

雨で憂鬱…だなんて思わずに、トタン屋根に落ちる雨音のリズムを感じたり、お気に入りの傘や長靴を玄関に並べたり、カエルのコーラスに耳をすませたり・・・子どもの頃のように雨を楽しむ気持ちを忘れないようにしたいですね。雨音に耳をすませて、アジサイの傍らで水のように透きとおった干菓子を、いただきます。

▼今回使用したフラワーベースはこちら

フラワーベース WC

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
D-BROS(ディーブロス)は、グラフィックデザイナーがプロダクトを創造することにより、デザインの楽しさを伝え、それを新しい動きにしたいと、広告制作・グラフィックデザインを主としてきた株式会社ドラフトが1995年に立ち上げたオリジナルブランドです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。