gaogao
エス
見出し画像

エス

gaogao

Kindle Unlimitedで鈴木光司さんの「エス」を読みました。

2013年5月発行。

この本は当時ハードカバーで発売されてすぐ購入して読みました。

改めてKindleで読みましたが、相変わらず内容を全く覚えていなかったものの、めちゃくちゃ面白かったです。

今さら知りましたが、リングシリーズの5作目だそうです。
次作のタイド(これで完結)も今読んでいる最中です。

ざっくりとしたあらすじ

映像制作会社に勤める主人公が会社の社長から頼み事をされる。
その頼み事は、首吊り自殺をしている動画を見ること。
フラッシュメモリに入った動画をパソコンにコピーすると、首吊り自殺する人物の挙動が変わる。さらに他の媒体にコピーすると、また動画の中の人物が違う動きをする。

この動画をきっかけに、謎を解明すべく動き出す主人公。
中盤からはあの「リング」の物語に関わって行きます。

すごい展開

首吊り自殺動画のリアルな描写で心臓が弱りました 笑。
そして、並行して進む、息をつかせないハラハラしたストーリー。
あっという間に読んでしまいました。

特にすごいのが中盤からリングシリーズの物語と繋がっていく展開。

リング、らせん、ループ、バースデイ、と連作で作品がありますが、改めて過去の作品を最初から読みたくなりました。

気になった部分を引用

腐ったリンゴの話から。金八先生の腐ったみかんの考えとはまたちょっと違う視点です。

正常なリンゴは、最初に腐敗したのが、自分ではなく、Aであったことに安堵し胸を撫で下ろすべきであって、憎しみでこれを打ち据えてはならない。

ところで、百個並んだリンゴが全て腐らないという社会は可能だろうか。そのためには、強力な防腐剤を多量に撒かざるを得ず、自由、活力、快楽、喜びなどが失われることになる。すべてのリンゴが腐らない社会は、幸福になるチャンスを全てのリンゴから奪うというジレンマを生む。

自然の摂理に任せて一個が腐る社会を是とするか、厳罰主義のファシズムによって抑圧し、腐敗の芽を摘み取る社会を是とするか。

人(人に限らず生き物)が生きていく社会では、数パーセントは遺伝子的なものも含めエラーが生じることがある。異質な性格を持った人物が生まれない社会を作るのは難しいのかも。

愛について↓

心配の種は尽きることがない。しかし、愛するとは、もともと、そういうことなのだ。心配を含め、すべてを引き受けなければならない。

人の単位について。人生が終了しない限り、次の次元へ移動することができない↓

ここで肝心なのは、情報には単位があるということなんだ。例えば、遺伝子とは、ひとかたまりになった情報の単位であり、DNAの二重螺旋からRNAに転写されるときは、読み込みの開始コードと終了コードが必要となる。

人間も同じだ。一旦、終わらせなければ、ひとりの人生という情報のまとまりにはならず、次元を超えて移動することはできない。
人間は、生きたまま天国に行くことはできない。

宇宙の摂理に愛があってはならない。
人に生まれた限りはとことん愛せよ↓

神は万能であると言ったが、実は、ひとつだけできないことがある。何だかわかるか。人を愛して、子供を作ってはいけないのだ。愛すると言っても、アガペーのことではない。エロスとしての、愛だ。
なぜ、神は人を愛し、子を作ってはいけないのか。愛して、子が生まれれば、そこに激しい執着が生まれるからだ。
次元を超える旅を、永遠に宿命づけられている者は、エロスをともなった生々しい愛に、身を浸してはならない。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
gaogao
本の感想をメインに記事を投稿しています。 Amazonアソシエイト・プログラムに参加。