見出し画像

アートディレクタについて

ゆめみのアートディレクタ

アートディレクタとは、一般的に視覚的表現をディレクション(デザイン)するお仕事と定義付けられているかと思います。
ゆめみで少し違うのは、アプリ制作が事業の中心ですので視覚的表現部分に主軸を置きつつ、クライアントワークやヒアリング〜企画を通じUXにも積極的に関わり、その後の開発にまで広範囲で案件に関わっている点です。
以下に具体的にゆめみのワークフローを題材にし何を行なっているのかを説明します。

ヒアリング

営業やプランナー、プロジェクトマネージャーらとともにクライアント先に赴き、ヒアリングを行います。
ここではUXチームと共にリサーチや分析を行いクライアントが求めているものを明確にし、より目的に沿った体験を考えデザインの方向性を固めていきます。

UIデザイナーのアサイン

ヒアリングの結果をもとにして、制作を進めるために必要なUIデザイナーをアサインします。現在デザイナーのアサインは個々の成長を促す為大胆な方針をとっています。それは完全立候補。やりたい・興味があるを案件理解へのモチーベーションにし、実務での経験値を高め成果物のクオリティUPを目指します。
個人的思い込みでのアサインを無くし、デザイナーの個性・感性を磨くきっかけを与えられるアサインにできるように、デザイナーと共に成長をしていきたいと思い試行錯誤をしているところです。

企画・デザインの決定

往訪を繰り返し基本的には要件定義フェーズにて、企画・デザインを決定していきます。企画はUXチームのプランナーやプロジェクトマネージャーと主に考え、デザインはUIデザイナーと考えます。案件よっては比較的早い段階から開発メンバーとも企画・デザインの相談を繰り返します。
僕自身が企画段階で大切にしているのは定量だけではなく、定性的な考えや時にはユーモアをもって発案する事。どんどんテンプレ化していく時代ですので感性や感覚をどのように表現し、個性的で魅力的なものを作れるのかを考えています。

クライアントへのプレゼン

決定した企画・デザインにもとづいてクライアントへプレゼンを行い、OKが出たら実際の制作に入っていきます。

制作・開発

特にこのフェーズではクライアントワークも重要なお仕事になります。お客さま(クライアント)の意向をどう表現するのかをお客様と一緒に考え提案をします。

作るものが決まり、実際の制作・開発フェーズにすすめばデザイナーと開発者の橋渡しが大切になりますが、この橋渡しが最重要事項として現在一番課題意識を持っています。
開発メンバーから聞いてない・知らないと言われることの無いよう、どのフローから開発メンバーのアサインをしたらいいのか、どのタイミングで仕様説明をすればいいのか、またもらったレビューをどう活かせばいいのかなど、課題はあげればキリがありません。
ゆめみのアートディレクターはデザインから開発、さらには開発後の遷移・表示チェック、仕様通りになっているかの確認も行い開発メンバーとも密にコミュニケーションをとります。

その後テストや受け入れなどを経てリリース。
以上が代表的な案件での制作フローになります。

その他の仕事

営業とともに案件前のお問い合わせにいただいた会社への往訪、また提案やコンペ参加も行います。提案ではデザイン方針とアプリの提案、その際にデザインまで制作し提案します。

最後に

ゆめみでは珍しいことに肩書きが自由につけられます。僕は転職当初はデザイナー兼ディレクタとしていましたが、2018年にCDCを設立したタイミングでアートディレクタと肩書きを変えました。※1
株式会社ゆめみは開発力でアプリ・WEB業界を生き残ってきたIT企業ですが反面デザイン文化が無く社内の目線は基本開発者目線で、デザイン業界からの転職組の僕はとても戸惑いました。ですが受託を行う以上必ずクリエイティブ力は不可欠だと信じCDCを設立しアートディレクタの重要性を浸透させるために活動を続けていきます。
その先に想像もできない変化の波に乗りまくり、面白く魅力的な何かを作る人間でいたいと思っています。

※1 転職前はアートディレクタ兼デザイナーとして活動をしていました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!感激!雨あられ
13
小川段(おがわだん)です。 株式会社ゆめみ所属アートディレクター/デザイナー。 紙→web→アプリとステージを変えつつ制作中。 奈良出身 2児の父、座右の銘は変化。

こちらでもピックアップされています

UX/UIデザイン
UX/UIデザイン
  • 102本

ゆめみのUX/UIデザインについてまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。