見出し画像

クリエイティブデザイン委員会とは

株式会社ゆめみ アートディレクターの小川です。
今回は昨年2018年4月に社内に設立された「クリエイティブデザイン委員会(以下CDC)」とは何か、なぜ設立したのかを書いていきます。

株式会社ゆめみとは

そもそもゆめみって?と思われる方も多いと思いますので、簡単に説明を。
株式会社ゆめみは2000年に京都で設立。現在メインはアプリの制作開発になります。最近は代表の片岡が思考や様々な制度を発表していますので是非ご覧ください。
<代表:片岡note https://note.mu/raykataoka

設立理由

元々ゆめみにはデザイナーが少なくUIデザインを外部のパートナーにお願いすることがあり、貴重なUXUI設計の知見が社内に貯まっていませんでした。
内製の場合でもプロジェクトごとに担当デザイナーが工夫して取り組んでいたものの、人数が少ないこともあって知見の共有がなされておらず、属人的な体制になってしまっていたのが実情でした。
そこで会社組織(委員会)としてCDCを設立。上記問題解決のために有志が集まり、ゆめみのクリエイティブ強化を目指し活動を始めました。

何をしているのか

設立から一年は本当に手探りでした。何が本当に必要かどうすれば成長につながるかなど試行錯誤の結果、二年目の現在CDCの大きな柱は以下4つになりました。
■デザインデータベース構築
ゆめみとしてのデザインの知見を貯めていく、もっとも重要なプロジェクト。
■イベント・カンファレンス参加
インプットを目的とし国内外のカンファレンスやイベントに積極的に参加しています。
■UIデザイン強化プログラム
Daily UIを元にしUIデザインの強化をめざすプログラム。公開デザインやSlackを使い社内レビューなどを行なっている。
■オリジナルアプリ研究
CDCの研究開発という位置付け。自由にアプリをつくるプロジェクト。
全ての企画チームがリリースを目指すのではなく、ゴールはそれぞれのチームに任されてます。

それぞれは今後詳しく紹介していこうと思っていますが、この4つの柱を通じ個人の成長とゆめみの成長、クリエイティブの強化を目指し活動しています。

今後社外へのアウトプットの一環としてCDCの活動をnoteにて公開していきますので、よろしくお願いします。

<追記 7/26>
PR TableでCDCについて記事になりました。こちらもご覧ください。
https://www.pr-table.com/yumemi/stories/24277

<追記 2020年4/28>
2020年2月にデブサミに登壇した際に使用したスライドを公開します。https://speakerdeck.com/dan_ogawa/about-cdc

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!感激!雨あられ
16
小川段(おがわだん)です。 株式会社ゆめみ所属アートディレクター/デザイナー。 紙→web→アプリとステージを変えつつ制作中。 奈良出身 2児の父、座右の銘は変化。

こちらでもピックアップされています

UX/UIデザイン
UX/UIデザイン
  • 97本

ゆめみのUX/UIデザインについてまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。