見出し画像

気づけばボルダリングが趣味になっていた。

登山のことばかりになりそうなので、ここで一息。今回は別の趣味である、ボルダリングの話です。

今では当たり前になったものの、以前は趣味になるとは思っていませんでしたが、本格的にはじめてもうすぐ1年が経ちそうなので、あれこれ書いていきます。

▲登山が生活の一部

何年か前に友人と勢いでボルダリングジムに行ったものの、そう長くは続きませんでした。平日の仕事終わりに行くこと、休日に大好きな登山の時間を割いてボルダリングに行くことも当時は考えられなかったため、定着しなかったのです。

平日は基本的に仕事が終われば即帰宅、隙間時間や通勤中もだいたいは登山のこと、情報集めなどに時間を使っています。週末に向けた準備です。

そして週末は登山

雨の日は?というと、カフェかどこかしらでゆったり登山の情報集めです。

客観的に見ると、山に縛られてる感があるのかもしれませんが、まわりの山好きはだいたいこんな感じだし、何より山が好きです。

ということもあり、新たにボルダリングを追加する余裕がなかったのです。

▲思いもしないきっかけ

そんな生活にボルダリングが徐々に浸透してきたきっかけが、社長と同期との食事での会話です。

その頃、ちょうど社内イベントが開催されるようになってきて、ボーリングやバーベキューがありました。他に何がやりたい?ということで、ボルダリングがあがりました。なぜボルダリングが出たのかははっきり覚えていませんが、社長や同期もやってみたかったということで、話は早かったです。

社内コミュニケーションとして、大々的にではありませんが、メンバーを募り、ボルダリング部(仮)がスタートしました。

▲生活の一部へ

会社でのボルダリングも月に何度か、定期的な開催となり、時間が経つにつれて、徐々に生活の一部としても定着し始めました。

休日も、プライベートでお世話になっている先輩がボルダリングをガシガシやっているということで、外岩へ連れてっていただきました。
外岩は自宅から30分程度で行けることもあり、今は一人でも通っています。

当時は考えられなかったことも、思わぬきっかけで、当たり前になるんだと、改めて考えさせられています。

きっかけは人それぞれですが、私の場合は会社でした。おかげさまで、普段会話する機会がない他部署の方とも交流することができ、以前と比べて、社内での生活がはるかに充実しました。そんな機会をくださった会社、社長、同期、みなさんに感謝しています。

それでは、本日もがんばりってまいります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
Webの力を通して伝えられること。プライベートと仕事、アウトドアとWeb制作のあれこれ。よろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。