亀田泰志

栃木県佐野市で13年前に新規就農した初代米農家。米の生産と米加工品を製造販売をする農業生産法人(株)わくわくお米本舗を経営しています。また、中小企業診断士の資格を持ち、経営コンサルタントとしても仕事をしています。

亀田泰志

栃木県佐野市で13年前に新規就農した初代米農家。米の生産と米加工品を製造販売をする農業生産法人(株)わくわくお米本舗を経営しています。また、中小企業診断士の資格を持ち、経営コンサルタントとしても仕事をしています。

    マガジン

    • 農作業動画

      ドローンやGoproを使って、普段の農作業動画を作ってみました。私たち農家の日常を動画でお楽しみください。

    • 新規就農物語

      単なる元サラリーマン。気がつきゃ初代米農家。そんな私の新規就農して今までに起こったこと、思ったこと、考えたことなどをつらつらと書いています。

    ストア

    • 商品の画像

      【きまぐれプレミアム】もはやデザート?黒糖をたっぷりからめた玄米スナック

      【期間+数量限定!早い者勝ちの試作品】~できれば、おひとり様1個でお願いします! 「玄米スナックを黒糖を絡めたらおいしいよね。」と黒糖好きの娘がぽつり。 「それ、絶対においしいやつ!!」と和菓子好きの息子がにこり。 「ネット限定でプレミアムシリーズで売ると儲かんじゃね?」とお金好きな父がにやり。 「よし!とりあえず作ってみよう!!」とチャレンジ好きな母がオッケー牧場。 作ってみたら本当にうまかった。なので、限定特別価格でテスト販売してみることに。(←今ここ!) かりんとうほどしつこくなく、黒糖の甘味を堪能できる絶妙な組み合わせ!特別価格でご提供します!なので、買った人はぜひ食べた感想をレビューしてくださいね。よろしくお願いいたします。 【こだわりの作り方】  自家製のもち米を餅にしてカット、乾燥させたものを米油でひとつずつ丁寧に手揚げしています。油もいろいろな種類を試しましたが、米油が一番さっぱりとしていました。  また、カットする厚さも1mmから7mmまで試作し、多くの人に試食してもらいました。薄い方がポテトチップのようにサクサクしますが、油を感じてしまいます。これは男性には好評でしたが、女性は油を感じすぎるという理由で不人気でした。逆に厚すぎると油は感じないものの堅くなってしまいます。試行錯誤を重ねた結果、最終的には4mmの厚さに落ち着きました。  その玄米スナックを沖縄県産の黒糖をじっくり煮詰めた飴と絡めて仕上げました。やっぱり国産黒糖は風味が違いますね。
      400円
      わくわくお米本舗
    • 商品の画像

      【きまぐれ旅土産】高知といえばやっぱり坂本龍馬でしょ!~龍馬缶バッチ1個付き玄米スナックセット

      【坂本龍馬の缶バッチが1個付いてくる!】 弊社の一番人気「玄米スナック」の5個セットに高知市にある坂本龍馬記念館で購入した坂本龍馬の「ぜよ!バッチ」を1個つけたプレミアムセット!缶バッチの色はおまかせ!限定5セットの早いもん勝ちです!! 【坂本龍馬と弊社のかかわり?】  司馬遼太郎さんの小説「竜馬が行く」、小山ゆうさんの漫画「お~い、竜馬」を読んで竜馬が好きになった副社長(旦那の方)。昔からずっと好きな歴史上の人物!というだけのかかわりですが、小説や漫画を読んだとき、子供ながらに彼の考え方や人柄に感動したのを覚えています。  高知へ行くたびに訪れる坂本龍馬記念館。もちろん、成し遂げた偉業などはすばらしいですが、記念館にある乙女姉さんにあてた手紙などが竜馬の人柄を表していて大好きです。記念館自体も新館ができて展示内容がパワーアップしていて楽しかったです。  高知に行ったら是非訪れてほしい観光スポットですね! 【入っているもの】 ・玄米スナック(塩、ごま、のり、えび、七味を1個ずつ)計5個 ・竜馬の「ぜよ!バッチ」×1個 ・わくわくお米本舗の缶バッチ♪×1個
      1,620円
      わくわくお米本舗
    • 商品の画像

      わくわく米 10㎏

      当店自慢のコシヒカリ。10㎏の袋入りです。
      4,200円
      わくわくお米本舗
    • 商品の画像

      【きまぐれプレミアム】もはやデザート?黒糖をたっぷりからめた玄米スナック

      【期間+数量限定!早い者勝ちの試作品】~できれば、おひとり様1個でお願いします! 「玄米スナックを黒糖を絡めたらおいしいよね。」と黒糖好きの娘がぽつり。 「それ、絶対においしいやつ!!」と和菓子好きの息子がにこり。 「ネット限定でプレミアムシリーズで売ると儲かんじゃね?」とお金好きな父がにやり。 「よし!とりあえず作ってみよう!!」とチャレンジ好きな母がオッケー牧場。 作ってみたら本当にうまかった。なので、限定特別価格でテスト販売してみることに。(←今ここ!) かりんとうほどしつこくなく、黒糖の甘味を堪能できる絶妙な組み合わせ!特別価格でご提供します!なので、買った人はぜひ食べた感想をレビューしてくださいね。よろしくお願いいたします。 【こだわりの作り方】  自家製のもち米を餅にしてカット、乾燥させたものを米油でひとつずつ丁寧に手揚げしています。油もいろいろな種類を試しましたが、米油が一番さっぱりとしていました。  また、カットする厚さも1mmから7mmまで試作し、多くの人に試食してもらいました。薄い方がポテトチップのようにサクサクしますが、油を感じてしまいます。これは男性には好評でしたが、女性は油を感じすぎるという理由で不人気でした。逆に厚すぎると油は感じないものの堅くなってしまいます。試行錯誤を重ねた結果、最終的には4mmの厚さに落ち着きました。  その玄米スナックを沖縄県産の黒糖をじっくり煮詰めた飴と絡めて仕上げました。やっぱり国産黒糖は風味が違いますね。
      400円
      わくわくお米本舗
    • 商品の画像

      【きまぐれ旅土産】高知といえばやっぱり坂本龍馬でしょ!~龍馬缶バッチ1個付き玄米スナックセット

      【坂本龍馬の缶バッチが1個付いてくる!】 弊社の一番人気「玄米スナック」の5個セットに高知市にある坂本龍馬記念館で購入した坂本龍馬の「ぜよ!バッチ」を1個つけたプレミアムセット!缶バッチの色はおまかせ!限定5セットの早いもん勝ちです!! 【坂本龍馬と弊社のかかわり?】  司馬遼太郎さんの小説「竜馬が行く」、小山ゆうさんの漫画「お~い、竜馬」を読んで竜馬が好きになった副社長(旦那の方)。昔からずっと好きな歴史上の人物!というだけのかかわりですが、小説や漫画を読んだとき、子供ながらに彼の考え方や人柄に感動したのを覚えています。  高知へ行くたびに訪れる坂本龍馬記念館。もちろん、成し遂げた偉業などはすばらしいですが、記念館にある乙女姉さんにあてた手紙などが竜馬の人柄を表していて大好きです。記念館自体も新館ができて展示内容がパワーアップしていて楽しかったです。  高知に行ったら是非訪れてほしい観光スポットですね! 【入っているもの】 ・玄米スナック(塩、ごま、のり、えび、七味を1個ずつ)計5個 ・竜馬の「ぜよ!バッチ」×1個 ・わくわくお米本舗の缶バッチ♪×1個
      1,620円
      わくわくお米本舗
    • 商品の画像

      わくわく米 10㎏

      当店自慢のコシヒカリ。10㎏の袋入りです。
      4,200円
      わくわくお米本舗
    • もっとみる

    最近の記事

    今年の米作りを振り返って

     今年も残すところ、20日ばかり。寒さも強まり、本格化な冬の訪れを感じます。  今年の米作りは大きな台風もなく、比較的穏やかに収穫まで辿り着くことができました。とはいえ、収益的にはコロナの影響もあり、全体としてなかなか厳しいと言わざるを得ません。  コロナ前に、自分で値段を決められない米作りが嫌で、頑張って営業して、時間はかかりましたが、系統出荷(JAなどに販売すること)から抜け出すことができました。しかし、コロナの影響で、飲食店を中心とした取引先の米需要が激減し、昨年はあ

      • 再生

        田植えを真上からのぞいてみた。

        田植えしているところをドローンで真上から撮影してみた。水の入った田んぼがきれい!乗っていると大きく感じる田植え機も真上からだとなんとちいさいこと。

        スキ
        2
        • お米に関する独特な単位?

          いろいろな単位 私が新規に就農した時に、まず戸惑ったのが面積を表す「町」や「反」、「畝」などの単位。いまいち広さがピンと来ませんでした。それ以外にもお米農家をやっていると、「ha(ヘクタール」「a(アール」「俵」「升」「合」などいろいろな単位と出会います。  その中でもなじみがなかったのが、「うちの米の乾燥機は23石の大きさだよ。」の「石(こく)」!  でも、確かに日本の歴史でも「加賀百万石」なんて言い方しますよね。または、「1万石以上が大名!」なんて習いました。いったいこ

          スキ
          3
          • 再生

            農作業動画 代かき編

            お米作りの第一歩。田んぼに水を入れて水田にしていく代かき作業。どんな風にやっているのか、ドローンを使って撮影してみた。

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 農作業動画
            亀田泰志
          • 新規就農物語
            亀田泰志

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            なぜ農業をはじめたのか?

             農家出身でもなく。農学部を出たわけでもなく。子供の頃からの夢であるわけでもなく。米農家になって15年。そもそもなんで農業をはじめたのか?  それは、正直言うと「なんとなく」です。その時にできること、楽しいと思えること、わくわくすることを流されるままにやっていたらいつの間にか農家になっていたという感じです。  そもそも明確な夢とかビジョンとかをはじめから持っている人って、なかなかいないですよね。そんなもんはやりながら、動きながら形が見えてくることが多いかと。目の前のことを

            スキ
            3
            再生

            トラクタ作業をタイムラプスで撮影してみた♪

            暇だったので、トラクターで田んぼを耕耘するときにタイプラプスで撮影してみた。

            スキ
            1

            新規就農で大変だったこと~農地編②

             はい。新規就農時の農地を借りるお話の続きです。まぁ、農地を借りること自体が思ったより難しい話はしました。今後はその農地選びのポイントです。私も新規就農時に焦って借りた農地が負の遺産。結局草刈りだけするはめになります。 【作りやすいかどうか】  形と面積。作るものによりますが、もちろん、四角で大きい方がいいですね。耕耘しやすいし、隅まで使える。小さな三角なんで最悪です。台形もやりにくいですね。 【水】  野菜であれば、井戸の有無。有るなら最近の水位(もう枯れる寸前の井戸も

            スキ
            2

            新規就農で大変だったこと~農地編①

             まず、親か祖父母が農家ではない場合、農地を賃貸することも購入することもできません。農業を始めるときに最初に立ちはだかった壁でした。それではどうやれば農家になれるのでしょうか。  いろいろ調べると、農地法という法律があり、それに基づいて農地法3条許可というのをとらなければならないとのこと。市役所にある農業委員会なんて初めて行きました。その申請には5反以上の農地(私の地域)を賃貸、もしくは購入する段取りをしてから申請し、面接を受けて合格すると「農地を賃貸する許可」をもらえて晴

            スキ
            2

            新規就農で大変だったこと~農業機械編

             私は農家の生まれではありません。なので、新規に就農したときに大変だったことの1つに農業機械の入手がありました。鎌や鍬から買わなければなりませんでした。農業機械には大きなものから小さなものまでいろいろあります。もちろん、栽培する作物によって必要なものが違います。  なので、今回はお米農家になるための機械に絞ってお話しします。まずはなによりトラクター!農家は高級車に乗っている、なんて揶揄されますが本当にその通りで、トラクターもそこそこの馬力のものを買うと500万から800万も

            スキ
            8
            再生

            田植えの風景 in2020

            田植えを上から見るとこんな感じになります。

            スキ
            2
            再生

            秋の収穫風景 in2020

            2020年の収穫風景をドローンやGo-Proなどで撮影してみました。

            スキ
            2