「声」で信用も知名度も獲得できる時代
見出し画像

「声」で信用も知名度も獲得できる時代

こんにちは、ダイスケです。
noteでは初公開となる記事になります。

最近は筋トレ不足か寒さにめっぽう弱く寝ている時にも妻の布団を
まくりあげ自分で巻き込んでしまうほど本能レベルで防寒をしておりますw

早速本題ですが
とうとう自分でも情報収集方法についての細分化を
肌で感じるようになってきました。

(体感遅くない?とか気にしない)

昔のブログのライター時代
最近のYoutubeの動画時代
そして現在は声の配信もその中に入ってくる印象ですね。

ただ、音声の時代が来るとは5年前から言われてきた事でもありますw
それでも今最注目を浴びている理由は
僕が配信しているスタンドFMがを始め、収益化する流れが始まり
Youtubeなどで個人の配信で生活する人の認知が広がりマジョリティが確率された事もあり人気が集まっていると推測しております。

そこで自分でも身に付けたい知識は音声コンテンツに求められるニーズです。

ライブ配信のように、リスナーと和気藹々と配信を楽しむのか
それとも、もくもくと価値のある情報を流し続けるのか?

元情報教材屋の僕としても興味はそこの一点に集中します。

音声コンテンツやその他の稼げる系のネタについては仕事柄
ある程度情報として入っていますので、今回は僕なりに
音声コンテンツのスタンドFMを体験し、得た学びで
若干フライング気味ではありますが、
ノウハウをシェアしていきたいと思っております。

今回伝える内容は主に収録配信を指してお伝えしております。

★音声コンテンツ攻略、2つの前提

まだまだ音声配信界隈のノウハウは定着しておりませんが
僕の経験上の見立てだとこのあたりが間違いないのかな?と。

・音声コンテンツ(ラジオ)とYoutubeは完全な棲み分けができている

・音声コンテンツで天下を取るには言葉で感情を伝える事が上手な人

このように考えております。


まず、動画の視聴者とラジオリスナーには完全な棲み分けがあります
簡単に言えば、動画は視覚メイン、音声は聴覚メインで情報を提供するコンテンツであり、生活のリズムや環境によって楽しめる時間は大きく左右する訳です。

※2020年9月18日~9月23日の間で週3回以上SNSを利用していると回答した800名の方を対象にアンケート

Youtubeを見ている回答したのは全体の79.5%

そのほとんどは、視覚を使い、聴覚も使う。
いわば全集中でYoutubeに時間を使う訳です

※トレンダーズ株式会社の調べ


一方のラジオに関しては
1200人中600人の方がラジオを聞いていると回答
その中でも「ながら作業をしながら視聴する」と回答する方が
半分以上7割未満。

※日本トレンド調査調べ

Youtubeとラジオは相反するコンテンツである事から棲み分けは完全にできており(ます好きな人は動画もラジオも聞くでしょうが)
ラジオ配信については視覚を奪わないコンテンツである事から”ながら作業”として楽しむ方の方が多いのは事実なのです。

まとめると
・聞き手のニーズとして”ながら作業”を軸にラジオ配信を行うと
長い目で見れば注目される可能性が高い訳ですね。


次に音声コンテンツで天下を取る人は
感情を上手に相手に伝えれる人だと思っております。

その理由も単純で「声」は
感情を込める事で相手に濃い情報を与えれるからです。

重要なのでもう一度言いますが濃い情報を与えるって事がとても重要です。

自体の好き嫌いはありますが、個人的な見解は抜きにして
大事な情報でも声+感情のセット配信をしなければ
相手に心では通じてもらえません。

近い所で例を上げれば、人工知能の読み上げ機能です
知らない方もいるかもしれませんが、Kindleなどの電子書籍を人工知能に読んでもらう事ができるのですが・・・

あれ、一切内容入ってこねぇーなぁ。と笑

僕が使っているアマゾンのサービスAudibleについても似たような部分があって、小説などはとても感情が入っており聞きやすいのですが
ビジネス書や自己啓発本になると、あえて感情を殺して文章を読み上げていると・・・

ただでさえも、集中して聞いてやっと頭に入ってくる内容ですが
”ながら作業”中に聞ている場合は、もちろん内容もろとも入ってこない訳です。

「あれ?もう終わっているな。あまり聞いてなかった」となるのがオチw

つまり逆に感情をはっきり伝える事ができない配信者や淡々と情報を伝えている配信者にニーズやマネタイズのチャンスは難しくなるな、と思う訳ですね

ながら作業をしながら、聞かれている事を意識しつつ
相手の感情を揺らせるように、自分でも感情を込めるて配信するべきだと思います。

以降の記事では、そのアンサーをつらつら並べていこうと思います。
ご興味のある方は是非。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
引きこもりの家族持ち ダイスケです。 過去【情報教材屋】として ”稼ぐ系ノウハウ”を中心に制作 この経験から ・最新のノウハウ ・セールスレター ・ブランディングの知識を習得。 noteを通してシェアさせて頂きます。 現在はアフィリを中心に年収1000万程度。