見出し画像

「バーチャルタレント富士葵と行く!JTBオフィシャルツアー」に参加してきました

2019年2月16日(土)~2月17日(日)に行われた
バーチャルタレント富士葵と行く!JTBオフィシャルツアーに参加してきました。

その旅行があまりに楽しかったので、その思い出を写真を交えながら記録に残そうと思います。
不特定多数が見られる場所に公開する都合上、個人名などは書きませんが、
ツアーでご一緒させていただいた歌劇団の皆さんには最初に心より感謝を申し上げます。
最高に楽しい時間を共有してくれてありがとうございました。

ツアーのまとめは最後に書くので、これからは旅行の足跡を時系列順に追っていきます。

・バス(行き)

バスは休憩含んでおおよそ2時間程度乗っていたのですが、バス内限定の動画が流されました。
時間はおよそ10分の動画が3本で、行きはビルの話や葵ちゃんのお風呂、温泉の入り方、台湾旅行の話などが聴けました。
「ビルの話ってなんやねん!」って思われるかもしれませんが、葵ちゃんはビルフェチだそうですw
そのうち葵ちゃんオススメのビルの写真が投稿されるかも?

・サンドブラスト体験

ホテルに行く前に「河口湖体験工房クラフトパーク」さまにてサンドブラスト体験をしました。

あらかじめ用意された絵を書き写して、テープが巻かれたグラスに絵を転写してカッターで切り抜くのですが、
こんなに集中したのは学校の図工の時間以来でしたw
体験コースは90分だったので余裕だと思っていたら想像以上に難しくてミニ葵ちゃんを選んだのを後悔しましたが、
出来上がりを見てみると意外にも良い出来に見えるので不思議です。
作業中に各テーブルを葵ちゃんが挨拶をして回ってくれたのですが、葵ちゃんを見ていると作業する手が止まるという罠があり、グラスを完成させたいけど葵ちゃんも見たいというジレンマに陥りましたw
そして店内になんと葵ちゃんのサインが飾ってあります!

・旅館

旅館は「ホテル美富士園」さまにお世話になりました。

旅館の玄関をくぐって最初に思ったことが「本当に富士葵に占拠されてる!」でした。
いたるところに葵ちゃんがいて、ここは歌劇団の聖地だと思いました。
今回のために作ったポスターや、スタンプラリー、ロビーに展示されていたボードゲームや焼肉パズルなど、旅館を探索するのが本当に楽しかったです。
あと旅館のご飯がとても美味しかったです(重要)
そして部屋から見る富士山は美しかったです。
本当に良い旅館でした。

・宴会

宴会場で食事をとりながらの企画や歌やお話など、本当に楽しい約3時間でした。(撮影は禁止だったため写真はなしです)
たぶんこのツアーで一番濃い時間だったかもしれません。
最初は葵ちゃんに関するクイズ対決(勝てば葵ちゃんに好きなセリフを言ってもらえる)をしました。
正直難易度が高い問題が多かったですw(一部簡単な問題もありましたが)
次に歌の時間でした。セトリは以下の通り。
・ベストフレンド
・ミルクティー(ショートver. 作詞作曲:富士葵)
・創聖のアクエリオン
・ガーネット
「ベストフレンド」は歌劇団の皆さんにベストフレンドになって欲しいという意味を込めて選曲したとのことです。今回のツアーで歌劇団の繋がりは確実に強まりました!
「ミルクティー」は男の子と女の子のエモい歌詞で早くフルバージョンが聴いてみたいと思いました。作詞作曲までできる葵ちゃんは多芸です。
そして創聖のアクエリオンで歌劇団の皆さんで「あいしてるー!」と叫んだ時の一体感はとても心地よかったです。
アクエリオンの途中でトラブルがありましたが、その間は司会のみずほさん(TGSでも司会をされていた方です!)が葵ちゃんの好きな動画の話題などで上手につないでくれました。流石みずほさんです。
「ガーネット」は今までたくさんリクエストをもらっていた曲だそうです。
自分語りで恐縮なんですが、この曲めっちゃ好きなんです。特に
「あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう
思い出さなくても大丈夫なように
いつか他の誰かを好きになったとしても
あなたはずっと特別で 大切で」
の歌詞がオタクの自分に突き刺さるんです。
長くオタクをしていると、好きになったアイドルや声優さんを理由は様々ですが推せなくなる時がいつか来きます。
だから推しは推せるときに一生懸命に推そう、とかしんみり考えていました。
そしてそこからしばらくは葵ちゃんが各座席を順番に回ってお話をしてくれました。葵ちゃんが他の席を回ってる間に歌劇団同士で自己紹介したり食事をとったりしました。
その後は葵ちゃんのバディ体験のコーナーで、3名の方がキクノジョーの代わりに葵ちゃんと3分間ずつ掛け合いをされました。
葵ちゃんの無茶ぶりが凄かったですが、3名ともちゃんと返しができていてやりおるマンだと思いましたw
最後はアンコールで「はじまりの音」を全員で合唱しました。
ここで感極まってちょっと泣きそうになったのは秘密です。
サイリウムで富士山を描く動きはぜひ皆でやりたかったので、できて嬉しかったです。

・温泉

温泉に入る前の休憩所?のようなところではSuper Bunny Manの動画が流されていました。
その時間なんと55分超え!いつかYoutubeに上げる予定はあるのか聞いてみたところ、上げたとしても編集したものになるそうです。
作業用動画として使いたいのでぜひフルで上げて欲しいですw
そして温泉では葵ちゃんの温泉ウンチクトークが約10分流れていました。
時間によっては、狭い露天風呂の中に全裸の歌劇団がすし詰めになりながら葵ちゃんのトークを聞くという、地獄絵図が展開されていたことをご報告しておきますw
写真は当然ありません。

・葵の部屋

富士葵の部屋なる部屋が公開されていたのですが、すごくリアルに作られていてびっくりしました。
布団の乱れ方とか、テーブルや床の散らかり方が真に迫っていて、本当にさっきまで葵ちゃんが部屋にいたかのようで、見学してドキドキしました。
少し散らかりすぎな気もしましたが、それもまた葵ちゃんらしいと思いましたw
葵ちゃんは色んなものに自分の名前を書くくせがあるようです。
あとキクノジョーが入っている棚が禍々しすぎて笑いましたw
ちなみに掛け軸の達筆な文字を書いているのはキクノジョーとのこと。

・物販

今回のツアー限定のTシャツがオシャレだと思いました。
黒の布地にfuji aoiの文字やマークが生えていて、白い線がハチマキになっていて歌劇団のためのTシャツという気がしました。
カステラも買いましたが、もったいなくて食べれないのはどうしたものか・・・

・富士葵の世界展

富士葵の世界展では葵ちゃんのこれまでの歴史が見れました。
1年でこんなにたくさんの資料が作られていて、この資料以外にもきっとたくさんの資料があって、Aoi ch.を作るために本当にたくさんの人の尽力があったんだと実感しました。
魔界の皆さんをはじめ葵ちゃんに関わる人たちすべてに「ありがとう」と言いたいです。
そして「ごあいさつ」を読んで葵ちゃんに「動画投稿を辞めないでくれて本当にありがとう」と言いたくなりました。

・お別れの挨拶

翌日朝食を済ませてチェックアウト後に葵ちゃんから最後の挨拶がありました。
そしてツアーのダイジェスト動画を魔界の皆さんが一晩で作ってくれていました。
魔界の住人は有能すぎます。
羽化をBGMにして流れていくツアーのダイジェスト動画とか、その術は歌劇団に効く、ですよ。

・バス(帰り)

帰りのバスの座席には完成したサンドブラストのグラスと直筆のメッセージカードが置いてあり、また泣きそうになりました。
そして集合写真を撮った後、葵ちゃんに見送られながらバスは出発しました。
帰りのバスの中でも動画があり、動画作成の裏話や北海道の話、新衣装の話にカバーアルバムの話をしてくれました。
最後に今後の展望などが語られ、できれば12月くらいにソロライブをやりたいとのことでした。
そしてツアーの開催が決定した時に泣いて喜んだこと、これからも応援してくれる葵歌劇団のみんなの近くにいたいことが語られ、動画は終わりました。
新宿駅に着くころ、JTBの添乗員さんからもツアーが無事終えられたことへの感謝の言葉が述べられて、ツアーは終了しました。

・まとめ

ツアーは最初から最後まで歌劇団の皆さんを楽しませようという気持ちに溢れていて、私を含め参加した皆さんがずっと笑顔だったのが印象的でした。
私の中では今回のツアーは大成功だったと思います。
この楽しいツアーに関わったすべての人に感謝です。本当にありがとうございました。

大人になってから修学旅行のような思い出ができるとは夢にも思いませんでした。
葵ちゃんと魔界の皆さんはいつも私の期待を裏切らず予想を裏切ってくれるので、毎回ドキドキワクワクしながら色んな発表を見ています。
これからも「キミの心の応援団長 富士葵」を応援しています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

27
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。