もしもをつかってみよう とくべつもんだい1: 答え

このノートは、「スクラッチ(Scratch)を使った無料子ども向けプログラミング講座」の「もしもをつかってみよう」にある「とくべつもんだい1」の答えです。

とくべつもんだい1

うるう年とは、4年にいちどおとずれるオリンピックのある年のことです。でも、うるう年は「4年にいちど」いがいにも条件があります。このとくべつもんだいでは、うるうどしをさがすスクリプトをつくります。プロジェクト名は「うるう年をさがせ!」です。スペックは、以下になります。

1. うるう年のときに「□年はうるう年だよ!」というスクリプトをつくってください。□には年の数字がはいります。

2. しらべる年は、1700、2000、2016、2017の4つです。

3. うるう年かどうかの条件は3つあります。

ひとつめ: 年が4でわりきれる年は、うるう年です。

ふたつめ: ただし、年が100でわりきれる年は、うるう年ではありません。

みっつめ: ただし、年が400でわりきれる年は、うるう年です。

この続きをみるには

この続き: 776文字 / 画像3枚

もしもをつかってみよう とくべつもんだい1: 答え

Dai Fujihara

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

エンジニアリングマネージャ、アジャイルコーチ、『リーン開発の現場』の翻訳者。創造的、継続的、持続的なソフトウェア開発の実現に向けて奮闘中。週末に娘と息子とお昼寝しながら世界のビーチや離島を旅する夢を見る。 ブログ: http://daipresents.com/