見出し画像

生きづらくない人 第5回 人生の運動を流れるままに感じる

 

 有香ちゃんにインタビューしたあと。ぼくの奥さんミワコちゃんの畑に、彼女と一緒に行った。そのあと、うちの犬2匹とゆもちゃんと、有香ちゃんとで海に散歩に行った。

画像1 

 ごつごつした石がたたずむ、でこぼこした夕暮れの浜。人間はぎこちなく歩くけど、犬たちは米粒くらいの姿に見える場所まで一瞬で走る。犬のエマとワタは、はしゃいで水と砂にまみれていた。
 晩御飯をうちで、有香ちゃんと一緒に食べることに。帰ると泥まみれのエマとワタをお風呂場でミワコちゃんが洗った。家の床は外みたいに砂まみれ。足の裏にざらざらした感触。エマはシャワーが苦手だ。くおーん。窮屈そうに吠える。エマを洗い終わった。有香ちゃんのところにエマは寄って、ぶるぶるの身震いする。有香ちゃんにエマの毛を湿らせていた水分が、シャワーのようにかかった。
 つぎはワタが風呂場で体をすすがれている。エマは何故か、風呂場の入り口のところで、くぅくぅと何かを伝えようとしている。ワタの体の匂いをクンクンと嗅ごうとする。ワタは居心地悪そうにしている。ミワコちゃんも洗いにくいから、エマに「あっち行き!」と、エマが入ってこないように風呂場のドアを閉めてワタを洗った。洗い終えてワタが風呂場から出てきた。エマが突然、がなり声をあげた。ワタに向かって突進して、噛みついた。きゃんきゃんきゃんきゃん。ワタから血が滴る。ミワコちゃんはワタを助けようと抱きかかえた。すると間違えてエマは服の上から、ミワコちゃんに噛みついた。こんなこと始めてだったのでビックリした。ミワコちゃんの皮膚には、エマの歯型がくっきりと赤くついた。さらにエマに怒った。有香ちゃんは、それを見て泣きだした。
「ごめんなさい、ごめんなさい、ミワコさん〜。エマちゃんがそんな甲高い声で怒らないでっていってますぅ」
 泣きじゃくって、大粒のたまのような涙が目から溢れている。エマは有香ちゃんにぴったり寄りそっている。
「ひっく。洗われたのも嫌だったんです……。ごめんなさい」
 有香ちゃんを通してエマが訴えているようだ。
 3ヶ月前にワタが家にやってきた。それまで2年ほど1匹でエマを飼っていた。2匹は仲が良いときもある。だけど、ワタが来てからエマは気が荒くなった。静かな犬だったんだけど、主張が激しくなって、ワタや娘のゆもちゃんにまで噛み付くようになった。間違えたとはいえ、まさかミワコちゃんにまで噛みつくとは……。
「ワタちゃん来てから寂しいんです」
 ワタに噛みつくエマが嫌だったから、ぼくたちはよくエマに怒るようになっていた。エマに優しくするようにした。まだ1日しか経ってないのに、エマはコロッと変わった。ワタにも優しくなった。穏やかにシッポをフリフリしている。有香ちゃんのおかげで、ぼくたち家族の関係が良くなった。彼女は不思議な力を持っている。

画像2

「子どもころは、木とお話していました」

この続きをみるには

この続き: 5,408文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
連載は全10回ほどの予定です。1話のみの購読は500円。マガジンの購読は1000円です。マガジン購読がオススメです。

いまの窮屈な社会でも自由に生きている人がいる。ぼくはそんな「生きづらくない人」を想い出したりインタビューをして言葉にした。生きづらさに向き…

または、記事単体で購入する

生きづらくない人 第5回 人生の運動を流れるままに感じる

村上大樹

500円

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお気持ちは生きるために使います!あなたの気持ちがダイレクトにぼくの世界を支えてくれて、書き続けることができます。

うれしいー!!!!
8
人 作家 小さな出版社「チイサイカイシャプレス」https://chiisaikaish.thebase.in/ お問い合わせはこちらまで chiisaikaisha@gmail.com

こちらでもピックアップされています

生きづらくない人
生きづらくない人
  • 6本
  • ¥1,000

いまの窮屈な社会でも自由に生きている人がいる。ぼくはそんな「生きづらくない人」を想い出したりインタビューをして言葉にした。生きづらさに向き合うのに疲れた人たちに贈りたい。もしかすると生き延びるヒントが、この連載どこかにあるかもしれません。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。