石巻ウェディングプロジェクトページ画像

1日で目標金額のうち50%集めたクラウドファンディグを見て

今関わっている

クラウドファンディングのお話です。

(あくまで私個人の見解であること、ご了承ください)

↓↓↓



2日前、知り合いの方がクラウドファンディングをスタートしました。


いざ、はじまってみるとすごいことになっています。

1/1416:00にスタートして、わずか半日の間で40%到達していました!
そして1/15、1日経過して50%(600,000円)突破。
今日(1/16)の時点で62%(7450,000円)で支援者数41名

【追記】
1/18(土)73%(880,000円)

READYFORのトップページにも掲載されていました。

画像3


普通にすごい。。。
初日からすごく鳥肌が立っているというか、感動している。
まるで自分ごとのように嬉しいです。

これからが楽しみです。


クラウドファンディングを始めるきっかけ

せっかくなんで、どんなプロジェクトか??だれがやっているのか??を紹介したいと思います。
ぜひとも上に貼ったリンクからプロジェクトページを見ていただきたんですが、ここでは掻い摘んで説明します。


今回、クラウドファンディングを始めた「石巻ウェディング」は、2016年から石巻を中心に、各地でオーダーメイドウェディングを手掛けている団体です。

石巻ウェディングが立ち上がったきっかけは、石巻でウェディングを挙げる場所がないことから、代表の方が立ち上がり、カップルが希望するウェディングを手掛け、「石巻をウェディングのまちにしたい」を目指して今も活動を続けています。

石巻ウェディングの特徴は、ウェディングごとに地域で働く美容師やカメラマン、DJ、クリエイターとチームを組み、新郎新婦の希望に沿ったオリジナルウェディングングを作っていることです。
普段はそれそれ別の仕事をやっています。

そんな石巻ウェディングが今回クラウドファンディングで実現したいプロジェクトは「ウェディング相談などができるアトリエを作る」ことです。

現在まで拠点を持っていないので、なかなかウェディングの相談会などもできず、結果思うような回数をこなせなかったそうです。

そこで、今回のプロジェクトでは石巻の街なかに結婚式の相談やドレスの試着、引き出物の提案など誰でも気軽に足を運べる場を作ります。

石巻ウェディングクラウドファンディング紹介文



見ていて大切だと気づいたこと

今回、石巻ウェディングの挑戦を見ていて気づいた点を何点かシェアしたいと思います。


自分の周りの方から支援を受けられるか

よく聞く話だと思いますが、クラウドファンディングの成功の秘訣として、

出資額のうち1/3は知人・友人。1/3は知人の知人。
そして残り1/3が知らない人

なので、普段から交流がある方々へどれだけ響かせることができるかが大切なのではないかと思います。

他のプロジェクトなどの支援者を見ていても、多くが知人や友人からの支援です。

②プロジェクト公開前にSNSで宣伝する

プロジェクトはまだスタートしていないが、公開後のURLは共有することが可能なため、「◯◯日からはじまりますー!応援お願いします」と投稿&個別アプローチにて自分の知人へ宣伝すれば、公開初日から出資があるのではないかと思います。

上のウェディングプロジェクトも公開前にSNSで宣伝し、周囲を「共犯者」として巻き込みを図っていました。
この初日でどれだけ集まったかがその後の出資者の増加につながるのではないかと。。。


③知人以外からの支援を集めるためには早期に知人から支援を集めておく

クラウドファンディングを成功させるためには、おそらく知人だけの出資では難しいはず。そのときに、ネット上で不特定多数からの支援があってプロジェクトの成立があると思います。

プロジェクトが公開され、知人ならともかく知らない人がいきなり出資するとは考えにくいですよね。
いくら概要で思いやプロジェクトの必要性を訴えていたとしても。

そこで、支援を引き出すために必要なことが早期に知人から支援を集め、プロジェクトが盛り上がっているように見えることなのではないかと思います。

支援がまったくないプロジェクトと着実に支援が集まっているプロジェクトだとどっちが入れやすいか??
おそらく、支援が集まっている方ですね。

今回のプロジェクトではさらに、公開後READYFORのトップページに掲載されていたこともあったので、思った以上の反響があったと思います。


④これまでの信頼がお金という形で見える化される

①や③で知人からどれほど支援を得られるかで勝負が決まると言っても過言ではないと書きましたが、それも日々の関係性があるからこその話。

どれだけ日頃、自分の周囲の人から尊敬されたり、可愛がられていたりしているか。仕事だと真摯に相手に向き合って仕事を行い、信頼を獲得できているか。

この人ならお金を出してでも応援しよう!!と思ってもらえなくては始まらないです。

たぶん、今回のウェディングだと今までウェディングづくりに協力してくれた人やウェディングを挙げた夫婦などがあたるのではないでしょうか。


⑤ ①~④の好循環が生まれている

日頃
真摯な仕事や接している人からの信頼

プロジェクトスタート前
SNSやフェイス・トゥ・フェイスで宣伝
シェアなど共犯者作り

公開
知人、知人の知人からの支援
さらなる多くの人が共犯者となり宣伝
支援加速
公開後
READYFORの注目プロジェクトに掲載
圧倒的に第三者の目に触れやすい場。→支援が広がるかもしれない

今回のプロジェクトを見ていて、こんな流れを感じました。

石巻ウェディングフェイスブック


以上は僕の主観100%です。


さいごに


順調に進んでいるクラウドファンディングを取り上げ、その要因を自分なりに書きました。とても生意気なことも書いているかもしれません。
実施している人が抱えている重圧・不安・焦りを考慮していない内容になっているかもしれないです。
むしろそれを増長させてしまっているかもしれないです。

でも、僕がここで一番伝えたいことはぜひここで取り上げたプロジェクトへすこしでも応援やご支援をしていただけたらという思いで書きました。


自分が少しでも協力できることをやろう。

石巻をウェディングの力で明るいまちに! アトリエを作りたい!

ではでは~


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

大変恐縮です!

励みになります!
6
岡山県津山市出身。大学休学後、宮城県石巻市のまちづくり団体でインターン(2019/5~2020/3)。岡山→大阪→石巻→大阪。アタマで考え、自分なりの言葉にする練習。