キャリア・就職

87
記事

心のモヤモヤ

【シェアありがとうございます^ ^】
若者の進路サポート団体スイッチ【だーやま】
さん
https://note.com/0531_0301

…………

前回の記事で
「経験の言語化」が自分の人生に役立つ
みたいな事を説明した。
では実際にどんな風に役立つのか
などについて、今回は書いていく。
(前回記事『「経験」と「体験」の違い』
https://note.com/daigoroh04/n/

もっとみる

「経験」と「体験」の違い

今回の記事も
キャリアコンサルタントの養成講座を
受講している中で、面白いと感じた内容を
書いていこうと思っている。

早速だが
あなたは会話の中で「経験」と「体験」を
同じように使っていないだろうか?

僕は同じように使っていた。
「経験」と「体験」の違いって何?
って聞かれると答えられなかった。

今回はこの2つの言葉の違いの説明と
「経験する」とはどういう事なのか
について自身の考えを書いて

もっとみる

キャリアの転機

僕たちは転機を避けることはできない。

小学校から中学校へ 中学校から高校へ
高校から専門学校や大学へ
そして、就職へ…

僕たちはこのようにステップアップを重ね
生きているし、キャリアを歩む上で
あらゆる転機がやってくる。

成人のキャリア発達についての研究に
取り組んだ研究者
ナンシー・K・シュロスバーグは
「キャリア開発・キャリア発達は
転機の連続である」
という考えを発表している。

今回

もっとみる

キャリアを支える二本の柱

前回の記事を読んでいただけただろうか。
読んでいない人は、是非前回記事
「キャリアの軸」を読んでから
この記事を読んでほしい。
https://note.com/daigoroh04/n/na216904af015

前回記事の最後に
自分の進むべき道を歩むために
人生をかける上で
「ライフステージ」と「ライフロール」を
意識して、一つ一つの段階を歩み
多くの役割を果たして生きていく事を
楽しま

もっとみる

キャリアの軸

自分は今、キャリアコンサルタントの勉強中で
ほぼ毎日、「キャリア」について学び
「キャリア」について考えている。
今回の記事はキャリアコンサルタントの勉強で
使用しているテキストをもとに
スーパーのキャリア理論を扱って
ある程度自分なりに書いていく。

以前にも、『「キャリアの概念」とは』 
https://note.com/daigoroh04/n/n98955ba86ef2
という記事を書き、

もっとみる

「逃げない人」

今の時代
「少しくらい体調が悪くても出勤しろ!」
なんて事を言えば、パワハラとみなされ
1発アウトだ。

別にこの主張を完全に同意するつもりもないし
だからといって、
こんな事を言う上司は終わってる!
とも言う気はない。

当然、
しんどくてろくに仕事もできない状況なら
休むべきだろうし、周りの仲間のことを考え
欠勤し、自宅で出来ることだけ取り組むのは
賢明な判断と言えるだろう。

しかし、僕たち

もっとみる

人を「幸せ」にできる人は幸せ

あなたは他者から見られた時に
どんなあなたでありたいだろうか。

そんな事をふと考えた時に
知人がすごく良い答えをしていた。

「『人を「幸せ」にできる人』になりたい」

なるほど。たしかにそうだな。
と僕は思わず感じた。
僕たちは、
生きていく上で「幸せ」になりたいし
誰かを少しでも「幸せ」にできれば
それこそ自分の「幸せ」になるだろう。

そう考えると「他人のために」なんて
偉そうな理由ではな

もっとみる

まずは「働くこと」への関心と意欲

今回は、主に学生に向けた記事だ。
僕は現在、キャリアコンサルタントの養成講座
を受けているが、講座の中で
教育現場についての話になり
講師と受講者とで話し合っていた時に
「今の学生は、
面接のスキルや履歴書はバッチリ!だけど…」
という話になった。

学生に問いたい。
僕も学生時代はそうだったかもしれないが
「就活」について考えすぎて
「働くこと」そのものに目を向ける事を
忘れてはいないだろうか?

もっとみる

キャリアコンサルタントをもっと身近な存在に

※今回の記事は、
丸々Twitterに投稿した内容です。
noteでも発信したいと考えましたので
もし、共感していただけましたら
シェアをお願いします。

…………

「労働についての悩み」
「職場の人間関係についての悩み」
「自身のキャリアについての悩み」

などなどの悩みを抱えている人は
おそらくものすごく多いと思います。

そして、そんな悩みを抱えた人の中には
「誰に相談したらいいか分から

もっとみる

仕事での悩みの種

「仕事での悩み」を考えると
多くの人が
「上司とそりが合わない」
「社風が合っていない」
などと答えるが、あくまでもそれは
人間関係の悩みだ。

「仕事」に注目して、その上での悩み
を考えると、
多くは「理想」と「現実」のギャップ
によるものだろう。
今回は「仕事」と「悩み」について考える。

…………

・「働かざる者食うべからず」を問う

そもそも僕たちは働くことが当たり前で
仕事をしない人間

もっとみる