見出し画像

【無料:悪用厳禁】モテるオスに必要な○○の強さと女を丸め込む方法

【LINE@でレポートプレゼント中🎁下をクリック!】

童貞脱出テクニック満載の無料メルマガやってます!

♢-♦︎-♢-♦︎-♢-♦︎-♢-♦︎-♢


今回のnoteは全編無料の投げ銭形式なので、ゆっくりとお読みください。役に立った!勉強になった!などがあればちょっとだけ投げ銭してくれると嬉しいです( `・∀・´)ノ 


  ♢-♦︎-♢-♦︎-♢-♦︎-♢-♦︎-♢


このnoteはこんな人に読んでほしいです。

●主導権を取るのがとても苦手な人
●女の子の発言にビビりがちな人
●グダが出るとすぐにあきらめモードに入る人
●女の子にいつも言いくるめられて、結局何もできない人
●女の子のグダを論破する丸パクリルーティンが欲しい人
●恋愛弱者でもモテる方法を知りたい人

が対象です。またビッグボスのオリジナル考察を見てみたい方もぜひご覧ください。

今回の内容も現在のナンパ界隈ではまだ誰も発見していないことだと思います。

□ ÷ □ ÷ □ ÷ □ ÷ □ ÷ □÷□ ÷ □ ÷ □ ÷ □ ÷ □ 

どうも

外人にモテる女、大体ポカホンタス顔

画像1

ビッグボスです。

突然ですが、あなたは女性の発言にビビッてしまいガチですか?

例えば、女の子が

「私、さばさばしてるんだよね~」と言われると、

「うう・・・これは無理かも」と思ってしまったり、

「私、毒舌だからなんでも言っちゃうんだよね」と言われると、

「こいつ怖いわ」と思ってしまう。

そんな経験ありますか?

ぼくはあります、そしてビビっちゃう気持ち・・・

めっっっっっっっっっっっっちゃ分かります(笑)

正直、ぼくもナンパ始めるまでは童貞で、女子とまったく話したことが全然なかったため

女「私、サバサバしてる~」

男「うわ~今日は無理や。」

女「私なんでもいっちゃうから~」

男「うわ~なんか言ってきそう、、、、怖いわ。」

ていう状態にしょっちゅうなってしまいました。

やっぱりいくら男のほうが力や身体能力が高くても、どうしても女性の発言にはビビってしまいますよね。

ぼくもビビりまくって、冷たい発言が出るたびにこんな顔になってしまいました。

画像2

「今日は無理だ・・・」

そんな絶望的な表情になりがちでした。

同様に、女の子のグダとかにはめっぽう弱かったです。

グダが出るたびに

「ああ、ごめんね・・・ごめん。。ごめん。」

とっても相手を傷つけてしまっているように感じました。

そして嫌われてしまったように感じました。

傷つけたくない・・・

嫌われたくない・・・

そんな思いで結局、モテなくなってしまう。

ありがちな非モテパターンですね。

1.女性の発言がキツイ理由

以上のように、ぼくは女性の発言には非常にビビりがちでした。

あなたも何度かビビってしまったことはありませんか?

逆にビビらない、ビビったことがないなら、このnoteを読む必要はないでしょう。

モテ街道爆進中だと思いますからね。

でも、非モテにとっては女性の発言はつらいものが多いです。

でも、

実はそれが女性の狙いなんですよね。


どういうことかというと、ワザとそういう発言をすることで強いオスかどうかスクリーニング(選別)をしているんですよね。

強いオスのみを選別するためにそういったキツイ発言をするのです。

どういうことか詳しく話しますね。

すでに既知だと思いますが、弱いオスは確実に淘汰されます。

原始時代では、マンモスや獲物を取る身体能力こそが強さであり、強いオスの象徴でした。

しかし、時代によって価値観、判断基準などはすべて変わります。

現代社会において、強いオスか弱いオスは一体どこで判断されるのでしょうか?

マンモスを狩る?そんなシーンはどこにもありませんよね。

徒競走で1位?小学生までですね。よくて中学生までです。

筋肉?美女を連れている男はマッチョやボディビルダーばかりですか?違いますよね。マッチョというよりは筋肉質程度だと思います。中にはガリガリの男が美女を連れているパターンもありますよね。

こう考えると現代社会ではオスとしての強さ=身体的能力(or身体的特徴)とは限らないということが導けます。

では、どのような男が強いと思われるのでしょうか?

少しあなたも考えてみてください。

イケメン、顔が整っている・・・これは至極当然ですので、今回の議題ではありませんね。顔が良いのは子孫の繁殖が有利なので、もちろんそれも強さではありますが。

お金またはハイスペ・・・お金があるからモテるとは限りませんし、ハイスペだからといってモテるわけではありません。恋愛工学の出現事態がそれを示しています。また、ヒモやジゴロが可愛い女を連れて歩いているなんてよくありますよね?そいつらに女を奪われたこともありますよね?

自信・・・自信はいきなり身につくものではありません。結果的に自信のある男がモテるのは確かですが、「その自信を象徴するものはなにか?」というのを理解できないと意味がありません。

さあ、なんでしょう?


・・・・




答えを言うと

口の強さ

画像3

です。

これでピンとくる人はある程度の数をこなしてきた人でしょう。

大丈夫、ピンとこない人のためにもしっかりと解説していきます。

口の強さとは簡単に言ってしまえば

「相手を説得する力」

「相手を丸め込む力」

と言えます。いまの現代社会では、この口の強さこそが最重要です。

なぜなら、口が強ければこの世の中は割とどうにでもなるからです。

①営業ができるため、ものを売ることができる
②議論や口喧嘩に強くなるため、自分の思い通りにことを運ぶことができる
③女の子の発言にビビらず、グダ崩しを簡単にすることができる
④自信がある風なハッタリをかますことができ、周囲の印象を操作できる
・・etc

これほどまでに数多くのメリットがあります。

そして、これがモテにおいてなぜ重要かというと2つ理由があります。

1つ目は生物学的視点によるものです。

口の強さとは言語を操る力に長けているということであり、それは頭の良さ、頭の回転の速さを示しているからです。(この場合の頭の良さはテストができるかではなく、地頭というニュアンスに近いです。)

そして、地頭がいい=口が強いと生物的には非常に有利です。なぜなら、社会で生き残るためには、コミュニケーション力が圧倒的に有用だからです。

例えば、コミュニティの維持や危ないことに巻き込まれたときに口で勝つことができれば、体は無傷で済みます。

そして、自分が不利、または仲間が不利の時も言い訳やうまい嘘によって助けることができます。

また、口が強ければ相手をこちらの思い通りに誘導することができ、自分の利益を最大化することができます。

つまり、口が強い人とはリスク管理と稼ぐ力の2つの力を持つ人と言い換えられます。

そんな優秀な能力を持つ男を女性が放っておくでしょうか?

そんなわけありませんよね、ゆえにモテます。

そして、2つ目の理由は主導権を握りやすくなるからです。

会話において主導権を握るのは非常に大切なのは周知のことかと思います。

しかし、いざ主導権を得るためにあなたができることと言ったらなんでしょうか?(ノンバーバル以外で)

おそらく大半の人が

『いじり』

『disり』

と答えるでしょう。しかし、それが決定打となるわけではありません。

本当に決定打となるのは

「相手が反論してきたときに、しっかり反論し丸め込むこと」

です。これができれば主導権も一気に確保できます。(具体的なやり方は後述)

このように、丸め込むことこそが主導権の決定打となるのです。

ちょっと腑に落ちないっていう顔していますねw

わかりました、では逆にお尋ねしますが、いままであなたはこんな経験はありませんか?

相手にちょっと不都合なことを言われて反論したら、一気に反論されて丸め込まれてそのままズルズル従ってしまった・・・

そして、あなたは意識的・無意識的にもこう判断し始めた・・・

「ああ、この人には口では勝てない」

「ああ、この人に反論してもどうせ負けるからとりあえず従っておこう」

主導権奪われる👊

このように、実は主導権を本当に決定づけるのは

「相手の反論に対して丸め込めるかどうか」

そして、相手に

「この人に口じゃ勝てない」

「この人に何言っても無駄だ」

と思わせることなのです。この際たる例がグダ崩しですね。

グダ崩しで最も重要なことも女性に対して

「この人に何言っても無駄だ」


と思わせることです。そして、口が強ければ強いほど、相手をこの状態にさせることは可能です。

事実、即りまくっている人の即報見るとわかりますが、グダに対して

「グダったので論破して〜」

「グダられたので説得しまくって〜」

というのを見ると思いますし、グダ崩しのフレーズなどもトドのつまり、いかに論破できるかどうかです。

ゆえに、口が強い人はモテるし、女性とセックスできるのです。

そして、先ほどお話ししましたが、女性の発言がキツイのは、そういった

「口の強い男」を選抜するため

です。

女「私、サバサバしてるからきつかったらごめんね~」

→(口が弱い男)「あ・・・そうなん・・ですね。」

→(口が強い男)「え!そうなん?そういって、ベッドの上じゃ絶対ドMそうよねw」

女「私、毒舌だからさ~なんかポロって言っちゃうタイプだからさ~」

→(口が弱い男)「え・・・(怖いわ~)」

→(口が強い男)「お!有吉ですか?w毒舌言うても、意外と根はやさしそうよね?w」

このように口が強い男を選び出し、わざとキツイことを言うのです。(ナンパ界隈でいうスクリーニングですね。)

DQNやヤンキーがなぜあなたよりもモテるのか?

理由は簡単、あなたが口で負けているからです。

そして、彼らは勢いのある口の強さによってそのモテが保証されています。

逆に口が弱い人はモテないですし、セックスすることはできません。

なぜなら、女性のほうが口が強いと一気に言いくるめられてしまい、ナンパや恋愛において絶対にあってはならない主導権を取られるからです。

ちなみに、しばしば男が言う

「あの女、気が強そう」

「あの女、口が強そうで喋ったらぼくちゃん負けちゃいそう(泣)」

画像4

と言っているのと同じです。人は話しかける時に脳内で会話のシュミレーションをしていますからね。

そして、これがまた面白い。

この発言から推察できるように、人間は口の強さ=気の強さと見ている。

つまり、しばしば

「○○さんはオーラ(気、覇気)があるよね」

「○○さんは口が強いよね」

と言っているのと実は変わらないのです。

これは非常に重要なことを示しています。

つまり、口の強さで覇気や自信に満ちた雰囲気などを作り出すことができるということを示しています。

すなわち

「口の強さ(バーバル)によって自信のある雰囲気(ノンバーバル)を醸し出すことができる」


ということを示しているのです。

また、女の子が好きな

「軸のある人」

というのも実はこれです。

そもそも、軸があるかどうかを人はどうやって判断しているのでしょうか?

別に軸なんてそんなもの見えませんよね?

でも、どうやら見えるらしい。

実はその判断基準も前述した

「相手の反論に対して丸め込んでくるかどうか」

になります。

それを人は軸があるかどうかの判断基準としているのです。

なので、「気が強そう」=「口が強そう」であり、「軸がありそう」=「口が強そう」であり、それすなわち

バーバルがノンバーバルに影響する

ということを示しているのです。

ゆえに、しっかりと口を強くしないといけないのです。

さて、この章をまとめると、

〇口が強い人は生物的に有利
〇口が強い人は主導権を握るのも簡単にできる
〇グダ崩しの本質は「この人に何言っても無駄だ」と思わせること
〇気が強い=口が強いということ
〇バーバルでも十分に自信と言ったノンバーバルを演出することはできる

です。

次は「口が強い」ということに絡めて、言葉が持つ抑止力というのを見ていきましょう。

2.女性が使う言葉はすべて抑止力にすぎない

「女は勘がするどいよ」

「女は怖いよ」

「浮気とかすぐにばれるよ」

これらの言葉をあなたは何度も聞いたことがあると思います。

しかし、断言できます。

これらはすべて嘘であり、ハッタリにすぎません。

「女は勘がするどい?じゃあ、なんで彼氏が浮気してるのに気づかない女ばっかなんだよ。」

「女は怖い?どこが?男のほうがストーカーで殺してくるし、秋葉原の交差点にトラックで突っ込むし怖いよ?」

「浮気とかすぐにバレる?まあ、男の隠す能力次第だよね、それ。」

このように女性の言動はほぼハッタリにすぎません。

証拠の1つにこの動画をご覧ください。

動画の1:34の

「私は~浮気を分かったことがないから~」

これでわかると思いますが、美女だからといって浮気を見抜けたりするわけではありません。

勘がするどい訳でもありません。

うそ発見器や探知レーダーなどを搭載しているわけでもありません。

同じ人間です、その感覚は男性の何倍も上回るものではありません。

ゆえに所詮、ハッタリに過ぎません。

ですが、口が弱い人、人のはったりをすぐに信じてしまう人はこれに騙されてしまい、行動が著しく制限されてしまいます。

「女は勘がするどいよ」→こう言うことで、男の行動が制限されます。

「女は怖いよ」→こう言うことで、男の言動や行動を著しく制限

「浮気とかすぐにばれるよ」こう言うことで、男が浮気するのを防ぐ

このように言葉の真偽は置いておいて、嘘やハッタリでも簡単に相手を騙し、マウントを取ることができます。

ぼくはこのように女性がハッタリや嘘をついて相手の行動を制限するのを、その状態から抑止力と呼んでいます。

ただし、女性の言葉は抑止力としての言葉であり、真偽は定かではありません。(むしろ、嘘のことのほうが多い)

しかし、それを仮に

「え!そうなの!?まじか・・」

と思い込めば100%主導権を取られます。

ゆえに女性の言葉は信じない、信じ込まないことが大切です。

とりわけSNSなどの女性の意見は眉つばものが多く、男の行動を押さえつけるためのものが多いので注意しましょう。(奢る割り勘論争もひどいものです。)

さて、この章のポイントをまとめると

〇女性の言葉はほとんどが抑止力に過ぎず、ハッタリにすぎない
〇信じた瞬間にマウントを取られるので注意せよ

さて、そんなマウントを常に取る女性にどうやって我々男はマウントを取っていくのでしょうか?

3.女性にマウントを取られないための2つのルーティン

まず、この話をする前に覚えてほしいことが3つあります。

①口で一度でも負けたら終わりと心得よ
②感情だけでなく、論理で論破せよ
③当事者意識を持たせよ

これをまず念頭に置いてください。

そして、とにかく「相手に口で勝つ」という意識を持ってください。

敗北などあってはなりません。

『敗ければ死あるのみ』

と心得てください。

さて、それでは女性を言葉で丸め込む2つのルーティンを紹介していきます。

大丈夫、ヤンキーやDQNでなくてもしっかりと使いこなせるルーティンです。(というより、ヤンキーやDQNよりも丸め込みが上手くなる)

勢いだけでなく、論理的に相手を丸め込む話術です、それでは1つずつ見ていきましょう。

①「逆にさ」ルーティン

非常に汎用性が高いルーティンであり、グダ崩し~日常の口喧嘩にいたるまで幅広く使えます。(お金取れるとよく言われるやつですw)

例 ナンパ編①

状況:グダ崩し

女「チャラい人嫌だ~。」←(グダもとい反論)

男「いや、おれチャラくないよ。いいなって思った人はちゃんと口説くことにしてるだけだよ。逆にさ、○○はいいな~て思っている女の子にがいたら一切自分からいかない男がいたらどうする?

女「それは嫌だな。」

男「だよね。おれも○○と一緒の考え。いいなって思ってるからこういうことしてるんだよ(^▽^)/」

例 ナンパ編②

状況:冷たい反応

男「こんちは!」

女「・・・」

男「一瞬見て!」

女「・・ナンパは無理」

男「いや、ナンパやないから。さっき、そこ歩いててめっちゃいいな!て思ったんだよ。」

女「いや、そういうの無理です。」

男「待って、逆に道端でカッコいい男いたら、お話ししてみたいなっていうのお姉さんもあるでしょ?おれ、それと一緒。誰でもいいから声かけてるわけじゃないよ。」

女「ふふww」

以上のように、粘るときや自分のナンパを正当化するのに非常に有効です。

例3 コンサル編

状況:女の子をいじりすぎて失敗するAさんをボスが説得

Aさん「やっぱりいじりって効きますよね?」

ボス「状況次第ですね。初対面ではまず効きません。ムカつかれます。」

Aさん「え、そうなんですか?」

ボス「逆にAさん、初対面の人にいじられて「マジ面白い!」てなりますか?顔の表情を指摘されるならクスリとなるかもですが、例えば「服、血まみれだけど大丈夫?」とか言われても、「なんやこいつ?」くらいしか思いませんか?」

Aさん「たしかに。」

ボス「逆にもし、褒められたらどうでしょうか?街中で「めっちゃかっこいいすね!」と言われたら、結構嬉しくなると思いますよ。それを女の子にもやってみましょう。」

使い方がかなり分かってきたと思います。

これが、「逆にさ」ルーティンの神髄です。

②「男はさ」ルーティン

「男はさ」ルーティンは主にグダ崩しやクソテストでも使えますが、それ以外の交渉術でもしっかりと使えます。

まずはクソテストから。

例 クソテスト編

女「男の人ってヤリタガリ多すぎだよね。」

男「いや、それめっちゃ偏見w男はさ、イチャイチャしたくなるのは生理現象なんだよ。○○ちゃんも、生理を自分で止められないでしょ?それと一緒。正直、男はヤリタガリていうより慢性的に性欲という名の生理なだけだから。」

例 グダ崩し

女「最初からそういうことが目的だったの?」

男「まさか。そんなわけないじゃん。でも、おれも男だしさ、○○ちゃんみたいな性格合って、めっちゃタイプな子とこんなにたくさん話したら、猛烈にアプローチしたくなっただけよ。」


例 交渉編

状況:友達Bをスカイダイビングに行かせたいが猛烈なグダをボスが説得

B「スカイダイビングとかめちゃめちゃ怖いよw」

A「大丈夫だって、男はさやっぱりチャレンジしてなんぼっていうのもあるじゃん?そのほうが男としての魅力も付くしさ、やってきたほうがいいよ。

B「たしかに・・・でも。」

A「真のいい男ってのはさ、弱音なんてはかないと思わないかい?それに比べてBよ。お前さっきから弱音ばかりだぜ?

B「・・・よっしゃ、分かった!やってやる!」

こんな風に都合よくいくかはさておき、このようにルーティンを使ってうまく誘導することは当然できます。

逆にこれを女子が悪用することもあります。

例 悪用ver

女「やっぱりかっこいい男はさ、奢るもんじゃないの?」

これは典型的な悪用パターンです、かなりずるい女子なので、損切りをおススメします。

4.最後に

さて、いかがだったでしょうか?

オスの強さはもはや身体的能力で判断されるのではなく、

いかに口をうまく使いこなせるか

いかに口を強くすることができるか

にかかっています。

つまり、この時代のモテの戦略は

「いかに説得や丸め込みを使い相手に勝つか」

ということに集約されます。

しかし、そんな説得や丸め込む術をどうやったら学べるのでしょうか?

大丈夫、あなたの周りに先生はしっかりいます。

え?どこに?

ほら、そこら中にいるじゃないですか、「女性」が。

女性の説得術によく耳を傾けましょう。

「でも、それって逆にさ~」

「男はさ、もっと男らしく○○しなきゃ~」

もうお気づきですよね。これこそ

『女性擬態』


です。(女性擬態についてはこのクズ男noteを参照)

うん?気づけなかった?仕方ない、そんな人もいるかと思います。

では、女性擬態がうまい芸人の小藪の動画を見て、マウントを取る会話のやり方をシャドーイングしてください。

口で勝つ方法をマスターできると思います。

それでは、今回は長くなりましたのでこれで。

次回はこれの発展型である「相手を論破する論破ルーティン」をお伝えしていきます。

では、同志諸君、また会おう。

END

PS 読んでみて学びになった!面白い!役に立ちそう!と感じてくださったら、ぜひ投げ銭や拡散をお願いします。


あとがき

このnoteを読めば理解可能かと思えるが、モテにおいては単純にナンパのやり方を教えるナンパ講師やコミュニケーション講師よりも、ギリシャのソフィスト、弁論家、討論家、論破を得意とする人から学ぶといい。

個人的な予想だが、ナンパ界隈は今後、論破またはそれに準じる人間が多くなると思われる。

なお、これに関する詳細は1/30(水)のサンクチュアリ出版のトークイベント限定で詳しくお話しすることとする。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ナンパや恋愛活動を継続して、良質なコンテンツを提供していきたいので、サポートしていただけると嬉しいです!

自己投資なき者に成功なし
343
AV女優やグラドル、アイドル、女子大生…150人以上をゲットしたプロが教える恋愛テク。最短2週間で童貞脱出できるDVDはこちら👉 https://amzn.to/304PKgK

こちらでもピックアップされています

【無料】最優先で読むべきnote7選
【無料】最優先で読むべきnote7選
  • 7本

厳選した無料noteをまとめました。他の恋愛講師を圧倒するノウハウばかり。まずは1つ読んでみては?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。