大学職員の採用試験を受ける前に確認しておきたい大学関連ニュース(2019年3月後半版)

はじめに

大学職員の採用試験では、「最近、大学関連で気になったニュースはありますか」などと、大学業界に本当に興味があるか、どのような点に問題意識を持ち、どのような考え方を持っているかについて問われることがあります。

このような質問に対しては、直近の大学関連のニュースを事前にチェックしておかないとうまく回答ができなくなってしまいます。

また、その他にも、「よりよい大学となっていくためにはどのような取組を進めるべきか」、「大学職員になったらどのような取組をやっていきたいか」など、これから実施すべき取組についての提案を求められることもよくあります。

このような質問に対しては、何も情報がない状態で自分独自の考えを述べることは難しく、一般的には、他大学で実施している特色ある取組を紹介する形で提案をしたり、それをヒントに新しい取組を考えて提案したりすることになると思います。

これらの対策を行うためには、インターネット上で事前に大学関連のニュースを確認しておくことで対策を練ることができますが、就職・転職活動中に様々なサイトから必要な情報を確認することはかなりの負担になると思いますし、見つかった事例が先端的な取組なのかどうかを判断することは難しいと思います。

そこで、大学職員歴10年以上で、採用試験の面接官を担当させていただいている私が、ここ最近の大学関連のニュースで、先進的でおもしろいと感じた取組や知っておくべきと感じた事例について、分野ごとに各取組・事例の概要をまとめさせていただいています。

また、各取組・事例については、これまでの大学職員での経験を踏まえ、各取組・事例が職員としてはどのように感じるか、取組・事例は大学業界の課題を解決に導くようなものなのか、取組・事例を見るうえでの注意点なども併せて記載するようにしています。

ここで紹介する取組・事例で気になったものについては、各大学のウェブサイトなどで詳細を調べていただき、自分なりの考えをまとめていただいたうえで、採用試験に臨んでいただくとより適切な対応ができると思います。

今回は、2019年3月後半に確認できたニュースの中で、21件のニュースについてまとめております。

皆様の就職・転職活動にお役立ていただければ幸いです。

~(宣伝)私が出版している電子書籍等について紹介させていただきます~
<大学職員の採用試験対策を行うための書籍等>
・『大学職員の採用試験を受ける前に知っておくべきデータや大学の課題・用語等【平成28年1月版】』
・『大学職員面接回答事例集59』
・『大学職員の採用試験を受ける前に知っておきたい大学のデータ42』

<ココナラでの相談受付>
「ココナラ」というサイトにおいて、「大学職員の就職・転職を目指す方にアドバイスをします」というサービスを出品しています。志望動機や面接での回答予定内容について、大学職員の面接官として、どのように感じるかなどについてお伝えするサービスです。

 以上については、以下のサイトから詳細を確認できますのでぜひご確認ください。
https://hspindex.com/2018/09/16/1618/

目次

第1章 教育改革に関するニュース
 1 特色のある授業・教育の取組【1件】

第2章 学生支援に関するニュース
 1 ダイバーシティ【1件】
 2 学生生活・課外活動支援【1件】
 3 学生が企画・運営する取組【2件】

第3章 入試・広報に関するニュース
 1 高校生を対象としたイベントや高校との連携【2件】

第4章 社会貢献に関するニュース
 1 地域活性化・地域貢献【3件】

第5章 グローバル化(国際化)に関するニュース
 1 日本人学生の語学力を高める取組【2件】

6章 その他のニュース
 1 新設大学・新学部等の設置【1件】
 2 大学経営【2件】
 3 大学間連携【2件】
 4 大学ランキング・統計調査等【3件】
 5 その他特色ある取組やニュース【1件】


第1章 教育改革に関するニュース


1 特色のある授業・教育の取組
(1)授業の一環で大リーグチームを取材

<実施大学>
金城学院大学

<取組の概要>
金城学院大学国際情報学部では、授業の一環として、大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスの春季キャンプの取材を行いました。

 授業担当の教授が、元フジテレビアナウンサー出身ということで、このプログラムを実現することができたとしています。

この授業では、現地を訪れるまでに大リーグの歴史や現状、大谷選手のこれまでの活躍ぶりを学んだうえで、実際の取材に望みました。

<取組に対するコメント>
大学では様々な学びの場を作ることで、魅力ある教育を提供することができるようになります。

このプログラムは、大学自身では簡単に実現できるものではありませんが、教授の前職のつながりにより実現したものだと思います。

現在の大学では、多様な学生を受け入れるような方向に考えられていますが、これは、教員も同様で、多様なバックボーンがある教員がいることで、幅広い教育を提供できるようになるので、大学教育の質を高めるためには、教員の採用方法も考えていく必要があると感じました。


第2章 学生支援に関するニュース

1 ダイバーシティ
(1)学生の提案によりムスリム(イスラム教徒)のお客様向け礼拝スペースの設置

<実施大学>
相模女子大学

<取組の概要>
相模女子大学では、学部・学科を越えた課題解決プロジェクトの取組の一環として、中日本エクシス株式会社が運営するサービス襟におけるムスリム(イスラム教徒)の方の受け入れ環境整備の課題について、所属する学生が調査・提案を行い、その提案により「礼拝スペース」の設置が採用されることになったことを発表しました。

また、調査結果に基づき、メニューへの「食材ピクトグラム」の導入や、学生が考案したノンポーク・ノンアルコールのレシピをアレンジしたものが採用されたことも発表しました。

<取組に対するコメント>
現在の大学ではグローバル化(国際化)の取組を推進してきており、様々な国の方に対応するための施設整備が進んできていると思います。

一方で、一般社会では、まだまだ様々な国の方を受け入れるための環境整備ができていない部分もあるので、大学の先進的な取組を積極的に社会に還元できることは、大学にとっても重要な取組になってくると思います。

2 学生生活・課外活動支援
(1)「新入生歓迎の集い2019」の開催

<実施大学>
関西大学

この続きをみるには

この続き: 11,830文字

大学職員の採用試験を受ける前に確認しておきたい大学関連ニュース(2019年3月後半版)

山田 隆司

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
大学職員の経験が10年以上になり、大学職員採用試験の面接官も担当しています。 これまでに、教務、入試、企画、人事、会計、庶務など幅広い部署で働いてきました。 業務と並行して、大学職員に就職・転職するための情報を発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。