新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

就職活動自己分析「大学生編」#5

とうとう3月1日で就職活動が解禁されて多少焦っています。(笑)

現状はコロナウイルスの影響で説明会が四月になることやWEBで面接を行う企業が増えています。

情報を得るためには、自らの足を使って収集しましょう!行動あるのみです!

本日のテーマで自己分析編は終了です。幼稚園から大学生にかけて過去を振り返ってきました。一貫性があることや、昔からの特徴を改めて発見することが出来ました。

それでは最終章、大学生編を始めていきます!

私が今の大学を選んだのは神奈川の大学であること。そして他地域の多くの学生が在籍する学校だからです。

今の学部を選んだ理由は高校時代に自分に足りないものを探していた時、浮かんできたのは社会を知ることでした。このままだと無知な大人になってしまう。そう考えた私は幅広く学べる経済学を専攻します。

高校生の時に立てた目標ナンバー1になるために毎日勉強しました。前期は2.9という平均値1.8を大きく上回るGPAをとりました。

しかし、

2.9では満足しませんでした。後期は前期を上回ると決意していたのですが、友人に誘われた楽単で60点台を3つとってしまい、後期はGPA2.5と成績が下がってしまいました。

このことからも楽をすることは自分の成長を妨げる要因になるものだと感じました。単位を取ることを目標にしているのならば、良かったのですが自分の目標は違うので結構ショックでした。

サークル活動はサッカーサークルを選びました。

選んだ理由は飲み会をしないサークルで、なおかつ無料で参加できるサークルだったからです。所属人数も100人を超えていました。サークルを通して学部を超えた友人・先輩を作ることもできました。

サークルはあくまでも人脈形成に使うべきだと思います。

大学生になったからは責任感を負う活動をしたいと思い、授業の一環でグループのリーダーを務めました。

グループで好きな企業について論文を作る授業です。

ここで問題となったのは、班員が自分で考えないで人に仕事を押し付けることです。後でゼミについても触れますが、自分で動かない人が多すぎるとずっと感じていました。そういった人が就職活動で強みは主体性とか言っているのは考えられないです。

どうすれば活動するのか考えて、集まる回数を増やしたりしましたが、予定があるから集まれないと言われ、その時はかなりストレスがたまっていたと思います。

最低限、仕事をしてもらわなきゃ困るので私が指示して、家で作成した資料をデータで持ってきてもらい活動を行っていました。

改善しようにも改善できない環境でした。6人班で半数は協力してもらい、残りの半数は非協力的でした。

正直者が馬鹿を見るのが大学生なのかと自分自身に問いかけたこともありましたが、逆に感謝しています。その分、成長させてもらったので。もっと頑張って成長しよう。こう、心に誓いました。

そうこうしているうちに1年が終わってしまいました。

学校は嫌いではなかったのですが満足感がありませんでした。

そう考えた私は2年から始まるゼミ活動に期待しました。

私が選んだゼミナールはマーケティングのゼミナールです。

このゼミナールに入ろうとした、きっかけは前述した授業の指導教授がたんとうしているからです。

1年生の時に、この先生がいかに厳しいか体験していました。さらにサークルの先輩に忙しいゼミだから辞めておけと言われて、それが逆に燃えてしまいました。

どんな感じで忙しいのか。好奇心で動いていました。

また倍率も高いという情報があったので、自分の実力がどの程度通じるのかも確かめておきたかったことが挙げられます。

ゼミ試験では、エントリーシート、小論文、面接、すべて一番に行い、先生や先輩方の興味を引き出しました。

用意周到、計画性が強みであると実感しました。

無事、ゼミナールにも合格して、ますます成長することが楽しくなりました(笑)

新入生歓迎会では、抱負として、このゼミナールをまとめると断言しました。

つまり、幹事長になることを意味して発言したのです。

リーダーになることでの成長を高校時代から身を持って体験しているので、このような発言をしました。

この後は同じようなことをしていたので省略します。

大学時代では、人の動かし方マネジメント。環境、人の意識を変えること。主体性。周りを見る目を養うことが出来ました。

これから本エントリーをして試験を受けますが、これまで培ってきた能力を最大限、社員の方に伝えることで内定をいただくことが出来ると思います。

私は内定をいただくことがゴールではございません。衰退している日本をかつての日本にするべく、大きな目標のために日々歩んでいきます。

そのために、毎日勉強して全力で日本を変えていきたいと思います!

幼少期から大学生までの経験を執筆してみて、困難に挑戦したことが自分の性格を180度変わっていることが分かりました。

チャレンジャーであれ。

全力で頑張ります。後悔のない日々を、、、

就職活動編は以上です。閲覧していただきありがとうございました。

また、新たなテーマが見つかりましたら執筆いたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!
9
横浜生まれ横浜育ちの大学生です。大学では主に経済学とマーケティングを専攻しています。大学生ならではの投稿や就職活動、自己分析などを投稿します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。