見出し画像

開けたら飲みきるはもう古い?ワインの保存方法

ワインが家庭に普及しない理由について、業界では様々な事を考えます。

どうしたらワインが一般家庭に普及するのか?

一礼をあげますと

・ワインは開けたら飲み切らないといけない?(という概念が一般化している)
・ボトルが重たい(瓶と中身で1キロ強あるのでスーパーで買いづらい)
・何を買っていいかわからない(種類たくさんあってわからないですよね。笑)
・ワインの保存にはワインセラーが必要?
・コルク開けるのが大変

ワインって、ハードル高すぎ高杉くん

一つ一つ、解決していきたいと思います。

1、ワインは開けたら飲み切らないといけない?

全くそんなことはありません。99パーセントのワインは4日くらいは大丈夫です。赤ワインのほうが香りの劣化は早い気がしますが(醤油みたいな香りが出てしまう。いわゆる酸化臭と呼ばれるものです)白ワインは冷蔵庫で保管したら1〜2週間くらいは普通に楽しめます。若干の味わいの変化もありますが、開けて数日経ったほうが美味しく感じられることもあります。酸化という単語のイメージから、ワインは開けて時間が経つと酸っぱくなると思う方もいらっしゃると思いますが、味わいが酸っぱくなるというのは、タンニン同士が酸素の影響で結合するなどにより、酸以外の要素のバランスが変わることで、酸味を感じやすくなる。と言うことはあるかもしれませんが、お酢になるような極端に酸っぱくなる事はまずないです。)

飲み切ったほうがいいワインは?

・古酒:20年前後たっている様なワインは、開けてからの変化のスピードが早いものが多いですし、変化の方向も劣化に進んでいくものが多いです。長い間眠っていた分、グッとピークがきて、ガクッと落ちる様なイメージです。例外もあると言う事は補足しておきます。

・一部の自然派ワイン:抜栓してしばらく経つと、口中にマメと言われる香り(駄々茶豆の様な風味:フランスではネズミ臭と呼ばれる)が広がるワインがあります。抜栓直後には感じられないワインもあれば、抜栓直後から感じられるものもあります。抜栓直後から感じられるものは「バッ直豆」抜栓してしばらくしてから出てくる場合は「豆が出てきたね」とか「マメりそうだね」とか言われます。マメが出そうなワインは、飲み慣れてる方にはなんとなく予想ができるんですね。心配な場合は、購入の際に「このワイン、マメの心配はありますか?」とショップスタッフさんに聞いてみてください。きっとびっくりします

スパークリングワインは、スパークリング用の蓋を購入しましょう。

この商品は薄くて小型なのですが、意外とよく保存してくれます。

泡が多少抜けてもそれはそれで美味しいので、あまり心配しないで大丈夫です!

2、ボトルが重たい

これはもう、ネット通販や近所の酒屋さんなどの配達サービスを頼むのが一番だと思います!

近所のワインショップでも宅配してくれるショップがあるので有効活用してみてはいかがでしょうか?

福岡市中央区のおすすめはこちら!!

3、何を買っていいかわからない

ワインは種類多すぎて本当難しいですよね。

一本の量が多いし安くもないので、悩んで買った挙句、好みに合わない

となった場合は最悪ですね。

もうワインはいいかなって思ってしまうのもわかる。

好みに合わないワインとの出会いを無くすコツ


美味しいと思ったワインは必ず写真を撮ってください。

ワインを選ぶ際にソムリエにその写真を見せる!

画像2

こんなでかいカメラを持ち運ぶ必要はありません。スマホで大丈夫です。

この二点が重要です。

ソムリエも口頭で説明されただけでは、どんなワインが好みなのかイマイチ掴みづらい事があります。

初めて行った美容室で、雑誌がなくて、なんとか口頭で好みを説明した状態で髪を切り始めるみないな状態です。

昔、僕は石川県の田舎の寮で高校時代を過ごしていました。

ある休日、髪を切りたいなと思って(普段は寮で自分で切っていた。)

田舎町の安い床屋さんを見つけて行ってみました。

僕「ウルフカットにしてください」

お婆さん「はいよっ!」

というやり取りの結果、漁師町風角刈りになりました。

当時高校生の僕には、金銭的にも、ヴィジュアル的にも辛かったです。

画像3

この写真

ワールドスタンダードなイケてる髪型ですが、日本にはあまりいないですね。

田舎のおばあちゃんにとっては、角刈りが一番カッコ良かったのかもしれません。

写真の蓄積により正確性は上がりますし、30種類くらい好みのワインと出会う頃には、自分でワインを選べるようになると思います。

画像1

チリのワインショップの謎のワイン。Macon-Lugny??

4、家でワインを保存するにはワインセラーが必要?

必要ありません!

白ワインは冷蔵庫、赤ワインは直射日光の当たらない棚の中もしくは野菜室

これで十分です。

ワインセラーは、ワインを長期保存する為にあります。

「5年後に美味しそうだからこれ買っとくか」

ってワイン選んでる人いたらすごいプロです!

多くの方は「今日はワインでも飲もうかなー」

くらいの感覚でワインを選ぶと思います。

ただ、ワインセラーは家にあるとモテます。

インテリアとしてもお洒落です。

久々に調べたら、、さすがアイリスオーヤマ。安い。。

リモート飲み会で、カメラの画角にギリギリ入る様な感じでワインセラーが置いてあったら「OOくん家お洒落」となる事間違いなしです。

ワインを売る為にどうしたらいいか?というテーマに

『ワインセラーを売る』という回答がありました。

「ワインセラーを買ったら、中を埋めたくなってワインを買う」んですね。

5、ワインを開けるのが大変

これに関しては、電動ワインオープナーも売ってます。本当に簡単に開きます。

スクリューキャップという、ペットボトルみたいに開けれるワインも普及してきておりますので、スクリューキャップのワインを選ぶのもポイントかと思います。

ニュージーランドや、オーストラリアのワインの多くがスクリューキャップです。

ヴィラマリアはニュージーランドのスッキリとしたソーヴィニヨンブラン。

初夏から夏にはぴったりです。

スパークリングワインの抜栓は注意してくださいね!

布で覆って、ゆっくり開けましょう。

人には向けない事、あとは自分の目も注意です。スパークリングのコルクが目に当たって網膜剥離などの症例もある様です。

中国のビリオネアが、自身のバースデーパーティーで開けたシャンパンのコルクが頭に当たり、死亡してしまったという記事です。恐ろしい。

ちょっと怖いな。安全に開けたい方にはこういった商品も。

素敵なワインライフをお過ごしください。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
福岡のソムリエです!note初めてみました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。