見出し画像

幸せはここに

*今日のひとこと

悲しいことがあって泣いていても、犬がひざに乗ってきて「どうした?」という目で見てくれるとき、急に思い出すのです。
愛犬が死んだとき、その目で明日ものぞき込んでくれたら、何もいらないのに、と引き裂かれるような気持ちで思ったことがあったことを。
ナスDが山のてっぺんの崖の先で写真を撮りながら、風に飛ばされそうになりながら、このときは必死だったし、疲れていたり、怖かったりして、すごい景色だとは思ってなかったんですけど、あとで考えたらものすごい景色だったなって思うんです、というようなことを言っていました。
それと同じで(私なので規模はうんと小さいけど)、写真を整理しているとき、いつだって幸せだったなと思うんです。
そのときは悩みがあったり、怖かったり、お金がなかったり、友だちや家族や動物が死にかけていたり、体の調子が悪かったり、骨折していたりするんだけれど、超えた後に見たら幸せしか残らない。もし超えられなくて死んでしまったとしても、幸せは消えない。

この続きをみるには

この続き: 3,053文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

吉本ばななです。やがて書籍になるときにはカットされる記事も含めています。どくだみちゃんは散文、ふしばなはブログ風です。コメントはオフですが…

またいつでも来てください!
819
吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!