見出し画像

進化する人事 ~D2C dot 人事ブログ~

こんにちは、人事の山内です!
久しぶりの人事ブログをお届けします。

5月、GW明けに新たに人事メンバーが加わりましたのでご紹介しつつ、D2C dotの人事がどのようにに進化しているのかについてもお伝えできればと思います。
管理部門である人事が進化することは会社運営においてとても大切な要素のひとつだと思っております。転職を考えているそこのあなた、ぜひ会社選びの際のひとつの判断軸として考えてみてください。

■新 人事メンバーの紹介

●石山 瞬 (いしやま しゅん) 2021年5月1日入社
人事担当 (経歴:人事部門2年、営業部門5年)
大学を卒業後、1年ほど震災復興をしながらアルバイトをしており、その後営業職を5年行っておりました。人材派遣業務を機にキャリアに興味を持ち、前職で約2年ほど人事採用、あわせてキャリアコンサルタントの資格を取得。既に人材育成・人材の戦力化に向けて早速オンボーディングの仕組み作りに関わり始めています。

画像1

■これまでのdot人事

4月まで人事は2人で担当していました。その2人はそれぞれが違う領域を兼務しており、1人は人事/労務と経理、1人は人事/労務と広報です。複数の業務を横断して担当することにはメリット・デメリットがあると思っています。

メリットは、多くのメンバーと関りが持てることで、社内で発生していることに気付きやすくなること。デメリットは、単純に業務量が多くなり、ときどきダブりが生じることです。
人事も人気商売だなぁと思うことがあり、メンバーからの相談が多くなるのは頼りにされているといううれしい気持ち反面、対応しきれないということもあるので、手がもう1本生えてこないかなぁと思うこともしばしば(笑)

でもそこは、生えてくるはずもないので工夫して業務効率を上げることに取り組みます。そのために重要なことは、「何でも共有すること」です。

リモートワークになってもう1年4ヶ月ほど経過しようとしています。既存メンバー2人も、入社してまだ1年程なので、基本的に対面で仕事をしたことがありません。それでも業務がスムーズに回っているのは「何でも共有すること」「タイムリーに共有すること」を心掛けているからと言えます。

人事なので個別対応が必要なこともありますが、基本的にはグループでのやり取りをしたり、対応したことについては当日中に【ホウレンソウ(報告・連絡・相談)】を徹底していたりします。あたりまえのことをあたりまえにやることで、少ないメンバーでも業務は回るということを実践できています。

実は、昨年度人事メンバーが1人退職となったのですが、ほぼすべての業務をカバーしたようなマニュアルの作成と、とてもきちんとした引継ぎを行ってくれたおかげで不自由なく業務が行えています。

■これからのdot人事

そんな前任者のおかげで、新メンバーをすんなりと受け入れることができました!

新メンバーは、既存メンバーにない「キャリアコンサルタント」という資格を持っており、育成面での活躍が期待されます。

複数の業務を横断で対応するメンバーに加え、大きな強みを持っている人事担当。このマリアージュはこの先いかに人的資源という経営において最重要リソースを最大化すべきかという難しい課題において、解決策を捻り出し、導き出せるだろうと期待しつつ、研修領域を担当している私にとっても大変心強いと感じている次第です。

研修・育成においては仕組化が難所であり、何を目標に据え置くのかというのは経営とメンバーそれぞれにおいても違うため、まずは現状把握をすべく社員理解のために役員やマネジャーとの対話から始まり、採用実務などフロントに立った対応まで多岐に渡って担当してくれています。

採用して終わらない!という強い信念の元、働きやすい環境創り(=成果の上げやすい環境創り)に注力し、環境変化の激しい時代でも保守のみに走らずさまざまなことに挑戦していきます。今後もそんな私たち人事メンバーの活動を、人事ブログでちょくちょくご紹介できたらなと思います。

■まとめ

1年半程前には想像もしなかったほど社会が変わってしまいました。
うちの会社はリモートワークができる・できない、業績が良い・悪い、などという1つの判断軸だけで判断していては、もはやこの先どうなるかわかりません。転職を考えている方は、複合的要素で会社を選択する時代になっていますね。そういう候補者に応えるために、会社も選択肢は多く持っていた方が良いというのがdotの考えです。

失敗から気づくこともたくさんありますので、「やってみる」「挑戦してみる」というのは管理部門である人事においても言えることだと思います。むしろ、管理部門が攻めの動きをしなければ、社会の変化にはついていけないどころかメンバーを不安にさせてしまうと思いますので、D2C dot の人事はこれからも攻めと守りのバランスを保ち、進化を続けていきます!

そんな会社で働きたいと思った方、ぜひ一度気軽にお話をしませんか?D2C dotにご興味をお持ちいただけた方や、一緒に働きたいと思っていただけた方がいらっしゃいましたら、お気軽に下記お問合せフォームまでご連絡ください!!


この記事が参加している募集

オープン社内報

嬉しいです、ありがとうございます!
D2C dotは、企業や商品が「伝えたいこと」を最適な手法で「伝わるカタチ」にするプロデュース集団です。D2C dotで働くメンバーやデジタルマーケティングの事例・技術をお伝えしていきます。https://www.d2cdot.co.jp/