有料記事

63

【11/19】全方面人格者へ

おそらく始まりは、「あの人って営業成績はすごいけど、パワハラで部下を潰しまくってるじゃん。そういう人が"デキル人”としてグングン昇給していくのって、どうなの!?」っていうくらいの話だったのではないかと思う。いくら営業成績がすごいからって、まともに部下の育成ができないような人間を評価するのはいかがなものなのか。

まあ、そりゃそうだわなと思う。私だって、一緒に働くならパワハラセクハラなんてする人は上

もっとみる
Terima kasih!
17

【金沢旅行記:後編】本当は教えたくないサウナの代用品(頭痛にも効く)

前編から続いている石川県・福井県旅行記。1日目の記録は前編で終えたので、以下は2日〜4日目の記録である。

エメラルドは自分で稼いだ金で買う

2日目は、石川県を出て隣の福井県へ。行ったのは「福井恐竜博物館」である。正直ほとんど期待していなかったのだが、なかなか凝った展示でめちゃ楽しめた。社会見学と思われる小学生中学生の大群がいたので基本的には子供向けの施設だと思われるが、もちろん大人だからつまら

もっとみる
Terima kasih!
13

【金沢旅行記:前編】サウナとアートはどちらがより「美」に効くか

大昔ーーと、いうのは私が大学院生だった時代の話なのだけど、現代美術の授業で、キュレーターの長谷川祐子さんの著書である『女の子のための現代アート入門 MOTコレクションを中心に』を読まされたことがあった。

大学院生にしてはずいぶんユルい本を読んでるなと思った人もいるかもしれないが、授業を担当していた先生はとても強いフェミニストの思想の人で、この本もどちらかというと(いや、どちらかといわなくても)批

もっとみる

【10/31】お悩み相談コンテンツの難しさ

このnoteを書こうと思った直接的なきっかけは、cakesの人気連載の炎上にある。

だけど、私はこの連載の熱心な読者ではなかったし、著者の方にいい意味でも悪い意味でも特に思い入れはないので、件の連載の炎上はあくまで「きっかけ」に過ぎない。以下に続くことはこの連載とはあまり関係なく前から考えていたことで、特定の著者や記事についてではなく、「お悩み相談」と呼ばれるコンテンツすべてに対して思っているこ

もっとみる

【7/3】信じていたものへさようなら

数週間前、スーパーの買い物から戻ったときに家のポストを開けてみたら、うちにもばっちり、例の「アレ」が届いていた。アベノマスクである。

もっとみる

【6/7】自虐される身体、他虐される身体

ツイッターの森は、思考停止したまま進むと「それ以上奥に入っちゃならねえ……!」ってところにまで侵入してしまい、思わぬダメージをくらって帰ってくることがある。

先日も、何かを調べようとしていて(何を調べようとしていたのかはもちろん忘れた)森の奥深くまで入り込んでしまい、しっかりとダメージを受けて帰ってきた。何を見てしまったのかというと、いわゆる「リョナ」画像、つまり、女性を傷つける表現にフェチシズ

もっとみる

【5/25】集団的記憶喪失

スペイン風邪がもたらした死者が、第一次世界大戦の犠牲者よりもずっとずっと多いことを、私はこのコロナ禍のなかで知った。「いや、ウィキペディアに書いてあるじゃん」って話なのだが、第一次世界大戦が絡む文学や映画が数えきれないほどあるのに対して、スペイン風邪が主題の文学や映画となるとあまりピンとこない。感染症があくまで自然災害的なものであるのに対して戦争は人為的なものだから、後者のほうを語り継ぐのにより力

もっとみる

【5/10】理想的な素人

朝、目覚めてTwitterを見ると、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグがTLにずらずらと並んでいた。もちろん今までだってTwitterにはいろいろなトレンドがやってきては去りやってきては去りだったけど、今回のは、ちょっと規模が違う。いろいろな人の意見を読み、法案にも目を通し、私も賛同の署名をしてハッシュタグ付きのツイートをした。

もっとみる
Terima kasih!
28
Terima kasih!
10

【5/2】「幸せのイメージ」が酷なのは、誰かをそれに縛りつけるから

ついに、まったく電車に乗らず家の近所だけで1ヶ月を過ごした4月が終わってしまった。相変わらず「人に会いたい」「話したい」という気持ちは、自分でもびっくりするくらいまったく湧いてこない。しかし、いくら毎朝のヨガを習慣にしているとはいえ、運動不足が極まってきたのかあまり体調の良くない日が続いている。天気のいい日は、なるべく外を散歩しようと思う。

もっとみる
Terima kasih!
34