実写とアニメの描写に差異アリ!? 原作レイプを打ち破る映像版『寄生獣』バトル――マンガ業界噂の真相9連発【5】

――昨年、同時期に発表となったマンガ『寄生獣』のアニメ化と実写映画化。共に話題を振りまいているが、実はこの両者、制作チームがまったく異なるようだ。

原作の発表から約20年が経過した現在でも、色褪せない名作として知られる『寄生獣』。2005年にアメリカの配給会社・ニューラインシネマが原作権を手にし、ハリウッドで公開される予定だったが、お蔵入り。最終的に国内最大手の東宝が13年に映画化権を獲得した。同年11月に実写映画版とアニメ版(日本テレビ)の公開が正式にアナウンスされ、映画版の主要キャストも発表となったが、まずはそこで一悶着があったという。

この続きをみるには

この続き: 1,423文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

実写とアニメの描写に差異アリ!? 原作レイプを打ち破る映像版『寄生獣』バトル――マンガ業界噂の真相9連発【5】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)